« 竇唯  中国火是七彩的変貌 | トップページ | ルアン・タロック69 (シックスティナイン) »

2007年11月23日 (金)

プノンペン 1995

95_3

1995年の秋、ドンムアン空港から、ロイヤル・カンボ
ジア航空
VJ050便(まだ新しいボーイング737-400)で、初めてプノ
ンペンのポチェントン空港に着陸した。
 プノンペン=ポチェントン空港の黄昏は、異様なくらい
広いパースペクティブに灰色の雲が全面を覆い、西の地
平線だけが部分的に奇妙に紅く染まっていて、今まで見
たこともない夕暮れの光景であった。
 
 僕がプノンペンを訪れることになったのは、それまで
旅先で散々その魅力を吹聴されてきた、アンコール・ワ
ットとサイゴン(ホーチミン市)に赴くためであった。プ
ノンペンは単なる通過の中継点でしかなかった。
ところが、とっくに旬を過ぎてしまっていたサイゴンと
相異して、実際にプノンペンの土を踏んでみたら、プノ
ンペンこそが錯綜し名状し難いバイタリティーに溢れた
街であった。
 一歩踏み入れるや、ムッ!とメコンの水と赤土の綯い
交ぜになった
熱気が五体を揺らめかす。

 メイン・ストリートのモニ・ボン(アチャ・ミン)通り
はともかく、横に一歩入るともう舗装も危うく、更に小
路に分け入ると剥き出しの赤土や砂利道が多く、水捌け
も悪いのも手伝って、一雨降ると、忽ちにして泥濘み冠
水してしまった。
 キャピトル・レストランの斜向かいの、その頃はまだ
基礎工事中であったオロシイ・マーケットの板塀に沿っ
た小路は、乗用車が通ると反対側の商店街の前の斜面に
なった歩道に茶色に濁った波が押し寄せた。僕は波の来
る商店街と勝手に命名し、シェムリ・アップの町中の溝
から小魚を釣るように、その小メコンと化した小路の水
面に釣り糸を垂れるとやがて大きな鮒か鯉が泥水をピシ
ャピシャと跳ね上げながら釣り上げられるようなトロピ
カルな想念にふと囚われたりしたも
のだ。
 皆くるぶしまで泥水に浸かって歩き、脚の悪い坐った
状態でしか歩けない男が腰まで浸かってゆっくりと渡っ
ていったり、シクロが道路の深い窪みにタイヤを嵌らせ
立ち往生したり。

 この頃、プノンペンでは鍋物がブームのようであった。

《ASIAN SOUP》、その向いの《満意》等。《ASIAN SOUP》
は、建物の屋上にあって見えないから分らないが、《満意》の
方は、歩道いっぱいに客のバイクが幾重にも溢れるぐらいの
盛況振り。
 中国でも、火鍋が流行っていた次期でもり、東南アジア全
域的現象なのであったろうか。カンボジアにもタイにも中国
系は多いし、彼等が介在して起きたブームの可能性もある。

 キャピトル・レストランのモニボン通り寄りの少し先に、「ハ
ラル&インディアン・フード」のレストランがあった。大型テレ
ビで映画を流していたので、僕も時々入った。オーナーは
三十代のインド人で、嫁さんはカンボジア人、他に彼女の親
族らしき娘達が何人か居た。どうも彼の思ったようには動い
てくれないようにも見受けられたが。(ハラルはイスラム系の
人々用の豚肉などが入ってない料理)。味は今一。
 客はキャピトル・レストランの常連の白人達で、昼真っか
ら現地の年増の元・娼婦と一緒にいつも酔っぱらっていた
白人も居た。後に、その嫁さんの方が、彼が帰国してしま
ったからか、偶に彼の子供であろう白人顔の幼児を連れて、
キャピトル・レストランにも来ていた。彼女達私娼にとっては、
白人の子供は自慢のようで、その女性以外の、もっと若い
私娼も同じようにさも得意げに連れてきていた。
 同じ年、サイゴンでもオーナーと顔を会わせた。サイゴン
に出店でも打診に来たのかも知れなかったが、定かでない。
その後、シアヌーク通りに店を移し、セントラル・マーケッ
トにも出店していた。
 
 ゲーム屋もあっちこっちに在った。旧いアーケード
・ゲームが大半であったものの、タイの影響か、プレ
イステーションを置いた店も出始めていたように思う。
特にキャピトル・レストランの隣のゲーム屋は朝から
少年達がやってきて騒々しい限りであった。
大抵、少年達はまん前のアイス・キャンディー、果物
&揚物スナックの露店で何かを買って頬張っていた。

 夜になるとあらゆる種類のバクシーシ達がレストラ
ンの周囲に集まった。年々数が減っては来てはいたも
のの、現在は如何であろう。
 やがて小遣い稼ぎのバクシーシすら現れ始めた。片
脚の人も、どんどん見なくなった。町中ですら。娼館
も表通りから追い出され、現代風に意匠を変えさせら
れてしまったが、その頃は、まだ帳が降りる
と繁盛を極めていた。

951_4

|

« 竇唯  中国火是七彩的変貌 | トップページ | ルアン・タロック69 (シックスティナイン) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472433/9073275

この記事へのトラックバック一覧です: プノンペン 1995:

« 竇唯  中国火是七彩的変貌 | トップページ | ルアン・タロック69 (シックスティナイン) »