« ポア的源郷『 パドマ・サンバヴァの生涯 』 | トップページ |  《 共喰い 》 »

2014年4月19日 (土)

奇妙との遭遇

Moji_fish

 昨年の後半であったか、何のアトラクションかずらり露店の並んだ門司港レトロの岸壁から下の丁度満潮の海を覗き込んだら、ちょっと先に見慣れない生物がゆらりと海面下に覗けた。
 何だろうと思って身を乗り出すように眼下の晴天に青々とゆらめく海面に悠然と恐らく四、五十センチくらいのくすんだピンク色の、最初はタコと決めつけ、以前一度大きなエイが岸壁すれすれに泳いでいるのを目撃したことがあって、タコもこんな海面すれすれまで浮き上がってきて遊泳するものなのかと感心して暫し見惚れていた。
 が、段々海面ぎりぎりにまで身を晒して近づいてきて鮮明に見えたその姿は、ちょっとタコとは違っていて、タコのように幾本も脚が伸びているのじゃなく、足なのか尾びれなのか定かでない二本か三本の先の細くなった太い肉厚のある下半身が揺れ動いていた。その脚の間に、つまり太脚の内側に、写真では分からないが、イカの足に似た吸盤らしきものがいっぱい附いた白っぽい幾本もの細い脚が見て取れた。その上、タコ風の頭には何重ものヒダ状のものまであり、見慣れたタコのイメージとは随分かけ離れていて、興味津々に覗き込み写真を撮っていた家族連れが、「 気持ち悪いね~ 」と何とも気味悪そうにつぶやいていた。
 それから数ヶ月後、もうちょっと離れた別の岸壁でも海面すれすれにその悠然と遊泳する姿を目撃した。イカは群れたりしているようだけど、このタコもどきはいつも一匹単体のようだ。その悠揚迫らぬ姿は逍遥遊的遊子にも想え、岸壁に居並んだ釣客たちの垂れた釣り糸を見るにつけ、思わず「 生き延びろよ 」と声援を送りたくなった。
 ひょっとして流行りの《 深海生物 》なんだろうかとネットで調べても一通りのものしか載ってなくて、結局、“ タコもどき ”の海洋生物という括りで保留した。温暖化=列島トロピカル化ももう久しく、いよいよ海底に潜んでいた生物たちも変容した環境にふらふらと海面まで迷い出てくる状況に至ったってことだろうか。

Moji_a_bird_1

 
 一匹単体といえば、今年に入ってか、たまたま通りかかったレトロからほど遠いある公園の噴水の上に、ふと何かの影が見え、傍へ寄って見上げてみると、煤け薄汚れた大きな鳥が一匹じっと佇んでいた。
 青鷺( あおさぎ )であった。
 薄ら寒い冬日の下、何故か片脚一本で佇み、じっと眼下の噴水池の中を泳いでいるのだろう金魚か虫の類に狙いでもをつけていたのか身じろぎもせず、その姿は何やら群れからはぐれた一匹の落魄と孤独の流離譚の風情すら漂わせていた。
 一向に影になって見えないもう片方の脚を下ろすことをしないので、ひょっとして片脚を失っているのかと訝かられその落魄の色一層濃くなり、単にしばしの休息を決め込んでいるだけなのか、やがて現れた小さな姉弟の好奇心と歓声にも微動だにすることなく、片脚のまま佇み続けていた。
 すっかり青鷺のことなど忘れた頃、こんどはレトロ海岸の少し外れた岸壁で、疎らな釣客の間に一匹ポツンと佇んでいる青鷺に出くわした。
 この界隈には基本的に居ないはずの単体の青鷺故、まず先だって噴水で見つけた青鷺に違いなかった。只、毛繕いでもしたのかあの時みたいな落魄した放浪者のようなヨレヨレに荒んだ羽毛ではなく普通の毛並みに脚も二本すっくと岸壁の端に佇んでいた。海面下を遊泳する魚影にじっと狙いをつけているのかじっとして動こうともせず、この地に流れ棲みついているのか、寿命数十年の青鷺は毎年同じ場所に飛来するようで、ぼくが知らないだけで、地元民の知ってる者は知っている存在なのかも知れなかった。暖かくなると北海道やら大陸に戻ってゆくらしい。釣客が投げてやった小魚なんかを食べたりもするという。 数メートルくらいの距離を置いてまじまじと眺めていたら、通りかかった観光客家族の子供が傍に寄っていくと大きく羽を伸ばし海峡の海面の上を悠々と飛び去っていった。


