« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の3件の記事

2013年2月23日 (土)

《 博士の異常な愛情 》大量報復熱核戦争行進曲

Drstrangelove_1                                                                                                                                       

 1963年といえば米国の傀儡の南ベトナム国王ゴ・ジンジェムが、宗主国たる米国の意に添わなくなったためクー・デ・ターを起こしたベトナム軍将校達に殺害されたり、隣国の韓国では、同じく米国の傀儡のファッシスト=朴正煕パク・チョンヒが大統領になり名実共の札付き軍部独裁ファッシストとして君臨することになったり、宗主本国=米国でも、ケネディー大統領がダラスで暗殺され、大統領といえども、所詮実際の"権力"の"番頭"程度の存在でしかないことが露呈してしまったりの記憶されるべき歴史的な年であった。
 この東西冷戦の真っ直中の1963年にこのスタンリー・キューブリックの代表作の一つ《 博士の異常な愛情 : または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか 》が作られた。《時計仕掛けのオレンジ》同様ブラック・ユーモアの趣きで、テーマがシリアスなだけに一層そのブラックさが際立っている。就中、ピーター・セーラーズ演ずる車椅子に乗った元ナチ科学者"ストレンジラヴ"博士の「 総統!! 私は歩けます! 」と高らかに勝ち誇って叫ぶシーンはその白眉。

Drstrangelove_3

 
 米国のある戦略空軍基地の司令官ジャック・D・リッパー将軍が反-共産主義的パラノイア症候群とでもいう心的病に陥いり、先制攻撃主義の虜となって独断で配下の核爆弾を積んで常時飛行中の戦略空軍爆撃部隊にソ連の軍事基地攻撃を命ずる。やがてホワイトハウスの知ることとなって、大騒ぎ。作戦室に大統領はじめ政府首脳と軍幹部達が居並び、ソ連の駐米大使も呼ばれ、何機もの核爆弾搭載の爆撃機が一斉にソ連のそれぞれの目標に向かっていることをホット・ライン電話でソ連首相に伝え善後策を協議することとなる。予め作戦要領で確定されている各機の侵入ルートと攻撃目的地をソ連側に教え、英国将校マンドレイクが解読したリッパー将軍が自殺して不明になった各機に対する呼び出しコード番号で各機に連絡して、三機がソ連の迎撃で撃墜された以外は皆帰還し始め何とか一件落着の安堵に包まれたのも束の間、ソ連首相からまだ一機だけ飛行を続けていると怒りの連絡がある。事故か自己破壊装置が作動したためか外部との連絡が取れなくなったコング少佐の一機が燃料洩れで本来の目的地より大部近い目的地に変更し決死の爆撃行へとひた走り続け、ついに目的地にコング少佐自身が跨った核爆弾(水爆)が投下される。
 ソ連が秘密裏に経済効率をも加味して作った敵国に核攻撃されると自動的に作動する最終戦略大量報復兵器【全生物殲滅装置】、世界中に半減期100年という強烈なコバルト・ソリウムの放射能をばらまき一切の生物を死滅させてしまう超級水爆が、自動的に作動。世界は大量の死の灰に蔽われてゆく・・・第二次世界大戦の頃英国で流行ったヴェラ・リンの唄う『また会いましょう』We'll Meet Againがゆったり流れる中、キノコ雲の祭典が繰り広げられる(エンディング)。ナチス・ドイツ科学の粋ともいえるミサイルV1(報復兵器第1号: 宣伝相ゲッペルスが命名)、V2(報復兵器第2号)がドーバー海峡を越えロンドンに飛んできて炸裂する光景とダブらせているのだろう。実に象徴的且つこれ以上ないシニカルな歌詞となって再び二十年後に甦ったという訳だ。

  また会いましょう

  何処かわからない いつかもわからない

  けれどきっとある晴れた日にまた会いましょう

 

Drstrangelove_2
 
 一部の権力者達のみ、遥か地底の奥深くに伸びた坑道を地下基地に造り替え、地上の放射能が半減するのを待ち続ける。ノアの箱船の如く。只違うのは、旧約聖書では"正直者"ノア故に乗れたのが、現在では逆にソドムとゴモラを牛耳っている札付きばかりが正直者達を追い払って我がもの顔でふんぞり返っているということで、それは再びソドムとゴモラの再建以外、悪逆の再生産以外の何ものをも意味しはしない。
 米国大統領が不安げに問う。

