« 赤塵舞うニュー・フロンティア  ポイペット&シソフォン | トップページ | ペシャワールの宿 《カニス・ホテル》 »

2011年10月26日 (水)

《アメリカン・クライム》 普遍的アメリカ的閉塞

American_crime_6

 ちょうど今から46年前の今日、米国中部インディアナ州の州都インディアナ・ポリス、イースト・ニューヨーク通り3850、ガートルード・バニシェフスキー宅で、16歳の娘シルビア・マリー・ライケンスが殺害された。 
 この年、米国はベトナム戦争の真っ最中で、泥沼に足を突っ込む端緒となった北爆を開始し、同じ頃、国内では過激派黒人運動指導者と目されたマルコムXが殺害され、夏にはロスのワッツ黒人地区を始め全米で黒人暴動が炎をあげた。又、被害者シルビア・ライケンスもファンだったビートルズが世界を席巻し、ビートニックからヒッピー・ゼネレーションへとアメリカ・カルチャーがシフトし始めた時代でもあり、正に激動の真っ只中で、日曜毎に近くのキリスト教会に家族そろって通う保守的で閉鎖的な町の、その典型のような家庭で起きた何ともおぞましい、その町や国、社会が透けて見えるような構造的な犯罪であった。

American_crime_8
  

    シルビア・ライケンス

 そもそもインディアナとは、インディアン(アメリカ先住民)の土地って意味らしい。そしてその名称とは裏腹に、もうこれ以上ないくらいに米国そのものを象徴するかのように、先住民達を徹底して搾取・略奪し殲滅し排除してきた州であったらしい。その米国的悪辣さの業炎も尽くされた僅か三十年後ぐらいに起きたこの《アメリカン・クライム》、つまりガートルード・バニシェフスキー一家と近所の子供達によるシルビア・ライケンスに対する延々四ヶ月にも及ぶ暴力と陵辱を、地元当局が『インディアナの犯罪史上で最も恐ろしい犯罪』と呼んだことの余りの欺瞞性・偽善性には、事件の救いようのなさとは別に言葉を失ってしまう。

American_crime_9

 ガートルード・バニシェフスキー(公判中: 逮捕直後と違って意識明瞭)

 
 
 シルビア・ライケンスは、あれこれ様々な商売や仕事を転々としてきた(当時は巡回カーニバルでの仕事に就いていた)夫婦を両親に持ったために、幼い頃から「定住」とは無縁な、親の都合であっちこっちたらい回しにされて育ち、ベビーシッターやアイロンかけのアルバイトなどもこなす結構自立的な面も備えた娘ではあったらしい。小児麻痺の後遺症で脚の悪かった一つ年下の妹のジェニーと一緒に、1965年7月、バニシェフスキーの家に下宿することとなった。それも、日々の糧にも困っていたガートルード・バニシェフスキーが、ライケンス夫妻の事情を知って自らが持ちかけた話であった。が、週払い(20ドル)という些か無理のある支払い方を選んだため ── 恐らくはすぐにも金の欲しいガートルードが持ち出したのだろう ── 、さっそく最初の週で遅延し、ガートルードの逆鱗に触れ、シルビアとジェニーは暴力をふるわれた。この時点で既に常軌を逸していて、これはもう、のっけから、ガートルードが人格崩壊していたとみて間違いないだろう。

American_crime_14

ステファニー、リッキー・ホッブス、ポーラ(後ろ向き)、ジョン、 コーイ・ハバート、ガートルード

 ガートルード・バニシェフスキーは、同じ16歳の時、親の反対を押し切って、二歳年上の保安官補ジョン・バニシェフスキーと結婚し、彼が癇癪持ちだったりして十年くらいで離婚。更に別の男と結婚したり、更に十一歳年下のDV青年と同棲し子供が生まれるや青年は蒸発。最初の保安官補、「癇癪持ち」ってのが「暴力」を意味するのかどうか定かでない。彼女がまだ小学生の頃、目の前で心筋梗塞で死んだ父親は如何だったのだろう。この辺が今一つ曖昧ではっきりしない。そして子供だけはばっちり7人も産んでしまって、これといった生活の術をもっていなかった彼女にとって重荷以外の何ものでもなかったろう。男運が悪いっていえばそうなのかも知れないが、今じゃそのくらいの男遍歴は当たり前になってきている。それにしても育ち盛りの子供7人は多過ぎて、女手一つじゃ、日々の糧を獲るだけで四苦八苦する困窮生活は必定。特に魅力的でもなかった彼女の周辺には貧しさばかりが浮き出たような男達あるいはその眷属しかいなかったのだろう。貧しさが更なる貧しさを呼ぶような、およそアメリカン・ドリームとは無縁な、否、そんな構造故に、《 成功 》という擬制=イデオロギーとプロパガンダが不可分なものとして成り立つ。

