« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の3件の記事

2012年5月26日 (土)

希代の吸血鬼との対話  《死刑執行人》 ウィン・リョウワーリン

Siuie_x

 国内で出版されたタイ小説、本屋の店頭で見かけるってことは先ずない。最近は、所謂"文学"ものではないエンターテイメントのものも出始めているらしいが。図書館も余り頼りにならないし、そうなると、もうネット販売に頼るしかない。で、何年も前に入手したこのウィン・リョウワーリンの《インモラル・アンリアル》(2002年)、九十年代にタイで出版された彼の三冊の短編集から翻訳者が選び構成したアンソロジーらしい。当時、作者のリョウワーリンは、94年の《平行線上の民主主義》で一躍タイ中に知られることとなった、かなり実験的な手法を駆使する異端的存在のようだ。学校を出てから内外の広告業界でコピーライターとして働いていたという。コピーは文章を練るには好い訓練になるのだろう。日本でも、開高健がそうだったし、広告業界から映画の世界に移り活躍している監督なんかも結構多い。

 《インモラル・アンリアル》の中の『死刑執行人』、98年に発表された短編集《人間と呼ばれる生き物》の内の一編だが、結構面白い。一番興味を持ったのが、このタイトルにもなっている執行官たる主人公が射殺する死刑囚が、どうもかつてタイ全土を震え上がらせたといわれる子供たち数人を殺害し内蔵を喰らったと噂された"シー・ウィー"ではないかと思われたからだ。小説中では、吸血鬼ドラキュラ伯爵をもじって"伯爵"と呼ばれている。シー・ウィーについては以前(『シーウィー : 死に至る病の生薬』)認めたから省くが、"肉団子"や"手鉤に吊された肉"なんてタイのポップ・シンガー=マイの主演したスプラッター・ホラー映画《ミート・グラインダー : 人肉クォッティヨ(オリジナルタイトル)》(邦題『人肉ラーメン』)の象徴的シーンがダブってくる。あれもタイの民主化運動が弾圧される最中に起きた出来事であり、マイの演じた人肉クォッテイヨ(タイ風米麺)屋の娘が、この執行官に射殺される猟奇殺人犯の死刑囚に相似している。監督&脚本のティワ・モエイサイソン、このリョウワーリンの短編から着想したのではないだろうか。

Siuie_xxx

 タイ中を震撼させた希代の猟奇殺人犯の"ドラキュラ伯爵"、社会の底辺で喰わんがため不本意ながらも殺戮と鮮血にまみれた屠殺という生業に鬱々と明け暮れていたある日、ふと衝動に駆られその店の老爺の喉を屠殺刀で抉ってしまう。返り血を浴び真紅に染まりながら、彼はそれまでの日毎彼の心の奥底にどす黒く凝結しつづけてきた一切の禍々しい感情と妄念が、ふっとかき消えてゆくのを覚えた。カタルシス。やがて、ある種の麻薬のごとく、それが習い性となってしまい、あてどない衝動とカタルシスの殺人行。これは又、大正時代の一大小説《大菩薩峠》の主人公・机龍之介の殺人行と通じるものがある。
 ところが、権力の使い走りの死刑執行人たる主人公も、鶏を屠って解体し販売するのを生業(なりわい)としてきた家庭で育ち、初めて鶏の首にナイフをたて抉ろうとして失敗し半分切れ落ちた首のまま鶏に逃げられながらも何とか屠ることができた次の瞬間、激しく嘔吐してしまい、父親に"臆病者!"と罵られたのがトラウマとなっていた。後に入った軍隊でも、民主化勢力が軍政に弾圧され地方の山村に逃れ武装化し"共産軍"となって抵抗するのを制圧するため派遣された時、遠くに現れた同じタイ人の敵兵=ゲリラに照準を合わせながらも逡巡し、耳元で教官に「グズグズするな! 早く撃て!」と怒鳴られてしまう。そして死刑執行人となってからも少なからずの人間=死刑囚を屠ってきたのであった。