 「100年も?」

 不気味な笑みを浮かべてストレンジラヴ博士が応える。

 「大丈夫。原子力発電で動力も確保でき生産も食料も簡単に手に入り、男1人に女10人の割合で生殖活動すれば遠からず人類は復活できます」

 最初キューブリックが企図したのは、車椅子からぎこちなく起きあがったストレンジラヴ博士の名セリフ「総統!! 私は歩けます!」の後に、全員でのパイ投げ合戦のシーンだったようだ。それも単なるお笑いではなくて、パイ投げの果てに「奴らも本当はそんなに悪い奴じゃない」という和解あるいは予定調和的な親和的な感慨を洩らすという設定だったらしく、大洪水ならぬ死の灰の氾濫した世界という結末に一縷の救いを求めたのだろうか。それだと蛇足に過ぎてしまいかねない。ケネディー暗殺事件でそのシーンがカットされたという話もあるようだが、正解だったようだ。
 
 元ナチ科学者・ストレンジラヴ博士、米国の核兵器開発に係わった(ユダヤ系)科学者達の一つの典型として造形された人物像であって、かならずしも特定の科学者をモデルにした訳でもないだろう。札付きのジョン・フォン・ノイマンやエドワード・テイラー、そしてヴェルナー・フォン・ブラウン等がその対象となったのだろう。
 "原爆の父"オッペンハイマーなんかは、アインシュタインと相違してモロ開発に関与したものの、それはむしろ原爆のその圧倒的な破壊力に世界の権力者(軍国主義者)達が恐れをなして核兵器に手を出したりしなくなることを企図しての戦略的な関与だったらしく、後、その些か反戦的な意趣で"水爆の父"と呼ばれたエドワード・テイラーと関係が悪化したという。彼は他の何人かの科学者と共に、米国だけが独占的に優位に立つのを危惧し、核開発技術をソ連にも伝えたともいわれている。実際米国だけが圧倒的優位に立っていたら恐らく世界史ももっと変わった(当然現在よりも遙かに悪く)ものになっていたかも知れない。

Drstrangelove_4

 オッペンハイマーの意志に反して実際に二つの都市(市民)に対して使われたことに彼は驚きと共に後悔したという。アインシュタインすら、米国の大統領にナチ憎し恐るべしで原爆開発=使用を、他のユダヤ人科学者と連名で教唆し推進する挙に出、結局彼らの一連の働きかけの結実として米国の原爆(水爆)=核兵器開発および使用があったことには変わりはない。彼らは第一次世界大戦を経験済みにもかかわらず、権力(軍)が如何なる精神構造の持ち主か、あるいは両大戦が所詮"帝国主義"的な植民地争奪戦でしかない簡単な事実すら把握出来なかったのだ。
 知能指数なんてあくまで権力・企業にとっての有用指数でしかない。
 やはり知性とイマジネーション、この権力・企業が一番嫌い憎むものこそ、人間に先ず必要ってことだろう。
 勿論それは普通誰でも子供でも持っているはずのものなのだが。アインシュタイン達って、シミレーションなんかはお手の物でも、イマジネーションにおいて著しく欠けるものがあったようだ。

  昨今の何処かの国のように、ベトナム戦争時に米国の傀儡と呼ばれた自民党総理・佐藤栄作の"ノーベル平和賞"受賞以来(かの非暴力・無抵抗主義者のガンジーは幾度も受賞を拒否したという)どんないかがわしい賞か分かってしまったノーベル賞を貰って得意満面の科学者なんかが、" 一番でなけりゃ駄目だ!! "とばかり明治維新以来の立身出世物語的スローガンを、相も変わらず連呼し、先年の"東北大震災・ツナミ&東電原子炉爆発事件"の第一責任者=自民党と官僚・関係(科)学者達の誰一人として、二万人の死者と多くの人々が悲惨の巷に苛まれているにもかかわらず、今だに責任を取ろうともしない亡国的・没知性的惨状など何処吹く風の、更なる惨状を謀っているってことで、前述のアインシュタイン達の傾向性が単に偶然的なものじゃなく、もっと本質的なところから出たものではないかと云ってしまうと平衡を欠くだろうか?


