« 玉龍雪山の望めるナシ族の町《麗江古城》 | トップページ | 中国ホラー 東方新魔幻《画皮》 »

2011年7月27日 (水)

蜃気楼的門司国際フェリー《光陽ビーチ号》 えっ 、マジ?

6

 ちょっと時間が出来たので久し振りに門司港フェリー乗場まで行ってみた。
 勿論廃墟とまではいかないだろうが、それでもプレハブのイミグレの玄関口前なんかペンペン草ぐらいは生えているだろうと半分冷やかし気分。と、たまたま水曜日で、乗場の周囲のフェンスの向こうに数人の人影が見え、イミグレの玄関口の戸が開いていて、あれれ、ひょっとしてこれは機能している雰囲気? 仄明かるい奥のレセプション・カウンターで職員らしい女性が一人携帯で忙しそうに立ち働き、片側の自動販売機の前の椅子では親爺さんが一人紙コップの珈琲をちびちび飲んでいた。

7

 てっきり今春の東北大震災の余波で、経済効率策的にオマケの門司港コースだけ運休して、本来の下関=韓国・光陽間フェリーだけ運行を続けていたものとばかり決めつけていた。他の所はいざ知らず、この門司港に限っては、運休=廃止を意味してきたからだ。で、光陽市のフリーの日本語の観光マップを貰い、玄界灘方面寄りの岸壁の方へ廻って、おばさん達の釣りでも眺めていると、早速狭い海峡の向こうから姿を現した。見るからに前回のセコマルよりも安っぽく如何にもカーフェリーって趣きで、玄界灘方面に船首を向けたまま、他の船が行き来する中、少しづつバックしてこちら側に接近し、更にちょっとだけ前身して再びバックし漸く接岸した。朝の九時過ぎぐらい。

41

 一万六千トンものカーフェリーでも、前と後ろの二カ所でロープを波止場の繋留杭(ボラード)に繋ぐようで、前側は簡単に終わったものの、後部のが可成り手間取っていた。今時随分と原始的だなとフェンスの外から苦笑しながら眺めていると、一人のカスタムから派遣されてきたらしいヘルメットをかぶり[動物検疫]とくっきり記されたユニフォームに身を包んだ女性が現れた。肩から大きな消毒液散布器具を吊していて、透明な溶剤容器の中にピンクの液体がいっぱい詰まっていた。その内、後部側舷の巨大な車両甲板が岸壁に降りてきて、タラップを装着したリフトが走り出てきた。乗客上下船用のタラップを持参したいたのには驚いた。波止場を船首の方へ走り、出入口へ連結。動物検疫官は車両甲板の奥に消えていって、暫くして今度はタラップの上へ。そしてタラップ自体に消毒液を散布しながら降りてきた。確かに昨今、色々国内外の有害な諸々の瀰漫が喧伝されてきていて当然の処置なのだろうが、初めて見る光景であった。

3

2

 プレハブの横の道路には、四台のすべて異なる会社のバスばかりが並んでいて、それなりの数は居るのだろう。下船客って本当に居るのか、微々たるものではないのか等と勘ぐり一応の確認はしてみた。それなりの数の人影は確かめられた。しかし、逆に帰国する韓国人を外すと、果たしてどのくらいの日本人が夜出航の折このタラップを昇ってゆくのだろう。
 この光陽ビーチ号も、前身のセコマルが数ヶ月でポシャリ、今年初めに就航したのはいいが、東北大震災で揺らぎ、門司港寄港を切り捨て、門司"国際"港は、揃いも揃ってたった数ヶ月の寿命しかない定期連絡船。
 一体全体こりゃ何なんだ、と誰でも今じゃ日本を代表する国際港たる対岸の老舗・下関港と比較し、その異常なまでの落差に、開いた口がふさがらないだろう。ところが今回、三度目ならぬ四度目の正直って奴なのだろうか、恐らく最期のチャンスが与えられたようだ。でも、しかし、・・・

5

|

« 玉龍雪山の望めるナシ族の町《麗江古城》 | トップページ | 中国ホラー 東方新魔幻《画皮》 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玉龍雪山の望めるナシ族の町《麗江古城》 | トップページ | 中国ホラー 東方新魔幻《画皮》 »