Siuie_xx
 
 ドラキュラ伯爵の死刑執行直前になって、上から一日延期の連絡が入った。外国の研究者たちや国内のメディアがインタビューしたがっているという理由だ。結局"伯爵"はインタビューには一言も答えなかった。一室で"伯爵"と二人だけになった時、主人公があれこれ聞き質そうとすると、"伯爵"がある取引を持ち出してきた。

 「おまえさんが人を殺した話を一件、おれに聞かせてくれ。そうすれば、おれも人を殺した話をおまえさんに一件聞かせようじゃないか・・・」

 これがこの短編のネックなのだろう。
 そこにタイ人好みの仏教的"業(カルマ)"のおどろおどろしさが加味されて、さながら因果応報の曼荼羅図って趣き。

 シー・ウィーの頃からつい最近までタイの死刑はライフルによる銃殺だったらしい。youtube見ると、十字架に抱きつかせるように縛り、ある程度の距離から背中を狙って数発撃つようだ。現在はもう薬物注入による薬殺に変わったらしい。中国では、至近距離からライフルで後頭部を狙って射殺する方式で、顔半分が吹き飛んだりの惨状を呈し悪評この上ない。執行官も精神的に堪ったものではあるまい。この短編の主人公も、執行前に半時間の読経を欠かさないようだったし。  

 何処の国にあっても、まっとうな世ならいざ知らず、こうまで狡智と悪辣に病み屈折し鬱々とした社会にあってみれば、物事はそう単純にはいかない。大島渚に《絞首刑》(1968年)という作品があった。小松川事件モデルにしたフィクションで、被告人の青年R(事件当時18歳)の死刑執行に失敗し、死刑執行官たちのあれこれすったもんだを些かのブラック・ジョークを混じえての、死刑制度反対を旨とした映画だった。日本のねじれ病んだ社会の体現者でもあり又同時に被害者としてのRであり永山則夫であって、"社会"というものを真摯に立てようとすれば、彼らを"許し"その上で新たな社会=世界を創造する他ない。彼らを引き受け、(共に)乗り越えるというのでない限り、決してまっとな社会なんてあり得ようもないのは、もう余りにはっきりし尽くしてしまっている。空論ではなく誤魔化しようもない現実として。自民党半世紀支配でとっくに終焉した社会・国であり、資本主義なのだから。亡国国家、つまりゾンビー国家でしかない。米国しかり。(後はなし崩し的に、文字通りのジョージ・オーウェル的"1984"世界って訳だろう。)ゾンビー映画が世界的に流行るゆえんだ。つまり、ゾンビーって我々自身の投影でもあったのだ。

Zee_uie_x
 
 それにしても、元自民党・麻生太郎政権下、彼の選挙区で起きた《飯塚事件》→《久間三千年さん冤罪殺人事件》、あれだけ内外から批判・反対されたにもかかわらず、麻生とその配下、自民党法務大臣・森英介が強引に検察・裁判所・法務省とつるんで"死刑"を強行した理由って一体何だったのだろう。
 選挙間近だった麻生の側の理由なのだろうか、それとも法相・森英介の側の栄達の上での理由、あるいは警察・検察・裁判所・法務省つまり司法の側の隠蔽と栄達のための問題でしかなかったのだろうか。久間さんの無罪は既に明瞭なので、"死刑"ではなく、殺害・殺人と呼ぶべきで、元々警察・検察の証拠ねつ造も見え見えで、無辜の一住民を"拉致・監禁"したってことでもあって、だとしたら麻生・森英介は共に同時進行的に"北朝鮮拉致問題"関係の団体に参加もしていたのだから、彼らの言う「拉致」問題って一体何を指していたんだろう。こんなのは、矛盾とは言わない。虚偽という。
 民主党政権に移っても、今だこの問題一指だにされていない。否、あろうことか、以前は死刑反対を唱えていた民主党弁護士議員・千葉景子などは法相になった途端、件の《久間三千年さん冤罪殺人事件》を立件化するどころか完全に封殺し、三人もの死刑執行を認可した。その三人の捜査・裁判の検証をちゃんと逐一やった上での認可だったろうか? まず否であろう。こんな風で、自民党半世紀支配の頃って、警察・司法によって一体どれほど多くの人々が冤罪に陥れられてきたろう。想像に余りある。タイとて事情はそう変わるまい。