監督  スタンリー・キューブリック
脚本  スタンリー・キューブリック
     ピーター・ジョージ
     テリー・サザーン
原作  ピーター・ジョージ
撮影  ギルバート・テイラー
音楽  ローリー・ジョンソン



コロンビア映画 1964年公開(米国)

|

2013年2月 8日 (金)

 バリ的因果応報的曼荼羅《 時を彫る男 》 ; オカ・ルスミニ

Bali_3


 「コバッグは鋭利な彫刻用の刀を取り落とした。彫刻刀の刃は、あやうく彼自身の足を刻むところだった。全ては部屋の隅の扉から漂ってきた奇妙なにおい、まるで乾いた葉と生木のようなにおいを嗅いだせいだった。奇妙だ、コバッグをそれほどに落ち着かなくさせるにおいはどこから来るのか。
 そのにおいはますます近づいてきた。

 『誰だ。』

 『ルー・スレンギでございます。』

 『スレンギ? 何者だ。』コバッグは身震いがしてきた。そのにおいはますます近づいてきて、彼の胸を息苦しくさせた。彼の手は求めていた。彼には彫刻の道具が必要だった。尖った彫刻刀が脳裏に浮かんだ。そのにおいが完全に彼のなかの男性を目醒めさせたとき、身震いした。」

 
 のっけから邂逅が、バリの濃緑の熱帯世界での因果応報的カルマの産物ともいうべき主人公・コバッグと彼の身の回りの世話をする役を仰せつかった女ルー・スレンギーとの運命的な出逢いが語られる。
新潮社から出た《天国の風 アジア短編ベスト・セレクション 》(2011年)、ベトナム作家チャン・トゥイ・マイの表題作《天国の風 》(爽やかなベトナムの風を想わせるようなドイ・モイ世代の甘酸っぱい恋愛物語って感じは悪くはない)やタイのカム・パカー《ぼくと妻/女神》等それぞれの国の特殊性の上に醸成された中産階級的感性漂うナウい作品多い中で、このインドネシア・バリの女性作家・オカ・ルスミニの短編《 時を彫る男 》は、異彩を放っている。

 すぐ脳裏に浮かんだのが、大陸アジアの漂泊者=故・甲斐大作の短編集《シャリマール》の一編《グリスタン 花園》であった。アフガンが舞台の、カバーブ職人・タジク人のムザッファルと現地でマジュザムと呼ばれる癩病を患った乞食女・ソーサンとの倒錯的なまでの官能的恋愛物語なのだが、砂塵舞う荒涼たる大地と粘るような熱帯雨林との相違はあれ、正にパッションとも呼ぶべき激しい倒錯的官能性に貫かれている。

Bali_1
 
 イダ・バグス・マディ・コバッグ、バリ・ヒンドゥー社会での最高カーストのブラフミン階級出自のこの青年は、"野蛮な目"の"おぞましい獣"と世間に誹られ、"穴のあるすべての創造物は入るために存在した"と疎まれた父親のカルマ(罪障)を一身に浴びてか、産まれながらにして盲目であった。母親はその男の"獣の肉"を自分の子宮に預けられ、自分の命と引き換えにその男の分身=息子を産み落とし、コバックは母の顔も知ることもなかった。淫蕩放埒にうつつを抜かし財産を蕩尽しつくした父親ではあったが、その盲目の息子が幼い頃より従者の老ブグレッグに彫刻のエッセンスと技術を徹底的に教わり注ぎ込まれ、今ではバリ随一の彫刻の匠としてその名をほしいままにし、それで得た財を元にして父親は、一流ギャラリーのオーナーとしてすっかり名誉を回復していた。ところが父親が新たに娶ったバリで一番多いカースト"スードラ"階級出のニ・ルー・プトゥサリ、結婚後はジュロ・ムラティと改名し、貧しい出自故に上昇志向が強く、世間には華麗な美妻良妻を装っていたものの、陰では盲者コバッグに露骨に邪険さを剥き出しにするのだった。


 「コバッグが杖を取ろうとすると、ルー・スレンギが急いでそれを手伝った。二人の手が触れ合った。コバッグは動揺した。その女性の肌はまるで樹皮のように感じられた。尋常ではない。その女性は、いかに神聖な一本の木あるいは木塊が美しいといえども、それを超える美しさを備えているに違いない。
 今初めてコバッグは生を享受できるのだと感じていた。人間という名の生き物に対して、こうして客観的な評価を与えることができるのだと。これまでは、コバッグは単に最も近い人々の決定を聞くだけの客体でしかなかった。彼の周りの人々が言うことには何でも、従わねばならなかった。しかし今、コバッグは、自分たちの基準とする真理を熱心に他人に押しつけようとする人々によって信じられているものとは別の真理を、見つけたと感じていた。」


 「コバッグにはわかっていた。実によくわかっていた。盲(めしい)の男に生まれるというのは生きる意欲を削がれるものに違いない。女を目で鑑賞することもできない。しかし、五体満足の人間として生まれたものが、人生のすべての秘儀を掴み取ることができるだろうか。森羅万象にしっかりと捉えられ、秘匿されている秘儀を。
  (略)
 その若い女の美しさは、彼にとって並はずれたものだった。その体は木の窪みに似ていた。顔全体もまたそのとおりだった。彼女こそ最も美しく、愛らしい木だった。しかし奇妙だった。その美しさを見出すことができる人間はいないのだ。誰一人として彼女のうちに森羅万象が宿した美を評価することがなかったのである。」


