« 晋作&龍馬の開国戦争1866年 | トップページ | 《フレイルティー/妄執》 エホバの悪魔狩り故事 »

2010年6月27日 (日)

ニュー・デリー、メインバザールの安宿《ホテル・ヴィシャール》

Pahar_ganj

   '92年の末頃、ヒンドゥー=モスレムの紛争で、こんな界隈でも爆弾事件が起こり夜間外出禁止令が出たという、ニュー・デリー駅前から真っすぐ伸びたメインバザールの通りの奥まった、外人旅行者(バックパッカー)相手の安宿やレストラン、カフェの連なった一画に、色褪せた旧い佇まいの《ヴィシャール・ホテル》Vishal があった。ダブルで70Rs(ルピー)。
 その建物の一階に"APETITE"と"Lords cafe"という外人向けレストランが通りに面して隣り合っていて、この年あたりから電話一本商売の「長距離電話屋」がメインバザールはじめインド中に雨後の竹の子のように林立し出し、既成のくすんだ佇まいの"Lords"の方にも設えられていた。
 
 ちょっと先を折れた露地のハニーGHやもっと先のグリーンGHより高めの料金だったけど、一応ホット・シャワーが備わっていた。グリーンにもあったが、年々全てがしょぼくなってきて殆どラダック並に"バケツのお湯"に場末ってしまった。冬場は朝晩は確実に寒いニューデリーじゃ、それでもないよりは増しだったが。
 部屋は悪くはないけど、やっぱし薄暗く、屋上も使えず、洗濯物が乾きにくく、部屋で扇風機をかけっぱなしにして乾かすしかなかった。そんな部屋にずっと居れる訳もなく、殆ど外に出、カフェなんかで過ごすしかない。ともかく物価が安いインドだからそれも可能だった。居住性はまだ中庭のあるグリーンの方が若干好かったもののグリーンの建物は造りがチャチで暑熱日には到底天井ファンや扇風機の部屋には居られやしなかった。(グリーンGHのサイトを見つけたら、2005年に改装し、シャワーは全部ホット・シャワーになったとあった。写真見ると、すっかり小綺麗になってしまった。天井の梁をネズミが這ってた粗屋とは雲泥の差。しかし、上に居たアフリカン達どうなったのだろう?)
 
 前夜雨でも降ると、朝からどんよりとした雲の下肌寒く、ぬかるんだ路面を走るオート・リキシャがどす黒い飛沫を跳ね上げる。果物屋やフルーツ・ジュース屋のある角の狭い一画で、人の頭ぐらいの高さに張られたロープの上で、5、6歳くらいの身体の柔らかい妹が竿を両手でもって渡ったりするお決まりの簡単な軽業を披露し、下では7、8歳ぐらいの姉が左右両面の太鼓を叩いて囃したてる。寒空の下、客もまばらで、せいぜい物好きな外人が一ルピー硬貨を渡すぐらい。トボトボと小さな芸人姉妹は、又別な場所へと泥まみれの素足で去っていった。

Pahar_ganj_2_2
 
 "Lords cafe"の窓から外の通りを眺めると、白っぽい衣裳の子供のサドゥーを装った乞食が通りを頻繁に行ったり来たりし、白人が通るとくっついてまわる。
 足先が骨が折れたようにブラブラした脚に包帯や紐をグルグル巻いて、ゆっくりと牛歩の如く通りを進んでいる十代中頃の乞食の傍を、小さな車が四つ付いた台車の上に胡座をかいて坐った二十歳ぐらいの乞食青年が、小綺麗に整髪された少し長めの黒髪を後ろになびかせながら、両手に持った木製の掻き具で、すーっと通り過ぎていった。なんともブリューゲルの中世ヨーロッパの図だが、以前、ボンベイの通りで、やはり同じ台車に乗った如何にも気の好い三十歳台くらいの乞食が、視線が会うと、にっこり笑い、一掻きで、六、七メートルぐらいをスーッと滑り寄ってきたことがあった。思わず一ルピー渡したけれど、車の軸に十分な潤滑油をやって整備ばんたんという、プロ意識に目覚めた、客の微妙な意識と感情をちゃんと把握している者の所作であった。あっぱれなものだ。所詮デリーの庶民的なパハールガンジ周辺じゃやっぱり知れたもの。第一、道が悪すぎる。
 
 "APETITE"と"Lords cafe"は隣り合わせていて壁をくりぬいた出入り口から簡単に行き来できるのだが、以前短期間だったけど、二十歳前くらいの娘達が三人、ウェイトレスとして働いていたことがあった。インドのこの手のバックパッカー相手のカフェやレストランは、大抵厨房関係は云うに及ばず、客あしらいのウェイターやキャシャーの類は皆男達ばかり。この二つの店だけが例外的に、若い娘を雇っていたに過ぎない。
 見た感じも学生っぽく、教科書みたいのを拡げていたこともあった。恐らく、アルバイトの類だろうが、しかし、画期的と言えば画期的だろう。ウェイトレス&レジだったけど、一人は細い黒縁眼鏡をかけた色白娘で、薄い小麦色した小柄なすらりとした娘はいつもサリーやパンジャビー・ドレス身に纏っていた。その娘のお気に入りの色なのか、ほっそりとした身体にフィットした緑色のサリーなんて仲々好いものだった。和気あいあいで、頻く喋った。
 ある時、"Lords cafe"の方で、猿回しの小猿を厨房の男が借りてきて、いきなり眼鏡をした娘の前に持っていくと、「ギャーッ!!」と物凄い叫び声をあげ、そのまま隣の"APETITE"の奥まで遁走したことがあった。幾ら都市部の若い娘とは云え、凶暴な赤顔のバンダル猿とは別種のおとなしそうな小猿なのに、インド娘が日本人の女達と同様な反応を示したことに、思わず感心してしまった。そんなものなのか、と。猿=凶暴ってイメージや固定観念でもあるんだろうか。インドも都市部じゃ、見掛けるのはせいぜい野良牛ぐらいで、自然と疎遠なのだろう。バナラシーやプシュカルだと、又反応も違ったものになるのだろうが。

|

« 晋作&龍馬の開国戦争1866年 | トップページ | 《フレイルティー/妄執》 エホバの悪魔狩り故事 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事