《インモラル・アンリアル》ウィン・リョウワーリン 訳・宇戸清治(サンマーク出版)
                            

|

2012年5月14日 (月)

南進英雄譚《神本利男とマレーのハリマオ》

 Photo                                     

 戦前、東洋のマタハリだ、マレーのハリマオだと官製プロパガンダに乗って巷間を騒がせた"英雄"たち。東洋のマタハリこと川島芳子は、清王朝の血脈をうけつぐ満州=日本のスパイとして活躍した"男装の麗人"だけど、やはりあくまで清王朝再建という時代錯誤な悲願の実現が眼目で、日本軍がそれをあくまで口実に中国=大陸の植民地支配を謀らんでいるのがどうにも誤魔化せなくなった頃から離反し始めたようだ。方や南方の、タイ南部からマレー半島一帯を荒らし回っていた強盗団=匪賊の頭目・ハリマオは、日・英開戦後幾らもしない内に公称"マラリアで病死"してしまった。

 邪魔になって関東軍(あるいはひょっとして甘粕)が、川島の元愛人山家亨に川島芳子殺害を命じたものの、山家も当初の王道楽土的理想から大きく外れた満州帝国のありように不快の念を抱いてもいたらしく、それを拒んだようだ。その報復か、あれこれ因縁をつけられた挙げ句、山家は軍法会議にかけられ投獄されてしまう。
 ハリマオも、日本軍にとっては、"マレー侵攻作戦"がスムーズに進行できたからには、もう早速に"不要"というより、むしろ無用な長物、マレー占領後の植民地化に際して、逆に(反日的)な抵抗勢力に転じかねない"邪魔者"でしかなかった。"マラリア死"が真実であれどうあれ、谷豊=ハリマオは、どっちにしろ抹殺されるべき存在であったろう。決して十分とはいえない資料の量と質ではあるけれど、かなり直情型の性格であるようで、屈折した心理・コンプレックスを巧みに衝いて籠絡するぐらい手練れのF機関の藤原岩市少佐や神本たちにとって朝飯前だったろう。

 有名な割にはハリマオ=谷豊に関するデータって本当に少なくて、これはちょっと詳しそうだとネット経由で入手してみたこの1996年刊の《神本利男とマレーのハリマオ》、肝心のハリマオはおざなりで、むしろ、著者と同学(拓大)の神本に重点がおかれている。拓殖大学自体や神本が大学時代に在籍していたボート部でのことなんかを、いかにも意味ありげに、針小棒大に喧伝したりで、自らの母校への想い込みは勝手だけど、平衡感覚を疑ってしまう。

 それ故にか、神本とハリマオとの実際の関わりが不鮮明で、フィクションなのか史実なのか定かでない。著者自身、マレーシア在住のイスラム教徒らしいが、それがうまく活かされたとは到底いえず、かえって"現地"ならではの制約となっているのではと穿ち視すらしてしまう。 ハリマオとその一党の資料の元々の僅少さを、神本に関する記述で補おうとしているとしか思えない。否、ハリマオは人寄せのキャッチ・フレーズで、神本と拓大の宣揚が著者の本旨と断じられても文句は言えないくらいだ。

 只、この著作こそが、現在の水準あるいはブログなどで流布しているハリマオに関する記述の基本的資料となっているようで、その逆ではないのだろうから、やはりそれなりの努力・成果は認めざるを得ないのだろう。つまり、基本的データ・研究が余りに少な過ぎるということに尽きる。ハリマオの死の後、神本も赴任先のビルマで"マラリア"に罹って衰弱し、ペナンから潜水艦で帰国の途中撃沈され戦死したという。もし、ハリマオ=谷豊が病死せず、元気に生き延びていたとしたら、一番近しかった神本あたりに、ハリマオ殺害の指示が出ていたかも知れない。

