« 屍鬼的猛駆 ワールド・ウォーZ(2013) | トップページ | 殆ど廃港"門司港・国際フェリー岸壁"の向こうに、外国貨物船 »

2013年8月31日 (土)

 アベノミクス的凋落 門司港

Moji_e


 結局、40℃世界突入に至らなかった今年の夏、それでも定番の門司港チェックでは、AKB指原莉乃の総選挙の意表をついただんとつ一位のインパクトには及ばないものの、身の丈に合った、それなりの変化が、しかし、頻発していた。
 
 長年" 国際港 "の真後ろに曖昧に佇みつづけてきた旧税関倉庫が、今夏漸くリニューアル・オープンしその全貌を露わにした。岸壁に沿った細長い建物は、《旧大連航路上屋》と命名され、貸ホール・貸室がずらり並んだ二階立て。一階に、おざなりな船舶関係の展示、奥のかなり広いスペースを占めた映画好きの主催者の映画関係の蒐集物の展示があって、二階は旧大連の写真展。自分たちの手に余る今時大きな箱物を作ってしまっての、とりあえずの穴埋策ってところだろうが、ともかく、発想が陳腐。所詮悪名高い"第三セクター"的亡国的末路。最近じゃー、" アベノミクス "なんて横文字を使うらしい。

Moji_13_d


 かてて加えて、この町のレトロ・エリアのシンボルでもあるらしい、現代イタリア風の"門司港ホテル"も、とっくに売却案が出ているとか。売却先候補のトップが、大阪の企業らしく、この町の小高い山頂にポツンと建てられた黄金に輝くミャンマー寺院=パゴダ(仏塔)の近くにあった国民宿舎跡地にホテルを建設予定している企業でもあって、これが債務超過企業ってことで、一向に進展のない泥沼状態のようだ。これって、嘗て、仰々しく国際港を銘打った割にはプレハブ・カスタムだった、その上、更に醜名をほしいままにした前代未聞の《たった半年間の国際フェリー》の顛末を思い出す。大概にして欲しいものだ。

Moji_13_b

  ( リニューアル・オープンした旧大連航路上屋 )


Moji_f

    ( 解体される「朋友」旧館 )

 そもそもが日緬友好の一環だったらしい、めかり山頂のそのパゴダも日本側がいよいよ破綻してきて、ミャンマー側で支えているって話しを何処かで聞いて呆然としてしまった。
 ミャンマーって、軍政ってこともあるが、ラオスと並んで開発途上国の代表格の一つであることには間違いなく、そんな国が一方的に財政を支えねばならないとは、飽食・贅沢大国としてアジアに冠たる先進国を自称してきた割には、何ともさもしい限り。
 戦時中、ミャンマーで戦死した日本兵たちの霊をも祀っているともいわれていたらしいのが、遺族や軍人会メンバーたちの年々の老齢化と死去そして自民党半世紀支配の産物=底なし万年不況によって、いよいよ生き残った高齢者たちの経済力が衰微してしまって、後は幕末の激戦地・田野浦の某神社の如く廃墟と化してしまいかねなくなったのを、ミャンマー側の財政支援で何とか持ちこたえているようだ。

Moji_13_retro

 
 門司港レトロの売りの一つでもある門司港駅舎の大がかりな改修工事と歩調を合わせたように、とうとう藤原新也の指定麺館《朋友》の旧館が、業者によって取り壊されてしまった。自然崩落する可能性も高かった旧館、中々に大正・昭和初期の香りが捨てがたく、ぼくの好きな建物の一つだったが、実に残念。既に、鉄筋の新館に移って久しく、全部崩してしまった後で、旧館の佇まいそのままに再建するってことはありえないだろう。
 オリジナル新也指定麺館《萬龍》の方も、建物自体、かなり老朽化していて、些か気になる。こっちは一回り建物も大きく、座敷童や中国妖怪でも潜んでいそうな昼尚暗い趣きの座敷席も味わい深い。ぼくが、この店で気に入っているのは、割り箸の紙袋にひっそりと記してある一句。
 
 借間酒家何処有
 牧童遥指杏花村

 これは、晩唐の詩人・杜牧の《清明》の中の後半部分で、盆と花見を兼ねたような、先祖の墓参りしそこでご馳走を楽しんだりする中国の清明節(春)の時節のある細雨篠つく日の点景らしく、その前に、次の句が先行する。

 清明時節雨粉粉
 路上行人欲断魂

 杏花村というフレーズからも桃源郷の甜い匂りが漂ってきて、何とも悠々とした水墨画の世界を想わせる。  
 そういえば、以前このブログの《 廃れゆく町 門司港 》で紹介した旧赤線の面影の残る錦町の路地裏、三階建ての旧い建物が連なっていたのが、殆ど壊されるか改修されて只の普通の民家になってしまって、なけなしのレトロすらいよいよ壊滅的。

Moji_13_c

  ( まず本格的な足場から造った一大補修工事中の門司港駅 )

|

« 屍鬼的猛駆 ワールド・ウォーZ(2013) | トップページ | 殆ど廃港"門司港・国際フェリー岸壁"の向こうに、外国貨物船 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事