« 《 グラン・トリノ 》  9.11以後のペールライダー | トップページ | 《ディル・セ》 炎情とRDX »

2009年6月 6日 (土)

日蝕のサイゴン

 

   Saigon_1

   ベトナム、端っこにある国だからか、如何もも一つ相性的にすっきりしないのか、幾らも訪れたことがない。メコン・デルタや中国国境付近なんかも面白いらしく一応予定には入っていたのだけど、やはり、期日が限られてしまうとつい間近な他の国に脚が向いてしまうようだ。サイゴン(ホーチミン市)には二回訪れたけど、二回目なんてたった数日の滞在であった。もう少し早く、所謂"旬"の時に訪れていたなら亦様子も変わったかも知れなかったが。
 
 最初に訪れたのは、恰度、サイゴンで"日蝕"が見える時節95年の10月で、サイゴンは"日蝕"一色で、地元新聞にもそのコースが描かれてあったり、その何日も前から地元民達は紙製のサングラスを掛けて空を見上げていた。洗面器に水を張ってそこに映った太陽を眺めるって方法もお目にかかった。
 陸路モクバイからバイ・タクで2時間かけてファン・グー・ラオに到着。
 デ・タムの路地に入った奥の、看板も帳簿もない所謂"闇"ホテルの類で、"Mr.SANG's"Room For Rent。三階の2ベッド・ルームで3ドル。民家改造なのだろうからおよそ赴きってものとは無縁で、静かなものであった。只、蚊帳が附いてなくて心配だったが、何故か蚊の類が一匹も出ず、雨が降ってない時は殆ど窓は開けっ放し。壁には120分のタイマー附きのベトナム国産扇風機"DOFAN"。
 この宿、男達は昼間っから入口の土間でいっぱい集まってバクチに興じ、英語もてんで駄目だったけれど、整った風貌の母親とそこの一番末の十歳くらいの、襟にお決まりの紅いネッカチーフした利発そうな可愛い小娘が英語で対応して呉れた。東南アジアは本当に、"女"がしっかりしていて、本質的に母系制なんだろう。
 ここは、しかし、短い期間だったにも拘わらず、小娘がバナナ一房持ってきてくれたり、母親がバナナとパパイヤのスライスを載っけた皿を持ってきてくれたりとサービスが良かった。

Sigon_x2

 翌年再び訪れた時にはもう4ドルに上がっていて、もう一つ向こうの路地の奥の似たような佇まいの"闇"ホテル風にした。只、この頃はもう"闇"は無くなってしまったのか、看板もあり、帳簿もあった。婆さんがオーナーのこの"デ・タム・ホテル"は窓の外に小さなベランダの備わった前者よりは小綺麗なシングルで3ドル。ベランダからあっちこっちで建設中のミニ・ホテルが望めた。

  プノンペンから来ると、サイゴンは水捌けが好いのが先ず目についた。プノンペンは一雨くるとモニボン通りはともかく大抵の脇道は忽ち褐色の泥水にぬかるんだり冠水状態になってしまう。サイゴンでは僕が訪れた頃には殆ど見た記憶がない。下水設備がしっかりしていたのだろうか。
 バイ・タクの背にのって突っ走った時にはショロンの通りもそれなりに都会的に見えたけど、帰途眺めながら歩いてみたらなんとも冴えない通りで期待していただけに愕然としてしまった。"旬"は確かに去っていたようだ。
 カフェやレストランの類は大体デ・タムの店に入った。ファングーラオの方は今一つ馴染めなかった。それでもファングーラオの通りは、夜になると、歩道いっぱいにテーブルが並べられ、焼き肉・ビール・屋台料理と外人や地元民客で賑わい活気が溢れ出す。

Saigon_2

 デ・タムの"SASA Cafe"には比較的頻く通った。目玉焼き&パン(5000ドン)、ホット・ミルク・ティー(2000ドン)の定番の朝食メニュー。
 ここのテーブルから前の通りを眺めるのも悪くはない。前が恰度路地の入口になっていて、屋台を奥から押してきたりそこら辺に店を開いたりの日常的所作、その路地の脇に隣り合って立っている商店"Thaos"とホテル"Phong Cho Thue"との間の日毎のいがみ合いの攻防。
 "Phong Cho Thue"ホテルが改装工事中で、作業員が空き箱を直ぐ隣の"Thaos"側に放り捨てると、"Thaos"のオーナー中年夫婦が腹立ち紛れに空き箱や切れ端をホテルの方へ蹴飛ばして放り返し、その間、ホテルのオーナーは傍で知らん顔・・・サイゴンの小商店主達の何ともギスギスした人間関係と精神構造を見せられてしまった。尤も、これがプノンペンだとカラシニコフから実弾が発射されたりのもっと凄い展開になってしまったりもする。

 肥えた中年の米国人男の運転するバイクの後ろに若いベトナム娘が乗ってカフェに乗り付ける光景もすっかり板に付いた感じで、再びベトナム戦争前に戻ってしまったのかと呆れ、些かうんざりし、"ドイ・モイ"も着実に根を貼り出したのだなと皮肉な思いに囚われてしまった。

 プノンペンですら偶に見掛けたにも拘わらず、サイゴンでは殆ど携帯電話を持っている者を見掛けたことがなかった。
 7アップが普通のより一回り小さめで207ミリ・リットル瓶。
 露店茶店の茶の入った茶瓶2000ドン。 
 1ドル=10960ドン。

Sigon_a1

|

« 《 グラン・トリノ 》  9.11以後のペールライダー | トップページ | 《ディル・セ》 炎情とRDX »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《 グラン・トリノ 》  9.11以後のペールライダー | トップページ | 《ディル・セ》 炎情とRDX »