« ヒンドゥークシの谷間の異郷 カラシュ族 : パキスタン | トップページ | シャリマール 甲斐大策 : 旅先の本 »

2007年10月24日 (水)

キングダム  憎悪と殺戮の大地

Kingdom2

 男半額というので観てみた。
 ジェイミー・フォックス。トム・クルーズと共演した《コラテラル》が雰囲気が有って面白かったので、ちょっと前、中東だったか、アフリカだったか、彼の主演した米軍侵攻物を観たことがあった。
 やたら宣伝していたアフリカを舞台にした《ブラック・ホーク・ダウン》並のクズ映画だった。あれなら、インター・ネット・ゲームの《カウンター・ストライク》でもやっている方が遙かに増し。それで、この手の物は敬遠していたけど、ポスターに《コラテラル》の監督マイケル・マンの名が有り、あれっと思って一分の可能性を見出し、駄目でも半額。やっぱし半額というのは怖い。

 サウジアラビアの首都リャド郊外で爆弾テロがあった。
 石油関係の外人居留区で、偶然FBI要員も爆死。
 それに憤慨した爆死した男の四人の同僚FBIが、政府の意向に反してまでも強引にサウジに乗り込む。
 最初は地元の警察と行き違いが多かったものの、次第に捜査が進むに連れて意志の疎通も深まってゆき、最後に、サウジ王室に敵対するイスラム原理主義組織アル・ハムザのアジトに突入、首謀者を射殺。
 現地警察の隊長アルガージー大佐は死亡するが、FBIの四人は無事生還。
 
 ラスト・シーン、ジェイミー・フォックスが爆死した同僚の死を嘆く女FBIのジャネットをなだめた時の言葉「必ず犯人輩を皆殺しにしてやる!」が明かされ、それに照応するようにアル・ハムザの首領が家族の前で銃撃され、息をひきとる時小さな孫娘に囁いた言葉「悲しむな、きっと仲間が仇を取ってくれる!」の提示。
 憎悪と暴力の果てしない円環。
それをテーマと謂うより口実にして肉付けをしたって処だけど、その一点で、辛うじてこの映画は、軍産複合体翼賛映画に堕さずに済んだんだろう。

 ストーリーの展開はお決まりの図式以上に出ない。所詮ハリウッド映画だ。でも、アクション・シーンはスリリングでリアルな迫力があって面白い。「トゥモロー・ワールド」や「ブラッド・ダイアモンド」等アクション・シーンがやたらリアリティがあって、臨場感に溢れている映画が最近増えてきた。肩に担いで撃つ対戦車ロケット弾RPGの写し方がネックなのかも知れない。 

 CAST 
 フルーリー  : ジェイミー・フォックス
 ジャネット  : ジェニファー・ガーナー
 グラント   : クリス・クーパー
 アダム    : ジェイソン・ベイトマン
 アガージー大佐: アシュラフ・バルクム

 監督 : ピーター・バーグ
 制作 : マイケル・マン
 脚本 : マシュー・マイケル・カーナハン
 制作 ユニバーサル  2007年作品

Kingdom3

|

« ヒンドゥークシの谷間の異郷 カラシュ族 : パキスタン | トップページ | シャリマール 甲斐大策 : 旅先の本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キングダム  憎悪と殺戮の大地:

« ヒンドゥークシの谷間の異郷 カラシュ族 : パキスタン | トップページ | シャリマール 甲斐大策 : 旅先の本 »