« 芳香の旅 The Road | トップページ | ツイ・ハークと上海「小刀会」 »

2007年10月 2日 (火)

水 パーニー

Limcadrink

インドは熱い!
 ペット・ウォーターでは余りにもプレーンで、
 つい清涼飲料に手が出てしまう。
 サムズ・アップ、リムカ、7アップ、チットラ、カンパ・コーラ。
 
 僕の場合は、大抵7アップとリムカ、それからコーラ系統。
7アップは国内でも時々見かけるけど、大半は缶で、これは今一。
やはり7アップは瓶だ。東南アジアでも人気はある。炭酸飲料としてはシンプルな味だ。そこが好いのだろう。
 リムカは、イタリアがオリジナルだといった話とともに、何か怪しい物質が含有されているという話も聞いたことがあった。
 それらインド飲料がインド国内で、缶で販売されるようになれば、この日本にも輸出され、その手の店で買うことも出来るようになるのかも知れないが、現在のインドの事情を見るにつけ、当分ありそうにもない。

 水増しチャイとともに、僕がインドにご無沙汰し始めた頃から、
インドのこの清涼飲料にも暗雲がたちこめ始めたらしい。
 
 「水」パーニーである。  

 インドの地下水。
 多年に渡って農薬(殺虫剤)が浸透し、地下水が可成り汚染されてしまっていたのだ。

 在来のインド資本のドリンク類のシェアーなんて、コカコーラとペプシに比べたら一、二割程度に過ぎないので、殆どこの二社が問題の矢面に立たされた格好で、インド国内で可成り非難されているという。
 
 この二社のインド国内にあっちこっち点在している工場で、強力に地下水を吸い上げ続けてきたために、周辺の水位が下がり、農民達に深刻な影響を及ぼしているという。

 その上、コカコーラ社の一部の工場で、コーラ製造の過程で出た廃棄物質を、周辺の農民達に、「肥料」として無料配布していたのだけど、その排気物質から、鉛やカドミウムが検出されたらしい。
で、インドの少なからずの州から閉め出されているという。
 尤も、サムズ・アップやリムカなんかは、コカコーラ社の系列に入っていてしまっているので、如何なるんだろう?

 地下水が汚染されているんなら、所謂ミネラル・ウオーターの類も怪しそうだ。本当に山裾の水源地から採っているならともかく、実際はそこら辺の地下水を使っている可能性十分だからだ。
 そうなると、あのチャイも、こんどは水増しになった分、更に汚染の可能性が出て来てしまう・・・
 う~む、インドよ、如何なってしまうんだ?  

  《 農薬 》って、最近はヌケヌケと逆を唱道し始めているが、以前は、西側が、したり顔、訳知り顔に、貧しい国々に押しつけてきたものではなかったか?
 こんなジョークもあるらしい。
 
  貧しいインドの農民は、馬鹿高い農薬を買う金もなく、
安いペットのコーラを農薬がわりに散布しているんだと。

 えっ! ジョークじゃないって!! 

20070907093720

|

« 芳香の旅 The Road | トップページ | ツイ・ハークと上海「小刀会」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472433/8209221

この記事へのトラックバック一覧です: 水 パーニー:

« 芳香の旅 The Road | トップページ | ツイ・ハークと上海「小刀会」 »