Bali_4


 インドほどに歴史の古くはないバリのヒンドゥー=カースト制だけど、現実にはまだまだ結婚なんかの特別な場合にはその呪縛力を発揮するらしく、コバッグの老従者ブグレッグもやはりスードラ・カーストの出自で、遥か以前まだ十四歳の頃、毎回ダユ・チュンタの水浴のお供をさせられ、余りにも純白の肌に彼はすっかり虜になってしまい、熱い恋情と激しい欲望を押さえられなくなってしまった。が、何しろ相手は到底手の届くはずのないブラフミン・カースト、泣く泣く断念せざるを得なかった。その故にか性的不能に陥ってしまい、気付いたらはや七十の齢を越えていた。そんなある日、手塩にかけて育ててきた青年コバッグが、唐突に、老従者ブグレッグに告げた。


 「『・・・私は妻を娶りたいのだよ。グブレッグ。』コバッグの声は実に真剣に聞こえた。
   (略)
  『ぼくにはもう相手がいるんだ。今回の選択は変えられない。』

  『どなたですか。』

『ルー・スレンギだ。』

『坊ちゃん・・・』

 グブレッグは息がとまりそうだった。ルー・スレンギだと? この老いぼれた耳が聞き違いをしたのではなかろうか? ルー・スレンギというのはコバッグの身の回りのあらゆる世話をする娘ではなかったか? 工房を掃除し、食事を用意し、彫刻刀を手渡していた娘ではなかったか? 
 その娘は女ではなかった。彼女はおぞましい生き物と言った方がふさわしかった。足は跛(びっこ)をひき、背は曲がり、そこには大きなこぶが生えていた。左の目はえぐれていた。容貌は大きく損なわれていて、肌もひどく荒れていた。ヒヤン・ウィディ、この世の支配者よ。コバッグの体にどんな神が宿っているのか? コバッグにはわかっているのだろうか、美しさの意味というものを彼は知っているのか。グブレッグは息を吸い込んだ、深く、そして胸元を強く握りしめた。
 『ぼくはもう毎晩、その娘と寝ているんだ、グブレッグ。彼女の体はまさに木の窪みのようだ。肌も樹皮のようだ。ぼくが身を沈め彼女の中に入っていくと、ぼくは溺れ、果ててしまう。彼女は最も美しい女性だ。ぼくの木の美しさをも凌ぐような女性だ。彼女がその裸身をあらわにすると、その切れ味と競うことができる彫刻刀はひとつとしてない。その女はぼくの男性の肉体を研ぎ上げるのだ。』
 グブレッグは倒れた。その薄い胸を、一本の彫刻刀が貫いていた。」 


Bali_6


 尋常ではない樹木・樹皮的存在との衝撃的であるが、その実眼に見えぬ因果応報的な紅い糸で結ばれていたような邂逅、それはアニミズム的には"樹木の精"に憑かれたのであろうし、更に又バリの最高神(サン)ヒヤン・ウィディ神的恩寵とも呼ぶべきものだろう。森羅万象的因果応報の熱帯雨林的原色の曼荼羅と云ってしまうと些か通俗的過ぎるだろうか。

 短い短編ではあるが様々な要素が織り込まれていて、読み手の解読次第ってところだろう。例えば、下位カーストの少年が上位カーストの少女に惚れつき合ったため、少年の母親が泣き叫び慈悲を乞う前で、少女側の家族やカーストの連中が走ってきた路面電車に少年を放り込み惨殺したなんて当たり前のインドほどに絶望的なトーンは帯びてはいないものの、やはりバリ人たちの心身に執拗に絡みついてはいるらしい社会的軛としてのカースト制や、傍若無人にひたすら己に、己の欲望に忠実な、世間的には淫蕩・放蕩三昧に明け暮れるかのサド侯爵に相似したような飽くなき欲望の探求、そしてそれは又、盲いた息子の樹木=森羅万象(ヒヤン・ウィディ)との合一をひたすら求め続ける探求心と同じ一枚のメダルの裏表の関係等。
 更に、父親の美嫁ニ・ルー・プトゥサリや、彼女がコバッグの嫁にしようと企んだ、村人たちに貧しさに堪えられず、体を安売りする"奔放なあばずれ女"とか蔑まされている彼女の妹とくれば、もう絵に描いたように、江青やリョサの《悪い娘の悪戯》のヒロイン=ニーニャ・マラと同様、貧民出自の"成上がり譚"以外の何ものでもない。


