« 平成末の因果応報的死霊譚 『 クロユリ団地 』 | トップページ | ポア的源郷『 パドマ・サンバヴァの生涯 』 »

2014年3月22日 (土)

砂丘のゆらめき『 楽園の瑕 東邪西毒 』

6

 確か1994年版の方の《 楽園の瑕  東邪西毒》、名古屋のシネマスコーレであったか観た覚えはあるけど詳細はつまびらかでなく、この2008年版《 楽園の瑕 終極版》と一体何処が相違しているのか定かでない。
 それにしても、もう二十年も前の作品、皆若々しい。ブリジット・リン( 林 青霞 )1992、3年の《 笑傲江湖 》シリーズの東方不敗のゆらめく性(別)不確かな妖艶さの後を受けたように、ここでも兄妹・性別・自他の同一性すら不確かにゆらめく妖しげな存在性を漂わせている。

1

 冒頭、仏典に曰く“ 旗未動、風也未動、是人的心自己在動 ”と提示される。
 中国西方砂漠のとある朽ちた一軒の陋屋が舞台。
 砂丘の上を風が吹き抜け、襤褸はためき、オアシスの水面に波紋がゆらめきわたる。あばら屋故に木洩れ陽が射し風に吹かれて回転し続ける大きな鳥籠の影がゆらめき、人物たちの面をもその陰影がゆらめく。ともかく総てがゆらめき続ける。
 途中現れる失明寸前の流浪の剣士( トニー・レオン )も盗賊たちとの一戦で明暗のゆらめきの一瞬の隙を衝かれ斃れ、灼熱の陽光に干からびやがて風の運び続ける砂に埋もれてしまう。

3

 その砂礫の上の一軒家にいつの間にか棲みついた男、背まで伸びた長髪に褪せた破服をまとい、後に「西毒」と呼ばれるようになる欧陽鋒( レスリー・チャン 張 国栄 )、殺人請負の仲介人を生業とする。
 近くにオアシスがあり、鳥や動物が水を求めてくるように、言い難い様々ないわく因縁を抱えた男や女が辿り着き、そして去ってゆく。
 もう幾年も、毎年決まった時節になると一人立ち現れる友、後「東邪」と呼ばれるようになる黄薬師( レオン・カーフェイ 梁 家輝 )。今年も現れ、腰まで伸びた黒髪の間から、愁いに満ちた眼差しを覗かせながら土産の酒壺を一つ卓子の上に置き、飲むと過去を忘れるという。銘は《 酔生夢死 》。
 自ら盃を重ねる黄薬師、嫌い断る欧陽鋒。
 実は黄薬師、毎年決まった時節に、嘗ての欧陽鋒の恋人(マギー・チャン 張 曼玉)と逢瀬を重ねていたその帰りに立ち寄っていたのだった。如何にも王家衛好みのストーリー立て。

4

8
 
 燕国の凛々しく黒衣を纏った美麗な剣士・慕容燕( ブリジット・リン)が現れ、妹を裏切り侮辱したと黄薬師の“殺害”を依頼する。すかさず今度はその妹が現れ、その兄を殺害して欲しいと頼みこむ。ブリジット・リンの兄妹の二役だが、欧陽鋒はその兄妹が同じ人物と悟る。その兄のはずの慕容燕、実は故あって性を偽り世間では男としてふるまってきた女。曖昧朦朧にゆらめく性の妖花・・・ブリジット・リンの十八番だろう。東方不敗なみに剣戟の一場面くらい欲しかったが、一閃 ! 黄薬師の腹を横様に斬って見せただけ。

7


10

 眼の完全に見えなくなる前に、一目故郷の桃花を見て脳裏に刻みつけておきたいと、その路銀欲しさに、近郷の農村を荒らす盗賊退治の仕事にありつくトニー・レオン扮する剣士。土煙をあげて押し寄せてきた盗賊一味と一人対峙し、次から次へと斬りまくる。躍動感そのもの。
 次に現れた、ジャッキー・チュン( 張 学友 )扮する裸足の洪七、途中で斃れた桃花剣士の仕事を引き継ぎ、怒涛のように押し寄せる盗賊一味を斬り倒し続け蹴散らしてしまう描写に、更にスピード感が加わる。正に疾風的躍動そのもの。
 同じ砂漠の一軒家を舞台にした二年前のツイ・ハーク脚本・レイモンド・リー監督の《 ドラゴン・イン 新龍門客棧 》とは随分趣きが異なって、映像美を追究するウォン・カーフェイ( 王家衛 )の面目躍如。
 最後に欧陽鋒、一軒家を焼き払い炎に包まれるのを尻目に自らの野望を遂げるべく新天地に疾駆してゆくんだけど、そういえば、《 ドラゴン・イン 新龍門客棧 》でも最後には客棧=旅館に火を放って皆去ってゆく。
 風は砂を運び、炎は灰を運ぶのだろうか。


9

12


|

« 平成末の因果応報的死霊譚 『 クロユリ団地 』 | トップページ | ポア的源郷『 パドマ・サンバヴァの生涯 』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事