« タイの泡沫的歌星(アイドル) OILオーイ | トップページ | ゴースト・マザー  小娘ノイナーが娘になって・・・ »

2008年8月16日 (土)

KATCH "アメージング"なタイのギヤル雑誌

Katch

   早い話、OILオーイ始めベーカリー・ミュージックのアイドル部門らしいDOJO CITYの娘達(ばかりか如何定かでないが)のデビユー雑誌と云えなくもない。
 この頃、これと別途に"Manga Katch"という漫画雑誌も同時に発売されていた。KATCHは十代(中・高生)の娘向けなので写真やカラーが主体で紙質も好いが、後者は日本と同様安価な軽い紙質で作られていた。単純に、KATCH=女、M・Katch=男と区別出来なくもない。絵柄に拘る僕から見れば、マンガにこれといった作品はなかった。KATCHにも一、二点マンガが載っていたけど同じ。

 ベーカリーが売り出したい娘達を毎号載せていたんだろうが、総じて色白の中国系と想える娘が多かった。オーイより細目の娘も居た。
 表紙の掲載写真の一つ前の号に、オーイのグラビア綴じ込みがあり、"SHOCKING PINK"の宣伝もあった。掲載写真のは、2000年の四月号で、Niecetの特集になっている。NieceはKitとKiのデュエット・グループで、この号では新アルバム"Merci Merci"の宣伝らしい。これは二枚目らしく、一枚目は"Niece"。このCDはもはやプレミアムが付いているらしい。
 このNieceのぽっちゃりした方の娘、"レイン バンコク・デンジャラス"の主演パワリット・モンコンビシットの"ワン・テイク・オンリー"に共演したヒロインのワナチャダ・シワポーンチャイと違うのだろうか?
 サイト可成りあれこれ捜したけど、ちょっと古いので確認出来なかった。僕はこの映画、サイアムのバンコク・フィルム・フェスティバルで観た時、すぐにKATCHに載っていたあの娘と思った。その確信が強かったので、特に確認もせずに最近まできたのだが、いざ、実際にそれを証す資料となると、これがさっぱりで、お手上げ状態。
 その新人女優もそうだが、この雑誌に登場した娘達のどれくらいが今現在どの部門で活躍しているのか皆目定かでない。正に、泡沫的明星というわけだ。 

 KATCHのサブタイトル "Gals,comix,fashion,&cool stuff magazine"

  OILオーイ

Katch2

Katch3

Katch4

|

« タイの泡沫的歌星(アイドル) OILオーイ | トップページ | ゴースト・マザー  小娘ノイナーが娘になって・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイの泡沫的歌星(アイドル) OILオーイ | トップページ | ゴースト・マザー  小娘ノイナーが娘になって・・・ »