« 一触即発的黒人ゲットー《ドゥー・ザ・ライト・シング》 | トップページ | 昏い時代の盲者達《按摩と女》1938年 »

2011年8月19日 (金)

悪夢あるいは少年期的夢想《 ファンタズム 》

Phantasm_9

 今でも揉めているあのリビア生まれらしいドン・コスカレリ監督、このホラー映画《 ファンタズム 》(1979年)シリーズ以外余り知られてないようだけど、実際寡作のようだ。七十年代末というと、ジヨージ・A・ロメロの《ゾンビー 》(1978年)以降ぞくぞくとホラーのニュー・ウェーブが現れた時代。クローネンバーグの《 スキャナーズ 》シリーズ(1981年)、ジョン・カーペンターの《 ハロウィン》シリーズ(1978年)、そしてこの《 ファンタズム 》シリーズ。なみいるホラー映画の中でも、この《 ファンタズム 》は、些か異色で、元のオリジナル(第一作)があくまで少年が主人公ってことで、その少年期的醒酔定かならぬ悪夢的世界というところだろう。怨霊フレディー・クルーガーの跳梁跋扈する《 エルム街の悪夢 》(1984年)と似ているけど些か雰囲気が違う。

Phantasm_6

Phantasm_7

 
 米国のある小さな町で殺人事件が起こる。
 実は、妖し気な若い娼婦になりすましたトールマンと呼ばれる怪しげな葬儀屋=魔怪が、夜な夜な若い男を墓場に誘い込んでは殺害していたのであった。トールマンって、文字通り長身の痩せて長髪を風になびかせたゴッつい容貌の年配の男で、いまわの際にすーっと本来の魔怪の姿に戻るのだが、そのゴッついオヤジと"事"に及んでいたと悟った時には後の祭り、到底死んでも死にきれまい。
 不可解死したその男の友人、ミュージシャンのジョディーとアイス・クリーム屋のレジーが葬儀に出席した日、好奇心の旺盛なジョディーの13歳の弟・マイクが霊園の藪から双眼鏡で、葬式屋のトールマンが、墓から棺を取り出し、あろう事か真っ黒い霊柩車に棺を放り込み何処かに立ち去ったのを目撃してしまった。そこから、マイク、ジョディーそしてレジーと異界とこの世を行き来する魔怪トールマンとの長い戦いが始まることとなる。

Phantasm_3

Phantasm_16_2

   中には死者から脳を抜いて作られた小人が入っている。

 基本的に舞台は《モーニング・サイド》霊廟。
 件の墓場もその敷地内。トールマンってどう見ても吸血鬼ドラキュラって感じだし、墓場で男達を誘惑する若い女も吸血鬼カミーラって雰囲気で撮られていて、正にゴシック・ホラーそのものって道具立てなんだけど、霊廟自体は蔓草が伸び朽ち果て頽廃した赴きではなく、むしろそんなイメージを払拭するように、すべては手入れが行き届き清潔でテラテラと照り輝いている。棺のずらり並んだ廟の奥にホワイト・ルームと呼ばれる白色灯に真っ白く照らし出された部屋の中央に二本ポツンと銀色に輝くステンレス・スチール風のポールが立っていて、それが異次元世界との出入口。そしてトールマンの配下に、中世の修道士の如く真っ黒い頭巾と修道服をまとった小人達と、空中を飛ぶステンレス・スチール風球体(キラー・ボール)の二種居て、どうも持ち去られた屍体が処理され、異世界で労働に従事する奴隷としての小人、その脳だけ抜き取り中に閉じこめたのがフライング・キラー・ボールということらしい。