 そういえば、更科源蔵の《 蒼鷺 》という曲の詩(詞)に、こうある。

 蒼鷺( あおさぎ )は片脚をあげ
 静かに目をとぢそして風を聴く
 風は葦を押してきて
 又何処かへ去って行く
 
 いつの時代でも、青鷺のそんな特徴を愛でられてきたのだろう。
 西洋にキリスト教が浸透する以前からの土着の宗教のドルイド僧は、青鷺のマネをして片脚で立って片側の眼を塞ぐポーズで魔術を用いたという。王貞治のフラミンゴ打法にも通じて、集中力を高める効用があるようだ。
 そもそも青鷺は、西洋ではフェニックス( 不死鳥 )のモデルともいわれ、古代エジプトでは、太陽神ラーの魂とか、死と復活=再生の象徴ともいわれ“ 聖なる鳥 ”として尊ばれてきたという。又、“ 黄金に輝く ”という特性を謳われていて、我国でも古くから、夜闇に光り輝く鳥として説話物にも記され、有名な『画図百鬼夜行』にも、《 青鷺火 》としてその図絵が載せられ、

『 青鷺の年を経しは 夜飛ときはかならず 其羽ひかるもの也  目の光に映じ嘴とがりてすさまじきと也 』
 
 と記されている。
 古狸と同様、青鷺も普通以上に歳喰ってくると妖怪になってしまうらしい。
 つまり、洋の東西、時代を問わず、青鷺って何ともミステリアスな鳥ってことだ。確かに、あの公園の噴水の上に停まっていた青鷺は、独特の雰囲気を醸し出していたし、流離したドルイド僧って風でもあった。その風貌は哲学者のそれすら想わせた。

Moji_a_bird_2_2

 夜闇に光り輝くといえば、先だって、まだ夜も明けぬ早朝、所用で天空に北斗七星が小さく輝く下、ゆるい坂道を登っていると、ふと立ち並んだ海峡方面の建物のシルエットの向こうやや上方に、何かが光り輝いていた。かなり強い光で、見続けていると眩しいくらいの菱形の白色光であった。
 最初、所謂UFO、未確認飛行物体の類かと喜んでしまった。けれど、どう両の眼を凝らしてみても、言われているような独特の動きはせず、どころか移動しているようにも思えなかった。遠い灯が、大気や風で、横や縦の菱形に見えたりするのはよくある現象だけど、大きな横菱形に発光したその光は明らかに点滅していた。光源の位置を確かめようとしても、光が強過ぎてさっぱり遠近・位置関係が特定できなかった。辛うじて、大部向こうに黒いシルエットとして覗けたビルの端の部分に光の点滅が薄い影を作っていたので、そのビルの背後ということと、かなり強い照度の光源ということが分かった。
 で、すぐ思い至ったのが、照明灯であった。
 光り方が円盤の如くクルクル回っているそれではなく、いかにも平面的な照明灯って感じなのだ。少し高い建物や塔なんかの屋上に設えられている航空灯火が点滅している光は知れていて、光り方からして違う。しかし、まだ漆黒の闇に閉ざされた夜明け前に、一体如何なる照明灯が眩く照らされる必要があるのか。用事があったのでいつまでも係わっていられずその時はそのまま先へと急いだ。
 
 その翌日か数日後、再び同じ夜明け前の未明のなだらかな坂道を歩いていると、またその菱形に輝く光に遭遇してしまった。
 只、前回と違って、菱形の光の大きさが一回り小さく、強烈なまぶしさも若干薄まり、やはり移動することもなく、何とか位置関係を絞り込もうと眼を皿のようにして確かめた。
 どうも光源は、この町というよりも海峡を越えた対岸側のようだった。
 勿論真っ暗闇の中なので確定はできないものの、同じ対岸遠くに小さく航空灯火の明滅しているモニュメント展望台からの位置関係からして、海峡に迫った低い山稜の黒い影あたりに位置しているように見受けられた。その麓あたりに立てられた灯台の可能性もあった。灯台ならかなり遠くまで強い光を照射できるだろうけど、海峡遠く隔てた高台の上まで眩しいばかりの光を送る照度だと、海峡を通過する船なんて眩し過ぎて操舵に影響すら及ぼしかねないし、海峡に渡した橋の上を走る車に対しても同様だ。マンションの住民たちからも未明の眩い光に苦情が出るだろう。それに別段、その両日が特に靄が強かったって記憶もない。
 その後、何度か同じ時間帯に歩くことがあったが、もう菱形の光に遭遇することはなかった。一度、昼間の明るい陽光の下、それらしき場所を望遠鏡で確かめてみたものの杳として確かな所在は明らかになることはなかった。結局不明なまま、正に未確認発光体として保留するしかなかった。。
 サイト見てみると、ごく僅かだけど、この海峡でも、昼夜を問わず、UFOの目撃はあるようだった。
 今時、未確認飛行物体UFO=異星人円盤なんて短絡は通じなくなってきてるけど、ならば何処の国の円盤型航空機なのかが問われる時代に既に入って久しい2000年代ミレニアムの今日この頃ではある。

|

« ポア的源郷『 パドマ・サンバヴァの生涯 』 | トップページ |  《 共喰い 》 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事