« ゴールデン・ウィークは映画三昧だったけど | トップページ | 《ソイレント・グリーン》 2022年ディストピア »

2011年6月 9日 (木)

《唐山大兄》 ドラゴン危機一発

Bigboss11jpg

 《唐山大兄》tang shan da xiong 、直接的には北京や天津の東隣・河北省の陶器や果物栽培そして中国近代産業の発祥の地ともいわれる唐山から、故あって遙々やってきた海外出稼ぎ労働者の、悪徳華僑を退治した英雄的功夫(カンフー)の使い手ってところだけど、東南アジアの華僑達は本土中国を《唐山》と呼びならわしていて、正に本土からやってきた我等が英雄あるいは頼れる兄貴って訳でもある。
 唐山といえば、この映画ができて数年後の1976年夏、文化大革命の末期、有名な《唐山大地震》が起き、死者数十万人とも七十万人ともいわれる未曾有の大惨事となって、最近中国で映画にもなったらしい。現在では、周辺を抱え込み人口七百万の大沿海都市。それでも、例えば大都市・天津からでも日本にいっぱい出稼ぎ中国人達って後を絶たず。

Bigboss10jpg

Bigboss7jpg 

 タイのホラー映画《シー・ウィー》の主人公も中国南部からの出稼ぎ組だったけど、北部の唐山や、中国全土から、遙々タイまで移民船に乗って押し寄せてきていた。尤も、戦後は最近再開されるまで、終戦直後の数年間のみ開かれていたに過ぎない。中国が共産党主導の社会主義国になったために、「反共」政策(これは、又、現プミンポン国王の兄の容共的と見られた可能性の高いラーマ八世マヒドン国王暗殺の帰趨となったと言えなくもない)をとるタイ政府が打ち切ったのだ。シィー・ウィーはこの僅かな期間に来タイしたのだろうが、唐山大兄たるブルース・リー扮する鄭朝安(タン・チャオ・アン)は、オリジナルは二十世紀初頭前後って話もあって、所謂《義和団事件》の義和門の残党だった可能性も考えられなくはない。鄭朝安は実在の人物という話もあり、且つ脚本に金庸と並ぶ香港武侠小説作家=ニー・クワンが関わっていることからも如何にもって感じだ。もしそうだとすると、又見方も変わってきて、面白くなってくるのだが。

Bigboss1

Bigboss8jpg

Bigboss9jpg   

 元々タイには遙か以前から中国の商人や労働者がやってきていてその歴史は古い。権力とも深く関わり、国王にもその血を受けた者が少なくないようだ。それでも、二十世紀初頭前後、漸くタイも産業化が始まると、タイでは農民は農地に縛り付けられているため、必要に迫られて中国(主に南部)から貧しい農民達を呼び寄せるようになった。大挙して移民船でやってきた農民達をそれぞれの工場等で彼等の足許を見透かし安く買い叩いて低賃金でこき使ったのだろう。そこに、中国人の海外での民族的・言語的別の互助団体「幇」パンがあり、更に違法・非合法な活動をすら含んだ準犯罪組織たる「幇」も介在し、都合の悪い労働者なんかを抹殺したりもしたらしい。改革開放後の現在の中国の、海外出稼ぎ労働者達にぴったりくっついて似たり寄ったりの悪徳「幇」が暗躍し続けているのは周知のことがら。

Bigboss5
 

Bigboss6

それを七十年代のタイに舞台を設定し、製氷会社を経営する悪徳華僑の中国貧農(画面を見るとタイ人の姿もあるけど、何たって予算も僅少な香港映画、単に頭数揃えのために「矛盾」なんて意に介すこともなく雇っただけで、別段歴史的あるは事実的反映という意味がある訳ではない可能性も高い。そこが香港映画の面白さって訳でもあるが)に対する悪辣な仕打ちと貪欲な搾取に抗する貧農=出稼ぎ労働者、そして唐山からやってきた功夫大兄たる鄭朝安が一人憤然と立ち向かい、殺害された同僚達の仇をとるという悪徳華僑打倒故事ってところ。
 七十年代頃だと、まだ麻薬王クンサーも世界にその名を馳せている最中で、悪徳華僑の老板(ボス)の経営する《萬利氷廠》の氷の中に麻薬を仕込んで得意先に送るという稼業って、如何にもタイならではのストーリー立て。

