« バックパッカーの楽園 上海《浦江飯店》 | トップページ | グル・ダッドの《十四夜の月》1960年インド映画 »

2010年7月31日 (土)

《レオン》 死に至る禁断の愛

  Leon_0

  1994年といえば、《フォレスト・ガンプ》とか《トルゥー・ライズ》、国内では深作欣二の《忠臣蔵外伝四谷怪談》なんかが流行り、巷では所謂オーム真理教の松本サリン事件やルワンダの大量虐殺、前年の冷夏から現在に繋がる猛暑の夏に変転した異常気象の到来の時代でもあった。当方も海外・国内を繰り返していた頃で、旅先の新聞で初めて知ることが少なくなかった。そんな中、何処かで観たことのあるような、しかし、フランスの新鋭監督・リュック・ベンソンのハリウッド一作目《レオン》が公開になった。
 観てすぐに頭に浮かんだのが、M・スコセッジの《タクシー・ドライバー》とジョン・カサベテス監督の《グローリア》であった。特に、カサベテスの嫁さんであるジーナ・ローランズ、チャーミングだけどれっきとした中年おばさんが主人公の《グローリア》はプロットまでがそっくり。マフィアの一員だった小さな少年の親が組織内のもつれで家族全員殺害される。同じアパートの階の元マフィアの愛人グローリアに助けられ、女だてらにピストル片手にマフィアと戦いながら逃げ回るという話。少年が少女に替わり、中年女が中年男に入れ替わっただけ。これは殆どリメークってところだが、そんなクレジット見たこともなく、一体どうなっているのだろう。本物のリメークは別に1998年にシャロン・ストーンが演じていたものがあるらしい。

 Leon_1

 更にロバート・デ・ニーロの《タクシー・ドライバー》の、マフィアから少女を救出するという基本的シチュエーションが同じだし、明らかに意識しているのも映画を観れば了解できる。所謂オマージュって奴だろうか。 《グローリア》はカサベテスが自分の撮りたい映画を作るための制作費捻出のためのコマーシャル映画だったらしけど、この《レオン》もリュック・ベンソンが別の撮りたい映画の資金作りに撮ったものという。確かに、下敷きにした両作品に可愛い少女と殺し屋という取り合わせは、もうそれだけで予めヒットを約束してくれたのだろうし、気鋭のリュック・ベンソンなら尚更だったろう。

Leon_4

 もう一つ、もっと古いフランス映画《シベールの日曜日》という孤児少女とベトナム帰りの記憶喪失の元フランス軍パイロットの無垢の愛の悲劇譚を観た記憶があって、ラスト近く、ナイフを弄ぶ少女の自己陶酔に満ちた危うい姿態が(それが又セクシャルな陶酔をも髣髴とさせ)、第三者的=世間的には、病んだベトナム帰還兵の恐るべき変質的犯罪として断罪され、悲劇を結果した。シベール(少女の名)のロマンチックな少女的自己陶酔世界に、現実に疎外された帰還兵ピエールが引き込まれてしまったのだ。(尤も、ベトナムといっても、第一次ベトナム戦争の方で、ベトコンではなく、その一世代前の解放勢力ベトミンとの戦い。この図式は、直接的にではないが、《タクシー・ドライバー》の方に引き継がれている)
 《レオン ディレクターズ・カット版》の方では明瞭で、明らかにレオンは、十二才のマチルダの自己陶酔世界に引きずり込まれ、少女の薄い胸の内に滾る"女"(おんな)性に絡め取られてしまっている。近代では、偽善的・自己欺瞞的に禁制・御法度として封じ込まれてしまった思春期女性=少女との恋愛・交歓故に、権力・体制の側からの軛として"死"あるいは"破滅"が結果する。少なくとも、公共媒体である映画に於(お)いては、ある種の約束事ででもあるかのように。

Leon_3

 そんな些かの危うさを含んで、当時フランスの新進気鋭の監督・リュック・ベンソンの《レオン》は、天涯孤独となった少女マチルダと異国から移民してきた殺し屋レオンとのふとした偶然から寝食を共にする羽目になり、齟齬がやがて愛情にまで変容しかなわぬ恋として潰え去る悲劇的恋愛譚を作った。もう一方で、家族を殺された怨みをはらすために、自らの手でそしてレオンに仇であるスタンフィールド麾下の麻薬捜査局DEAの殺害を依頼しレオンが遂行する復讐譚でもある。この復讐という契機が、他の《シベールの日曜日》にも《タクシー・ドライバー》、《グローリア》にもない独自性だろう。ところが、実際には淡々と描かれていて、ジリジリと昏く燃え続ける復讐の紅蓮の炎って作りではない。むしろ復讐は口実に過ぎなくなっている。

