«  川の向こうはもうミャンマー タイ北部 "メー・サイ"( 1 ) | トップページ | 川の向こうはもうミャンマー タイ北部 "メー・サイ"( 3 ) »

2013年7月27日 (土)

 川の向こうはもうミャンマー タイ北部 "メー・サイ"( 2 )

Photo_3

 ( アランヤプラテートの乗り物 )


 川沿いの" Northern G.H "(現在でも健在らしい)には一週間ほど滞在したが、オフ・シーズンってことで、バックパッカーの姿は殆どなかった。丘の斜面側は風も強く、そこに泊まっていたパッカーの話では、同じ60バーツで、24時間ホット・シャワーが使えはするけど、ともかく"寒い!"の一言に尽きるようだった。確かに、一目見ただけで、寒々と凍てついてしまいそうだったのを覚えている。
 " Northern G.H "には、大きなテーブルが六つ並んだ高床式のレストランもあって、そこで朝食も食べれた。只、朝は冷え、注文だけして部屋まで運んで貰えた。繁忙期はともかく、年齢不詳の痩せて小柄な従業員が一人で切り盛りしているようだった。あと一匹、老いたムク犬が一匹飼われていて、のっそり通る毎に、その床が軋みをたてた。タイには木造のゲスト・ハウスが少なくないが、先ず軋み音が騒さい。中国の大理でも、カンボジアのシェムリ・アプでも同様で、余り泊まりたくない式の建物だ。その点、この個室バンガローは、軋んでも自分の作る軋みだけなので助かった。


 宿から、橋とは逆方向に歩いて行くと、川縁にバンガロースタイルのゲスト・ハウスが二軒建っていた。どっちも貧乏旅行者とは無縁の瀟洒な佇まい。ところが、この辺りの対岸(ミャンマー)は、川に民家が迫っていて、住民たちの生活ぶりが手に取るように観察できる立地で、川に面したそのゲストハウスのレストラン"リバーサイド・ゲストハウス・レストラン"に足繁く通うことになった。その頃は、いつもリュックに小型の双眼鏡を潜ませていて、存分に活用させて貰った。
 このゲストハウスの入口近くに船着場があり、対岸のミャンマー側と小船が往復していた。向かいの川岸で女が太い棒でトン、トン叩きながら洗濯をし、子供たちは水遊びに余念がない。のんびりとした風景だ。それでも背後には、真新しい立派な建物がポツ、ポツたち始めていて、ホテルなのか屋上に水タンクのあるところもあった。その川に面した奥の丘の斜面や麓に、川葺きの高床式民家の集落があり、丘の上にも何軒か立っていた。日本にもある茅葺きと同様のかなり急な角度の茅葺き屋根であった。

Map_of_maesie_1

 ( メーサイ川沿いのバックパッカー宿 クリック拡大 )


 そのレストランから赤土の集落が角度的に見づらくて、ちゃんと正面から見てみたいと思って、レストランを出、川沿いの細い路をどんどん進んで行ってると、いつの間にか疎らな藪が点々とした一角に至り、その細い径の両側に拡がった草地に地元民らしい男女があっちこっちにしゃがみ込んでいた。何か雰囲気が妙なのに気づいて、周囲をゆっくり見廻すと、ぼくの方に厳しい視線や訝しげな眼差しを向けている男女やまるで意にも介さずいる男女たちが、皆一様に、小さな細長い箱をもどかしそうに破り開けている最中なのが分かった。何かと思って眼を凝らすと、何と彼らの腕に注射器が刺さっているではないか。

 ヤバイ !!

 とんでもない場面に出くわしてしまった。
 よりによって麻薬の注入現場に迷い込んでしまったのだ。
 表通りから幾らも離れてないこんな場所で白昼堂々と原っぱにしゃがみ込んで麻薬注入とは大胆というより、もう殆ど公認といっても過言ではない常態化を意味している。
 まさかすぐ引き返すには、もう大部中まで入り込んでいて、" ままよ "とばかり、そのまま前を向いて進み続けた。周囲から刺すような視線を感じつつ、同じ歩調で歩き続けた。
 と、前に黒革のジャケットに細身を包んだ如何にもって感じの眼付きの鋭い三十前くらいの男が現れた。懐から、いくら何でも場所柄拳銃はないだろうが、切っ先鋭いナイフを取り出しかねない雰囲気で、思わず背に冷たいものが走った。

 万事休す!!

 と、一人のもっと先の畑の所有者らしき年配の親爺さんが現れ、強面(こわもて)兄ちゃんに何か云い、ぼくにも相づちをうってきて、ぼくは頷き、踵を返してスタコラと、そのジャンキー・フィールドから逃げるように立ち去った。途中ちらりとしゃがみ込んだ男女を盗み見ると、すわって酩酊したような眼差しの色黒の中年男がふらふらと覚束ない足取りで歩きだしたと思ったら傍らの藪の影にへたりこんでしまった。腕に注射器を刺したまま小肥りした女が、いつまでもぼくの方をじっと胡散臭げな眼付きで見送り続けた。・・・たくっ。考えたら、ゴールデン・トライアングルは目と鼻の先だった。あぶない、危ない。


|

«  川の向こうはもうミャンマー タイ北部 "メー・サイ"( 1 ) | トップページ | 川の向こうはもうミャンマー タイ北部 "メー・サイ"( 3 ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事