« あの鉄拳は何処? 精武英雄 | トップページ | クアラルンプールmy名物 »

2008年2月28日 (木)

榕美茶室(クアラルンプール)

Yong_bee1  

マレーシアの首府・クアラルンプール、スルタン通り。
 高い天井に吊られた三台のファンの風が長居すると肌寒さすら覚えさせる。底にコンデンス・ミルクの溜まった紅茶を陶器のレンゲでゆっくりと何度もかき混ぜる。皿に載せられたジャムを塗ったトーストを熱いうちに囓りながら、薄暗く落ち着いた店内を見廻してみると、細長い室内に沿ってテーブルが七つ配され、奥にも小さな別室があった。前の壁にはギネスの日めくりカレンダーが掛けてあって、今日の日付が"2"と大きく記され、その下にSaturday星旗六、横にはJanuary1999一月とあった。
 珈琲、アイス珈琲そしてこっちのおやつの定番のようなトーストを頬張りながら家族が語らっていた。子供が嬉しそうにミロをレンゲで掬ってフー、フーやりながら飲み、インド人の親爺さんは一人でビール。
 左隣に中国系サラリーマンが坐った。短髪にノーネクタイのワイシャツ、メタル・フレームの眼鏡。トーストを囓り、グラスのアイス・ティーをストローで吸いながら英語のコンピューターの本を読んでいた。その内、小皿の油っこい目玉焼きに醤油と胡椒をかけスプーンで忙しなく幾度もかき混ぜドロドロにし、口元に小皿ごと持っていってスプーンで掻き込んだ。小皿の上に残ったギトギトした油も綺麗に胃の腑に流し込んでしまった。それがこっちの食べ方なんだろう。マレーシアの目玉焼きはタイと同様油で揚げるので油っこい。
 こっちの面白いのは、カップにレンゲは添えてあってもスプーンは付かない。スプーンは目玉焼きに付いてくるのだ。
 トーストとミルク・ティそして水をテーブルの上に並べゆったりと煙草を燻らせていた白髪の老インド人が、食べ終えたのか立ち上がりゆっくりと僕の前を横切って行った。七十歳ぐらいであろうか。
 中国系の店主が営っているこの《榕美》という喫茶店は、泊まっていた《利民旅社》の近くにあって、雰囲気が気に入り毎日通っていた。軒廊(カキルマ)の静んだ佇まいの中で、明るい陽射しに照らされた外の物憂い光景を眺めながら、甘~いコンデンス・ミルクのミルク・ティーをレンゲでチビリ、チビリと頂く特権的な時間は何物にも換えがたいように思えた。 トースト一枚RM0.6 ホット・ミルクティーRM0.9 
 ブラック・ティーRM0.8 (因みに1$=RM3.77) RM=マレーシア・リンギット

Yong_bee2

|

« あの鉄拳は何処? 精武英雄 | トップページ | クアラルンプールmy名物 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あの鉄拳は何処? 精武英雄 | トップページ | クアラルンプールmy名物 »