« ダンドゥットの歌姫 マス・イダユ | トップページ | タイの泡沫的歌星(アイドル) ローズマリー  »

2008年8月 9日 (土)

元気印ダンドゥットの女王   イヌル・ダラティスタ

  Inul_daratista

   つい最近まで、イヌル・ダラティスタの存在なんて全く知らず、たまたま買ったマス・イダユがダンドゥットの世界で女王と呼ばれるようになっていたことすらサイトを観て初めて知った。
 マレーシアのダンドゥットの女王・マス・イダユもセクシーで可愛い歌手だが、インドネシアのダンドゥットの女王・イヌル・ダラティスタも、YOUTUBEのビデオで観ると風貌はちょっと色白の中国系にも見えるが、可愛くてセクシーというか、例のマレーシアのイスラム団体の神経を逆撫でした尻をグラインドというか大きく打ち振るダンスがやっぱり元気そのもの、庶民には受けそう。観てると、会場の子供達すら彼女のダンスを真似しているようだった。

 YOUTUBE の中で観れる彼女のビデオの中では、アラビックな旋律も好い"Mabok  Bae"なんかは最高のパフォーマンスで、パキスタンのカッワリーのヌスラット・ファティ・アリ・ハーンにも負けないくらい云えば褒め過ぎであろうか。
 アリ・ハーンはとっくに死んでしまったけど、生前パキのテレビに何時も出ていて、トーク番組の後、彼等の演奏が始まるのだが、年々彼の楽団の編成が大がかりになってサックスまで入ってきたのには驚いてしまった。尤も、カッワリーはイスラムの神を讃える唄・音楽なので、さて、もし彼が生きていて、イヌルのパフォーマンスを観たら何と応えるだろう。

 初期の頃なのか、モーラムのコンサートの如く、野外の小さなホールで演っている彼女のパフォーマンスは、舞台狭しと踊りまくり、唄いまくる様は、CDじゃちょっと臨場感に欠けてしまう。やはり、VCDということになってしまうんだろうが、インドネシアの場合、彼女のVCDそれなりに出ているんだろうか。
 クァラルンプールでのコンサートのビデオ、かっちりと肌の露出を避け、お決まりの尻振りは無いようで、普通の振り付けダンスなので、何としてもイヌルのエッセンスが希薄で今一つ燃焼しない。
 やっぱし、イヌル・ダラティスタは、肌を露出し、これ見よがしに尻を振ってこそ、イヌル・ダラティスタなんだ。

|

« ダンドゥットの歌姫 マス・イダユ | トップページ | タイの泡沫的歌星(アイドル) ローズマリー  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダンドゥットの歌姫 マス・イダユ | トップページ | タイの泡沫的歌星(アイドル) ローズマリー  »