Phantasm_2_2

Phantasm_1

 
 最初は半信半疑だったジョディーも、マイクが切り落とした追いかけてきてトールマンの手指の一本入った小箱を確かめると、ヒョコヒョコ動いていて、嫌でも認めざるを得なくなって、自分はステンレス・スチール製かアルミニウム合金のシルバーに輝いたコルト45ガバメントを腰に隠し、マイクには散弾銃を渡す。マイクは片脚の脛の部分もランボー宜しく大型ナイフを隠していて、まだ13歳のマイクが大きな散弾銃を使い慣れているようで、そう云えば、バイクに跨って猛スピードでかっ飛ばしていたし、車の下に潜り込み修理もしていたりして、ニューヨークのような過密に犇めいた都市部と離れた平均的な米国の家庭ってそんなものなのかと感心させられてしまう。現在は規制、規制と色々と小五月蝿くなってそうは行かなくなってしまっている可能性もあるけど。

Phantasm_4_5

 散弾銃はともかく、出てくる道具って大半が銀色というより白色=ステンレス色に照り輝いていて、この記号性って、どろりとした腥(なまぐさ)い異世界というより、科学・テクノロジー的(異空間)な象徴と考えられなくもなく、従来のゴシック・ホラー的な闇に支配された世界の横っ腹にテクノロジー的白色光で風穴を穿(あけ)ようってことなのだろう。(その辺りは、《 ファンタズム4 》で説かれる。)
 
 最期に追いかけてきたトールマンを落とし穴に陥れ、タイミング良くジョディーが崖上から大きな岩を次々と落として出口を塞いでトールマンも一巻の終わりって運び。ところが、場面は、束の間の微睡みから醒めたように暖炉の傍で、いたわるようにレジーが傷心しうなだれたマイクに説いて聞かすシーンに反転。両親も死に、兄ジョディーまで亡くなったマイクの、孤独と恐怖から紡がれた長い悪夢=夢想に過ぎない、とレジーが優しく言い聞かせ、一緒に旅にでも出ようと誘う。何はともあれ、今はレジーの云う通りにしようとマイクは自分の荷物を取りに部屋に向かう。そこに突然、死んだはずのトールマンが再び現れ、マイクを異空間に引きずり込んでしまう。
 この付け足しのような最後のどんでん返し的シーンはもう今じゃホラー映画の常套で色んな作品で見られ、これからも多用されるのだろう。「どっこいそうはいかないぞ」という、例えば権力犯罪追求映画などで定番の観のある機密とやらをマスコミに持ち込みあるいは送信してめでたしめでたしってのは現実にはまずあり得ないという官許デモクラシー的お伽噺への反省・批判の具象化と見るのは余りに穿ち過ぎであろうか。ホラー映画って、監督や制作者のやりたい放題ができるって面があるからだ。

Phantasm_8

 監督のコスカレリ、この第一作だけで、続編を作ろうなんて考えてもないのが見ていると分かってしまう。予想外にヒットしてしまって続編制作となってしまったのだろう。第二作以降からは、この第一作にあった、否この作品自体と云っても過言ではない少年期的夢想(世界)って側面が霧散してしまっている。確かに、物理的にマイク自体、あるいはマイク役のマイケル・ボールドウィン自身がもう少年ではなくなってしまったという現実的制約もある。
 トールマン役のアンガス・スクリム(85歳)まだ存命で、次作が期待できなくもないのだが、最期の《 ファンタズム4 》から既に十数年が過ぎている。

Phantasm_10

 マイク   マイケル・ボールドウィン
 ジョデイー ビル・トンブリー
 レジー   レジー・バニスター
 トールマン アンガス・スクリム
 
 監督  ドン・コスカレリ
 脚本  ドン・コスカレリ
 撮影   ドン・コスカレリ
 音楽  フレッド・マイロウ
     マルコルム・シーズグレイブ
 SFX/VFX/特撮  ポール・ペパーマン
 制作 アヴコ・エンバシー・ピクチャーズ 1979年(米国)

|

« 一触即発的黒人ゲットー《ドゥー・ザ・ライト・シング》 | トップページ | 昏い時代の盲者達《按摩と女》1938年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一触即発的黒人ゲットー《ドゥー・ザ・ライト・シング》 | トップページ | 昏い時代の盲者達《按摩と女》1938年 »