« トロピカル・ドリンク | トップページ | 元気印ダンドゥットの女王   イヌル・ダラティスタ »

2008年8月 5日 (火)

ダンドゥットの歌姫 マス・イダユ

   Mas_idayu_1

   《アニメ声のイスラムの歌姫達》の頃、マレーシアの首都・クアラルンプールでもカセツト・テープを買い漁った。尤も、マレーシアはインドネシアと相異して、物価は高く、買いまくりは出来なかった。結構カバーデザインや微細な情報等を僕なりに分析して可成り絞り込み選んだ中に、これはしかし、カバーの絵を見て直ぐに買ってしまった。
 
 歌手のマス・イダユ自身仲々にセクシーで魅力的だ。
 カバー&リーフレットには、歌詞と彼女の写真を絵画風に作ったポスターが入っていて、その風貌は正に情熱的なトロピカル娘そのもの。
 カセットのブラスチック・ケースに赤く丸いステッカーが貼ってあって、" AIM 98  Album Dangut Terbaik "と記してあった。このAIMは、マレーシアの音楽関係の賞のようで、98年度のマレーシアの歌謡曲カテゴリー、ダンドゥットのベスト・アルバムかも知れない。
  因みに、2000年のAIMの最優秀ダンドゥッド・アルバム賞に彼女のアルバム『Bolehlah Boleh』が受賞している。

 僕の買ったアルバム《DUNIA  CINTA》は、冒頭の"Senggol Senggolan Cubit Cubitan"から非情に調子好くダンドゥットそのもの乗りまくりの逸品。曲とカバー・デザインのセンスがベストにマッチしていた。YOUTUBEでこの曲と二曲目の"Selangit"が観れる。特に一曲目は、その当時のものか定かではないけど、映像も悪くないしマレーシア風なのかジャワ風なのか詳びらかにしないけど彼女が舞踊衣装を纏って踊りながら唄っていて面白い。二曲目のSelangitの方も、中国風の建物に中国系の男で、一昔風というかレトロ風に作ってある。
 又、これはそのアルバムではなく、最近のものらしいYOUTUBE映像で"Goyang Bali"というもろバリ・ダンスをテーマにしたもの、2000年のアルバム《Bolehlah Boleh》のタイトル曲のインド風のものやら、観てて飽きない。左手でパイプを持つようにマイクを持っているのも特徴だろう。

 彼女の声・唄い方はちょっと甘えた感じの、しかし今時まだ生き残っている所謂"男女同権論者"達から云わせれば男に媚びていると罵声が浴びせられるのだろうが、イスラム世界にもこんなものがあったのかと、《アニメ声のイスラムの歌姫達》の時と同様驚いたものだ。が、イスラム世界が典型的な封建的社会そのものと理解してしまえば、正に男女同権論者達の言い分も成り立つ余地があった。
 と、云うのは、つい最近、このマス・イダユやマレーシア・ロックの女帝エラが、人気のあるサッカー試合の関連イベントに出演するに際して、地元のイスラム教関係から、"みだら"とかのクレームがつけられたらしい。 ちょっと前なら、日本やアメリカでも聞いた事があるようなセリフである。

  又、インドネシアのダンドゥットの女王・イヌル・ダラティスタがクアラルンプールでのコンサートでも同じ連中に阻害され中止になったようだ。彼女が唄う時、腰をグラインドするらしく、如何もそれが連中の神経を逆撫でするようだ。

 が、単純な心理的原理として、彼等はイヌルに自分達自身の内面を投影したに過ぎない。そこに正に自分達自身(の姿)を観ているに過ぎないにも拘わらず、あたかもイヌルがそれであるように自らを詐瞞しているのだ。権力や趨勢を嵩(かさ)にきるような輩に典型的な傾向だ。

 幾ら女王の異名を冠せられていたとしても、所詮一ダンドゥット歌手の可愛い娘ちゃんに、自らの後継者だったはずの若い議員がどんなその権力者のご機嫌を損ねたか知らないが、もはや政敵として俎上に乗せ"同性愛"の嫌疑をかけて、何年も獄中に放り込んだりする恐ろしい体制にあって、一体何が出来ようか。それでも、さすがロッカーのエラ、面目に賭けて(単に白のTシャツ)かでちゃんといつも通りの熱唱だったらしい。

Mas_idayu 

|

« トロピカル・ドリンク | トップページ | 元気印ダンドゥットの女王   イヌル・ダラティスタ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トロピカル・ドリンク | トップページ | 元気印ダンドゥットの女王   イヌル・ダラティスタ »