American_crime_11

      ジェニー・ライケンスと姉たち(公判廷)

 姉でもあり可愛く自立性もあったシルビアは、小児麻痺を患って内気な妹のジェニーと相違して、困窮し鬱屈しきったガートルードにとってはいまいましい存在であったろう。勢い、むしろ憐憫すら抱いて優越感を持てるジェニーにではなく、男好きのするらしいシルビアに対してガートルードの憎悪と怒り、生活的不安と焦燥のない混ぜになった攻撃的暴力が向けられる。自分の中・高生の娘や息子に、そして二番目の娘ステファニーの恋人コイ・ハバート、そしてシルビアを一人慕っていたリッキー・ホッブス、さらに近所の子供達にすら、シルビアに対して種種様々な陵辱的暴力を加えさせ続けることとなった。
 殴る、蹴る(ガートルードは何とシルビアの女性器を狙って幾度も蹴ったという)、階段から突き落とし、タバコの火を身体中に押しつけ、熱湯を浴びせ、火傷させた後で塩を塗りつけ、コーラ瓶をシルビアの女性器に突っ込み(ガートルード)、焼けた大針でシルビアの腹部に"I'm a prostitute and proud of it!"と刻み(ガートルードとリッキー・ホッブス)等の拷問的暴力を死ぬまでの四ヶ月間延々と繰り広げたのであった。
 日本でも、市販の電気コードを使っての通電による拷問でセンセーションをまき起こした、犯人の松永太、緒方純子によって肉親も含む子供から老人までの6人(別に傷害致死1人)が殺害された2002年発覚の《 小倉・監禁殺害事件 》が有名。

American_crime_10

ガートルード・バニシェフスキーとステファニー(次女)

 
 シルビアもジェニーも何故逃げようとしなかったのか?
 恐らくまだ二人とも学生という若さと環境による視界狭窄、閉鎖的共同体(暴力を内包する)特有の閉塞的マインド・コントロールってところだろうか。上記の《 小倉・監禁殺害事件 》でも、共犯性によるマインド・コントロールを主犯の松永太が巧妙に駆使していた。
 
 ガートルードはこの頃、生活的に逼迫していてか可成り鬱状態で、痩せていたという。確かに、写真(逮捕直後)見てもげっそりと痩(こ)け眼差しも朦朧としている。シルビア達に対する陵辱と暴力にはけ口を見出しながらも、相乗的に一層のストレスを内奥深く溜め込んだのだろう。それゆえ、確かに一種の「心神喪失」状態にはあったのだろうが、事件の犯罪性を無化することにはならない。むしろ、端的に困窮的生活とか社会構造的な問題として持ち出してこそ情状酌量の余地も出てこようというもの。そして、問題は、一向に解決どころか、そんな気すらないような米国そして日本始め閉塞的国家群ってところだろう。

American_crime_12

  リッキー・ホッブスとジョン・バニシェフスキー

 映画の方は、そんな題材だからか、残虐性を削いで、むしろ淡々と云っていいくらいに描いている。抉るってほどのラディカルさもない。だから、盛り上がりに欠け、面白さも希薄。それでも、こんな事件が、かつてベトナムに米国があれこれ口実を設けて侵略し戦争をしかけ残虐の限りを尽くしていた頃、米国国内ではあったのですよ、と呈示してくれてはいる。

 監督: トミー・オヘイヴァー
 キャサリン・キーナー    (ガートルード・バニシェウスキ)
 エレン・ペイジ       (シルヴィア・ライケンズ)
 ヘイリー・マクファーランド (ジェニー・ライケンズ
 2007年(米国)

American_crime_0

|

« 赤塵舞うニュー・フロンティア  ポイペット&シソフォン | トップページ | ペシャワールの宿 《カニス・ホテル》 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤塵舞うニュー・フロンティア  ポイペット&シソフォン | トップページ | ペシャワールの宿 《カニス・ホテル》 »