« デンマークのSFホラーパロディー 《 パラサイトX 》 | トップページ | 希代の吸血鬼との対話  《死刑執行人》 ウィン・リョウワーリン »

2012年5月14日 (月)

南進英雄譚《神本利男とマレーのハリマオ》

 Photo                                     

 戦前、東洋のマタハリだ、マレーのハリマオだと官製プロパガンダに乗って巷間を騒がせた"英雄"たち。東洋のマタハリこと川島芳子は、清王朝の血脈をうけつぐ満州=日本のスパイとして活躍した"男装の麗人"だけど、やはりあくまで清王朝再建という時代錯誤な悲願の実現が眼目で、日本軍がそれをあくまで口実に中国=大陸の植民地支配を謀らんでいるのがどうにも誤魔化せなくなった頃から離反し始めたようだ。方や南方の、タイ南部からマレー半島一帯を荒らし回っていた強盗団=匪賊の頭目・ハリマオは、日・英開戦後幾らもしない内に公称"マラリアで病死"してしまった。

 邪魔になって関東軍(あるいはひょっとして甘粕)が、川島の元愛人山家亨に川島芳子殺害を命じたものの、山家も当初の王道楽土的理想から大きく外れた満州帝国のありように不快の念を抱いてもいたらしく、それを拒んだようだ。その報復か、あれこれ因縁をつけられた挙げ句、山家は軍法会議にかけられ投獄されてしまう。
 ハリマオも、日本軍にとっては、"マレー侵攻作戦"がスムーズに進行できたからには、もう早速に"不要"というより、むしろ無用な長物、マレー占領後の植民地化に際して、逆に(反日的)な抵抗勢力に転じかねない"邪魔者"でしかなかった。"マラリア死"が真実であれどうあれ、谷豊=ハリマオは、どっちにしろ抹殺されるべき存在であったろう。決して十分とはいえない資料の量と質ではあるけれど、かなり直情型の性格であるようで、屈折した心理・コンプレックスを巧みに衝いて籠絡するぐらい手練れのF機関の藤原岩市少佐や神本たちにとって朝飯前だったろう。

 有名な割にはハリマオ=谷豊に関するデータって本当に少なくて、これはちょっと詳しそうだとネット経由で入手してみたこの1996年刊の《神本利男とマレーのハリマオ》、肝心のハリマオはおざなりで、むしろ、著者と同学(拓大)の神本に重点がおかれている。拓殖大学自体や神本が大学時代に在籍していたボート部でのことなんかを、いかにも意味ありげに、針小棒大に喧伝したりで、自らの母校への想い込みは勝手だけど、平衡感覚を疑ってしまう。

 それ故にか、神本とハリマオとの実際の関わりが不鮮明で、フィクションなのか史実なのか定かでない。著者自身、マレーシア在住のイスラム教徒らしいが、それがうまく活かされたとは到底いえず、かえって"現地"ならではの制約となっているのではと穿ち視すらしてしまう。 ハリマオとその一党の資料の元々の僅少さを、神本に関する記述で補おうとしているとしか思えない。否、ハリマオは人寄せのキャッチ・フレーズで、神本と拓大の宣揚が著者の本旨と断じられても文句は言えないくらいだ。

 只、この著作こそが、現在の水準あるいはブログなどで流布しているハリマオに関する記述の基本的資料となっているようで、その逆ではないのだろうから、やはりそれなりの努力・成果は認めざるを得ないのだろう。つまり、基本的データ・研究が余りに少な過ぎるということに尽きる。ハリマオの死の後、神本も赴任先のビルマで"マラリア"に罹って衰弱し、ペナンから潜水艦で帰国の途中撃沈され戦死したという。もし、ハリマオ=谷豊が病死せず、元気に生き延びていたとしたら、一番近しかった神本あたりに、ハリマオ殺害の指示が出ていたかも知れない。

 因みに、神本は日本国内では郷里の北海道で警察に入り、後、満州国治安部に移り、更に本土に戻って初期のスパイ養成学校たる"中野学校"で訓練を受け、あの甘粕正彦から呼ばれ、満州の治安公署から甘粕の組織のハルピン分室へと移動。そして、昭和十六年初頭、陸軍の指示で件のタイ南部へと赴くこととなったらしい。甘粕ってのが何とも胡散臭い。

 甘粕といえば、かの有名な大正末の関東大震災のドサクサに紛れた軍部の謀った"無政府主義者・大杉栄、その妻・伊藤野枝さらに六歳児の甥"虐殺事件の主犯だが、実際大杉と野枝は殴る蹴るなどの暴行の果てに絞殺、つまりリンチ殺人の類で、あげく幼子まで絞殺した悪逆極まりない犯行であった。それでも、公判中は、かなり甘粕やその配下の者たちによるぬすくり合いの様相を呈したようでもあったらしい。で、三人も殺しておいて、死刑でも無期でもなく、たった十年の懲役。それもほんの三年で仮出獄し、結婚してさっさとフランスへ洋行。全く呆れ果てた司法と権力。やりたい放題。

 この著者も、そんな甘粕を擁護し美化しようと、本当は手を下してなくて「軍部の犠牲になり罪を一心に背負った」と、予じめ用意されていたように僅か三年で仮出獄し、結婚し渡仏の運びとなった事をその証拠としてあげている。しかし、それは悪逆・卑劣という世間のレッテルと引き替えに得た"報酬"あるいは"対価"以前の、単なる当初からの青写真的プロセスでしかない。渡仏以降が正に対価ともいうべき"報酬"のコースなのだろう。やがて満州の陰の帝王として君臨することができたポストまで。それに実際に六歳の幼子まで、誰が手を下し絞殺したかどうかなんて、"軍事作戦"で果たして意味なんかあるだろうか。たまたま彼がその虐殺事件の実行犯たちの中で最高責任者たるポジションに居たから"責任"を問われ、三年という子供だましのような刑期を務めさせられたに過ぎない。それも、他の実行犯たちが得られなかった花のパリ遊行やその後のおいしい待遇などの褒美が待っていたのだから、"犠牲"は些か違和感あるのではなかろうか。

 そんな胡散臭い甘粕のいわば"秘蔵っ子"と言えなくもない神本って、やはり何としても怪しいし、その疑念を払拭するに足る資料・説明なりが見られない。神本が甘粕の配下だったとはこの本で初めて知って、あらためてその疑念は深まった。
   
 《神本利男とマレーのハリマオ》  著・土生良樹 (展転社)1996年
 

|

« デンマークのSFホラーパロディー 《 パラサイトX 》 | トップページ | 希代の吸血鬼との対話  《死刑執行人》 ウィン・リョウワーリン »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事