Leon_7
 
 ヨーロッパから移民してきたレオンはプロの殺し屋。
 トニーのイタリアン・レストランで仕事を受け、英語の読み書きが出来ないため金の大半はトニーに預けていた。ある日、レオンのアパートの同じ階に住む顔なじみになったばかりの少女マチルダの家族の部屋に、怪しげな風体の男達が武器を手に押し入った。麻薬の量を誤魔化したのがばれ、一味から報復を受けたのだった。たまたまレオンに渡す牛乳をついでに買いに外へ出ていたマチルダ以外の家族全員が殺されしまい、戻ってきたマチルダは異変に気付き、ちらりと廊下に倒れていた家族の死体を見てしまい、すがる思いで真っ直ぐレオンの部屋に向かいベルを押す。レオンはためらった。ここでマフィヤなんかと揉めたくはなかったからだが、必死でベルを押し続ける少女の姿に敗け、ドアを開けてしまう。
 そこから少女マチルダと中年殺し屋レオンとの奇妙な関係と生活が始まる。
 マチルダは家族、とりわけ彼女に懐(なつ)いていた弟の仇をとるため、レオンに殺し屋の手ほどきをうけることになる。最初、マチルダをいっそのこと殺してしまおうとしたレオンであったものの、「女と子供は殺さない」をモットーにしていたこともあって果たせず、生来のうぶさもあってずるずるとマチルダのペースに嵌ってゆくことになる。
 そしていつの間にか二人は互いに惹かれ会うようになり恋に陥ってしまう。専らプラトニックなものではあったが。(当然、セクシャルな領域まで踏み込んでゆくことは映画会社としては問題外のことであろうし、資金作りのために作る映画でそんな冒険などベンソンの脳裏を過ぎりもしなかったろう。)

Leon_5

 そんなある日、マチルダが仇の頭目が、実は麻薬捜査局DEAのリーダーであることが分かり部署の部屋番号まで突き止める。家族の住んでいた部屋の床下から発見した札束と弟の仇をとる依頼を認めた紙切れを一枚添えてテーブルの上に置き、マチルダは単身、銃を隠しイタリアン・フードの出前を装って件のスタンフィールドの部屋に向かう。ところが、見つかってしまい不首尾に終わる。その時、突然レオンが部屋に現れ、部屋に居合わせた刑事達を射殺しマチルダを救出する。
 そして、レオン達の部屋をトニーから聞き出したスタンフィールドの寄こしたスワット部隊が襲うが、てんで歯が立たず、すぐさま市警総動員になる。それでも後一歩という処で、スタンフィールドに背後から撃たれ、とどめを撃とうとして倒れたレオンの上に馬乗りになったスタンフィールドの手に、瀕死のレオンがマチルダからの贈り物を手渡す。こと切れたレオンを見下ろしながら自分の掌に渡されたものを確かめてみると、果たして手榴弾の安全ピンであった。レオンの身体中に手榴弾(爆弾)が吊されているのを発見した直後、大爆発を起こし、スタンフィールドは木っ端微塵となって吹き飛んでしまった。一人、マチルダは以前籍を置いていた私立の特殊学校に舞い戻る。マチルダと巡り会う前までレオンの唯一の心の友だった植木を、学校の校庭に埋めて。

Leon_2_2

 この映画、大きな中年男と少女とのアンバランスな関係が面白いのだろうけど、脇役の殺人ブローカーのイタリアン・レストランの経営者トニー役のダニー・アイエロ、スパイク・リーの《ドゥー・ザ・ライトシング》でのピザ屋の経営者サルを想起させ、全く違和感がない。一方、汚職デカの頭目、スタンフィールド役のオールドマンも彼の怪演ではまり役って感じで、前年の《トゥルー・ロマンス》でも可成りエキセントリックなポン引き役で異彩を放っていた。

 《レオン》以前、リュック・ベンソンはフランス国内で、《ニキータ》を撮っていて、この成功がハリウッドに認められたのだろう。確かにあらゆる面でナウい気鋭ではあるけど、個人的にはニキータ自身が余りに情けなさ過ぎて白けるばかり。要は脚本の問題なのかも知れないが、ヒーローどころか、イジイジと権力の走狗になり落ちてしまう。そんなのが面白い訳もなく、フランスの情況とはそんなものかと訝ったものだ。
 

 レオン          ジャン・レノ
 マチルダ         ナタリー・ポートマン
 トニー(殺人ブローカー) ダニー・アイエロ
 スタンフィールド(DEA) ゲイリー・オールドマン
 マーキー    (DEA) ピーター・アペール
 マチルダの父親      マイケル・バダルコ

  監督 リュック・ベンソン
 脚本 リュック・ベンソン
 撮影 ティエリー・アルボガスト
  音楽 エリック・セラ
 制作 ガウモント (米・仏合作)1994年

|

« バックパッカーの楽園 上海《浦江飯店》 | トップページ | グル・ダッドの《十四夜の月》1960年インド映画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事