《天国の風 アジア短編ベスト・セレクション 》2011年刊(新潮社)
  《 時を彫る男 》(1996年)オカ・ルスミニ 訳・森山幹弘

|

2013年2月 2日 (土)

《 朋友 》旧館~《 旧大連航路上屋 》

Phot

   ( すっかり小綺麗になってしまった萬龍 )

 新年ってことで、もう廃港の趣きの【国際港】門司港へ行ってみた。
 案の定、プレハブ・カスタムの前にはぺんぺん草が伸び、冷たい海風にわびしくなびいていた。ガラス・ドアから中を確かめてみると薄暗くガラーンとして人っ気の一片だに窺えない。対岸の下関側の岸壁には何時来ても釜山か青島からの白い大型フェリーの姿がくっきり望めているのと対称的。【国際港】門司港の定期航路線は廃されて既に久しいが、それでも稀に、大型旅客船が停泊することもあるという。大型過ぎてか、二隻のタグ・ボートが引っ張り、旅客船の横っ腹の二カ所を押しながら接岸させるらしい。

 そのカスタムの、道路を隔てた斜め前に、《 旧大連航路上屋 》なる看板のまだ工事中だけど嘗ての横にだだっ広い税関跡の建物をリニューアルした"箱物"が立てられている。外装は完成し、後は内装と前の舗道の工事ぐらい。今春ぐらいにはオープンするのだろうが、今までの実績からして"横並び"がせいぜい。税金使ってんだろうから、せめて、観光バスに乗ってやってくる客達に"詐欺"呼ばわりされないぐらいのモノは作って欲しいものだ。

Phot_2

     ( 倒壊寸前の"朋友"旧館 )


 藤原新也指定中華餐館《 萬龍 》はいつもの佇まいで健在。
 もう一つの気になっていた中華麺館《 朋友 》、大分前に移った先で頑張っているけど、肝心の表通りの角の、青錆の吹き出た昭和のくすんだ佇まいの旧館は、もう荒れるに任せた感じで、殆ど倒壊寸前。建物には倒壊予防なのか青いネットが張り巡らされ、【通行注意】の看板まで立っている。路地側にも路面に注意書きが施され、下手すると今年中には倒壊してしまいそう。もう朋友の手から離れている感じだけど、一体どうなるのやら。行政側が「レトロな町作り」の一環としての再建なんてやりそうもなく、そもそもが自民党半世紀支配の賜物="慢性不況"故に、所詮自民党の補完物でしかない民主党政権ごときが押し留めべくもなく、すっかりこの町ひいてはこの国の実貌を明かして余りある惨澹。

Phot_3

 
 その門司港より遙かに繁華な隣町に赴くと、ちょっと入った道路沿いにあるゴミ捨場に、ふと見慣れないモノを発見。一種の既視感と違和感の綯い交ぜになった不可解さに、「あれれ・・・」と思わず立ち止まってしまった。普通に見慣れたゴミ出しにおける注意書の上に明らかに別種の見慣れないモノが掲示されていたのだ。
 「星期・・・」あれ、これってひょっとして中国語の曜日を現す「星期」(シンチー)?
 見ると他の文章も皆簡体字(人民中国的漢字)ではないか。
 「指定のゴミ袋の中に入れて収集日にお願いします」
 大都市(日本には東京と大阪しかないが)じゃもう当たり前なのかも知れないけど、地方都市じゃあ珍しい。それともぼくが気がつかなかっただけ?
 
 この辺りは中国は山東省(青島・煙台・済南など)からの留学・修学生が多いらしく、あっちこっちで働いているようだ。今じゃ(日本中)ファースト・フード店じゃ当たり前。尤も、マクドナルドみたいなとこじゃ、こき使われた割にゃ安い賃金なんで、幾ら頑張っても到底彼等の望むような額に至れまい。それでも、慣れないと大変そうなマックのカウンターの向こうで、浮かべる微笑すら些か強ばって、今ひとつ覚束ない日本語での注文取りをしている小姐(むすめ)たちを見るにつけ、彼女たちの先が思いやられてしまう。何しろ、皆、一人っ子政策で大事に育てられていて、嘗ての華僑なんかのしたたかな強靱さや柔軟さなんて望むべくもないのではないだろうから。老婆心に過ぎないのかも知れないが。仕事終わると店のテーブルに一緒に坐ってセット・メニューをパクつきながら、携帯の画面に没頭するばかりの小姐たちではあった。 


|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »