« メスカリン的錯綜世界 松田優作《 野獣死すべし 》(1980年) | トップページ | モノクロの幕末青年群像劇 《龍馬暗殺》 1974年 »

2011年12月31日 (土)

 ポスト9.11的癒し映画 《 ヒア・アフター 》

Hereafter_3


 今春(2011年)封切りになったと思ったらすぐに起こった《東北大震災・ツナミ・東電原発爆発》事件の余波ともいうべき上映打ち切りの経緯があり、当時映画館で観て、ツナミのシーンが良く出来ていたので感心したものだけど、だからといってそれが"売り"って訳でもなく、むしろ傷ついた心の癒しと回復がテーマですらあるようなのに、その不可解な打ち切りに小首を傾げざるをえなかった。この映画、例によって、前年に世界中で封切られていたものだけど、この国の因循姑息な映画産業(観客不在の徹頭徹尾な我利我利の利己利益追求のみ)の故に、今春までずれ込んでいたに過ぎない。つまり、この国の映画産業が他の国々同様に普通に公開していれば起きなかった事態ではあった。

Hereafter_1

 この映画で描かれた"ツナミ"はいわゆる《スマトラ沖地震・ツナミ》らしく、恐らくはタイのバンド"カラバオ"が哀悼の曲を献じた2004年の東南・西南アジアを席捲したインドネシア(あるいはアンダマン)沖地震・ツナミのことだろう。文化大革命末期1976年、相次いだ周恩来と毛沢東の死の合間に起こり40万人以上の未曾有の死者をだした"唐山大地震"以来の、最高30メートルの高波が襲ってきて、各国あわせて20万人以上の死者を出した大災害であった。
 そんな一大惨事の反省・教訓なんて何処の惑星の事だといわんばかりの、この国(実質的には自民党権力であるが、民主党も所詮横並びの自民の補完物でしかなかった一蓮托生支配)の政府及び行政の馬耳東風ぶりには、まったく"亡国"の一字しかない。7年もの時間があったにもかかわらず。それもそれまで白じらしいまでに"危機管理"を声高に叫び列島の隅々にまで押しつけてきた当事者であったにもかかわらず。

Hereafter_5
               
 フランスのテレビ・ジャーナリスト=マリー(セシル・ドゥ・フランス)は愛人のプロデューサーと一緒に東南アジアのあるリゾート・ビーチでバカンス中、巨大ツナミに呑み込まれ、危うく一命を取り留めた。流れてきた浮遊物に頭を強打し水中で意識が朦朧となり仮死状態になりつつあった時、ふと茫漠として不明瞭な死者達の、つまり霊達の姿が視えてしまった。死後の世界=異界を垣間視たのでは、とマリーは疑った。危うくそのとば口で引っ返すことが出来たものの、その原体験(臨死)がいつまでも彼女の心にひつかかって、テレビ局のポストを外されてしまう。結局、つなぎに自分の本を執筆することとなり、そのテーマも当初の政治的なものから、もはやのっぴきならぬものとなってしまった"臨死体験"と変容してしまう。そこから、米国の霊媒師(チャネラー)のジョージ(マット・デイモン)そして英国の双子の一方の兄弟に死なれてしまった少年マーカスとあたかも何かの糸で結ばれていたかの如くに誘われ邂逅することとなる。 

Hereafter_8

 子供の頃に罹った脳の病が元で附加されることとなった死者を視る能力=超能力をむしろ"呪い"だと唾棄し厭って、その能力を生かした霊媒師稼業から離れ、つましく工場勤めを続けてきたのが、折からの不況でリストラされ、料理学校で仲が良くなった女性にもその能力が原因で逃げられてしまい、踏んだり蹴ったりの情況からの気分転換にロンドンに旅立った霊媒師ジョージ。好きなディケンズがらみでブックフェアー会場に辿り着くと、そこに自らの"臨死体験"本の紹介に来ていたマリーと遭遇し、更にインターネットで死んだ双子の兄を呼び出してくれる超能力者を検索してジョージのことを知ることとなったマーカスとも遭遇。そして、そのマーカスがジヨージとマリーの二人を結びつけるキューピットの役を果たしてしまう。暗転の底から一縷の希望の兆し。ここで映画は唐突に終わる。 

Hereafter_7

 子供の頃に罹った脳の病が元で附加されることとなった死者を視る能力=超能力をむしろ"呪い"だと唾棄し厭(いと)うジョージ。その能力を生かした霊媒師稼業から離れ、つましく工場勤めを続けてきたのが、折からの不況でリストラの憂き目に遭い、料理学校で仲が良くなった女性にもその能力が原因で逃げられてしまって、踏んだり蹴ったりの土壺からのがれようと気分転換にロンドンに旅立つ。
 彼の好きな作家ディケンズがらみでブックフェアー会場に辿り着くと、そこに自らの"臨死体験"本の紹介に来ていたマリーと遭遇し、更にインターネットで死んだ双子の兄を呼び出してくれる超能力者を検索してジョージのことを知ることとなったマーカスとも遭遇。そして、そのマーカスがジヨージとマリーの二人を結びつけるキューピットの役を果たしてしまう。暗転の底から一縷の希望の兆し。ここで映画は唐突に終わる。

Hereafter_6_2

 霊媒師や霊的イメージを使いながらも、霊=霊界(死後の世界)そのものに踏み込むことなく、そのとば口に敢えて踏みとどまり、いたずらに"死"を忌み、怖がったりする立場から、むしろ"死"に泥(なず)みより一層"生きよう"とする方途(スタンス)の提示ってとこだろうか。安直にストーリー展開が容易な霊界(ゴースト)物語に堕すことなく、あくまでも"現実"というものを見据えようと監督のC・イーストウッドはしている。それは彼の年齢的な現実から派生してきたものでもあろうが、やはり、どうにも行き詰まった米国的現実=ポスト"9,11"的癒し物語という訳なのだろう。

Hereafter_4


 

|

« メスカリン的錯綜世界 松田優作《 野獣死すべし 》(1980年) | トップページ | モノクロの幕末青年群像劇 《龍馬暗殺》 1974年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メスカリン的錯綜世界 松田優作《 野獣死すべし 》(1980年) | トップページ | モノクロの幕末青年群像劇 《龍馬暗殺》 1974年 »