 因みに、神本は日本国内では郷里の北海道で警察に入り、後、満州国治安部に移り、更に本土に戻って初期のスパイ養成学校たる"中野学校"で訓練を受け、あの甘粕正彦から呼ばれ、満州の治安公署から甘粕の組織のハルピン分室へと移動。そして、昭和十六年初頭、陸軍の指示で件のタイ南部へと赴くこととなったらしい。甘粕ってのが何とも胡散臭い。

 甘粕といえば、かの有名な大正末の関東大震災のドサクサに紛れた軍部の謀った"無政府主義者・大杉栄、その妻・伊藤野枝さらに六歳児の甥"虐殺事件の主犯だが、実際大杉と野枝は殴る蹴るなどの暴行の果てに絞殺、つまりリンチ殺人の類で、あげく幼子まで絞殺した悪逆極まりない犯行であった。それでも、公判中は、かなり甘粕やその配下の者たちによるぬすくり合いの様相を呈したようでもあったらしい。で、三人も殺しておいて、死刑でも無期でもなく、たった十年の懲役。それもほんの三年で仮出獄し、結婚してさっさとフランスへ洋行。全く呆れ果てた司法と権力。やりたい放題。

 この著者も、そんな甘粕を擁護し美化しようと、本当は手を下してなくて「軍部の犠牲になり罪を一心に背負った」と、予じめ用意されていたように僅か三年で仮出獄し、結婚し渡仏の運びとなった事をその証拠としてあげている。しかし、それは悪逆・卑劣という世間のレッテルと引き替えに得た"報酬"あるいは"対価"以前の、単なる当初からの青写真的プロセスでしかない。渡仏以降が正に対価ともいうべき"報酬"のコースなのだろう。やがて満州の陰の帝王として君臨することができたポストまで。それに実際に六歳の幼子まで、誰が手を下し絞殺したかどうかなんて、"軍事作戦"で果たして意味なんかあるだろうか。たまたま彼がその虐殺事件の実行犯たちの中で最高責任者たるポジションに居たから"責任"を問われ、三年という子供だましのような刑期を務めさせられたに過ぎない。それも、他の実行犯たちが得られなかった花のパリ遊行やその後のおいしい待遇などの褒美が待っていたのだから、"犠牲"は些か違和感あるのではなかろうか。

 そんな胡散臭い甘粕のいわば"秘蔵っ子"と言えなくもない神本って、やはり何としても怪しいし、その疑念を払拭するに足る資料・説明なりが見られない。神本が甘粕の配下だったとはこの本で初めて知って、あらためてその疑念は深まった。
   
 《神本利男とマレーのハリマオ》  著・土生良樹 (展転社)1996年
 

|

2012年5月 5日 (土)

デンマークのSFホラーパロディー 《 パラサイトX 》

Vikaren_2

 このデンマークの デンマークのSF=ホラー映画《 パラサイトX 》Vikaren(2007年)、一言で言えば、どのシーンもデティールも皆どこかで観た覚えのあるものばかりの寄せ木細工的なパロディーってところ。只、安っぽいコミカル物に堕すことなく、スピルバーグの《 宇宙戦争 》と相似したイントロ(とエピローグ)のナレーション後のプロローグが中々映像的にもSF=ホラーの蠱惑的な、未知との遭遇的な期待感を十分に抱かせるほどに面白く、続く学校シーンも、何しろ使われる言葉が、英語ともドイツ語とも違う語感のデンマーク語だと分かった後も、杳(よう)として馴染まぬ妙な違和感が相乗効果をあげ、北欧の小六の少年少女たちの姿態ともどもに異空間に遭遇でもしたかのような想持ちに囚われてしまう。異境をさまようブルー・バス的緊張と愉悦。
 子供たちが主人公のSF=ホラーって、近年ではスピルバークの十八番で、かつては今じゃすっかりクラッシック的金字塔としていぶし銀に輝く《 光る眼 》(1960年英)なんてものもあり、続編や90年代にはJ・カーペンターによってリメイクもされている。オリジナルはモノクロ(白黒)故に一層オドロオドロしさが際だった結構面白い小品であった。