Bigboss4

Bigboss2_2

 この映画の面白さは、当時七十年代初頭というまだ世界的「変革」の嵐の余燼が燻っていた時代を反映して悪徳華僑の悪辣さに抗するというテーマと相まって、共演者・田俊のそれまでの香港カンフー映画の定番を出ることのないカンフー技と比較すれば一目瞭然、やはり主人公のチャオ・アン=ブルース・リーの、スピーディー且つ華麗なカンフー技にあろう。
 米国のテレビ人気番組《グリーン・ホーネット》で既にその片鱗を見せていたとはいえ、この《唐山大兄》を第一作とするドラゴン・シリーズでの正に見せるための、見映えってものを追求した技・動き(アクション)は、それ以降皆が真似するようになりはしたが、到底他の追随を許すような質のものではなかった。殆ど"アート"の域までその美を追求していたのだから。
 この新しいカンフー・アクションとは別に、その技を使う前後で見せる"決め"あるいは"見え"をきる仕草って、京劇のそれからヒントを得たというより、映画・京劇の綯い交ぜになった精華というべきか。これは香港はじめ中国圏ではすんなりと抵抗なく受け入れられる要素のはず( 歌舞伎の日本も同様 )で、勧善懲悪的ストーリーと我慢に我慢を重ねて最期に堪忍袋の緒を切って大爆発という、当時の日本の任侠映画にも似た展開、そこに現代風にスピーディーで華麗なアクションが加わり、中国本土とは又異なる資本主義社会下での《小刀會》たる《唐山大兄》ってところだろうか。アジア中の庶民達がそれぞれの立場で、出稼ぎ労働者やチャオ・アンに自身を重ね合わせ、溜息をつき、そして溜飲を下げたのであろう。そしてその波濤は世界にまで拡がっていった。

Bigboss_post 

 翌年制作のハリウッド映画《燃えよドラゴン》で、この《唐山大兄》からブルース・リーの仕草やアクションあるいは場面設定なんかを可成り流用しているようだけど、セリフを使わないこれ見よがしな仕草って結構アピール性があるようだ。
 何しろオール"タイ"ロケーションなので、知らないと香港にしてはちょっとおかしいなと驚いてしまうだろう。香港は未踏の当方だけど、七十年当時のタイの風景が見れるのも悪くはなく、九十年代初頭に訪れたバンコクの街並みと何処か似た芳りの漂った雰囲気に懐かしさすら覚えてしまった。このDVD、デジタル・マスタリングでもしているのかやたら映像がクリアーで、冒頭の川沿いの船着き場前にずらり並んだ屋台の前を、中国服のブルース・リーと三叔が連れだって歩くシーンでは、思わず眼を皿にしてしまった。けど、さすがに船着き場の入口に掲げられた看板の文字までは見分けられなかった。てっきり、バンコクとチャオプラヤー川を挟んだ対岸のトンブリー近辺かと決めつけていたら、どうももっと郊外の別の町らしい。確かに川巾がちょっと広すぎかな・・・

 ブルース・リー(李少龍)の"所謂"ドラゴン・シリーズ第一作で、邦題は実にイージーに《ドラゴン危機一髪》。撮影は1970年で劇場公開が翌年の'71年。国内では、《燃えよドラゴン》公開の翌年の'74年。   
 
 監督 羅 維
 脚本 羅 維
        ニー・クワン
    ブルース・リー(李少龍)
 撮影 陳清渠  
 音楽 ジョセフ・クー

 鄭朝安    ブルース・リー(李少龍)
 許 剣    ジェームス・ティエン(田 俊)
 巧 梅    マリア・イー(衣 依)
 掻氷屋台の娘 ノラ・ミャオ(苗可秀)
 老板Boss    韓英傑
 ボスの息子  トニー・リュウ(劉 永)
 制作 ゴールデン・ハーベスト(嘉禾電影有限公司) 1971年作品(香港)

|

« ゴールデン・ウィークは映画三昧だったけど | トップページ | 《ソイレント・グリーン》 2022年ディストピア »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事