Vikaren_1
 
 空一面渦巻く暗雲の間から突如降り立ち巨大なサイロのある養鶏場にエイリアンが忍び寄るシーンに始まり、同じ養鶏場で寄生(パラサイト)された養鶏場の女房=女教師が文字通り粉砕され消滅し、光る羽虫=エイリアンに戻って逃げ去ってゆくシーンで終わる。その光る羽虫の空から降りてきた乗り物がバレー・ボール大の球体で、一見ステンレス・スチール風。これは、同じ少年が主人公だった米国映画《ファンタズム》の殺人ボールを彷彿とさせる。
 しかし、寄生された女教師、実は代用教師だが、彼女の正体を知った生徒たちが女教師を悪魔だエイリアンだと指弾したのを小児的妄想と断じた学校側と親たちが、生徒たちと女教師の関係を修復するために取り持った生徒たちも参加した父兄会の会場の無人の一角で、女教師の持参した球体から、何と文部大臣のダミーが作り出されたりもする機能も備えている。
 これだと、やはり、J・カーペンター監督の《 スターマン 》で、人工衛星ボイジャーが発した"ユア・ウェルカム"という言葉を真に受け地球を訪れたエイリアンたるジェフ・ブリッジスが手にしていた、掌から浮き上がり発光して飛び回ったりする小さな球体と相似で、人類に何らかの興味と期待を抱いて遙々やって来たエイリアンとい点でも同様。そもそも巨大に屹立したサイロってのも、《 エイリアン 》だったかどこかで似た映像を観た覚えがあるけど、逐一挙げていたら切りがない。

Vikaren_3

 巨大なサイロのある養鶏場に侵入してきたエイリアンは人類の"愛"を求めて遙々地球を訪れたらしい。人類に独特の属性として備わった"愛"に好奇心を持ち、人間をサンプルとして拉致(アブダクション)するためにわざわざ訪れたのだ。それで選ばれたのが、件のデンマークのとある小学校の少年少女たちであった。"無垢"な存在としての子供たちなのか、成人や老人と等と同様にそれぞれの一つのカテゴリーとしての子供だったのかは定かでない。
 話はちょっとそれるが、所謂"愛"ってのはむしろ動物一般の属性というべき共属的親密性であって決して人類・人間に特有なものではなく、観念としての"愛"はキリスト教あたりから派生した独善的偽善的なイデオロギーに過ぎないというべきではなかろうか。人間って、喰い、排泄しそしてまぐわう本能的な姿をリアルに直視すれば、それこそ動物的な、余りにも動物的過ぎる存在であって、人間だけが本質的に他の動物・生物一般と乖離した遙かに高尚な存在だなんてどこから出てくるのだろう。何故、他の動物と同じ一動物種じゃ悪いのだろうか。

 女教師ウーラ役のパプリカ・スティーン、八面六臂の熱演だけど、要は、寄生され変容したウーラと、最近母親が事故で亡くなってその死を受け入れられず鬱々とした日々を送っていた少年カールとの一騎打ち。これも頻(よ)く使われ手法だが、その傷心したカールの心の葛藤・克服(プロセス)劇を基本軸に据えドラマ全体が展開されてゆく。つまり、ようやく辿り着いた結末の直後、   "本当は、すべては傷心の少年カールの作り出した妄想でした!"   って、"どんでん返し"あるいは"煙に巻く"式の青天の霹靂的反転が仕掛けられているって寸法だけど、実際にはそれはなく、もっぱら伏線として秘されたまま。つまり、制作者の都合でどうにも変えられる程度の緊密度。この映画、全体的にゆるく、《 光る眼 》のような緊張度は薄い。またコミカル風なのであろうが、今ひとつ面白味ってものが感じられない。映像的には、とくにプロローグは、悪くはないのだけど。

         
監督  オーレ・ボールネダル 
脚本  オーレ・ボールネダル 
   ヘンリク・プリップ 
撮影  ダン・ローストセン
                    2007年作品(デンマーク)

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »