« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の3件の記事

2014年12月21日 (日)

平成末的レクイエム

4


以前アベノミクス的惨状として安部晋三の根拠地なる下関のいよいよ零落・落魄著しい惨状に触れたことがあった。
 海岸沿いの“ 表通り ”にはこれ見よがしなビルが立ち並び、米国西海岸をでも模したのか椰子もどきの高木を高々と聳えさたりしてみても、それ以外の表通りはといえば一様に燻( く )すみうらぶれ、場所によっては朽ちるにまかせた遺棄物と化したものすら少なくない。絵に描いた様な自民党半世紀支配の論理的帰結って奴だ。


1


 明治維新の故なのか、北前船の衰退の故なのか、かつては関西の豪商達の支店が軒を連ね、その副産物としての華々しい文化も異彩を放っていたのが、あれよあれよという間に掻き消えていってしまった。それでも尚、戦後はクジラをはじめ遠洋漁業基地として水産加工の基地としてプロ野球チームすら所有する隆盛を誇っていたにもかかわらず、それすら何時の間にやら霧散して気付けばすっかり灰色にくすんだ老衰的廃残。


2


3


 それはこの国の大都市以外のどの地方でも見られる、ゆったりとしたローカル色とは似て非なるもっぱら衰微し遺棄されるばかりの老衰的緩慢。これは、しかし、本来の自然の、理( ことわり )としての帰結ではない。むしろ、意図的に狙われたと断じても過言ではないくらいに、既に二世紀も前から指摘されていた論理的帰結。

 選挙の毎に下関に戻って来るという。
 一体、安部晋三はこの朽ち果て続けるばかりの、その延命策なのか近隣の町や村を次々と取り込んでいってすっかり着膨れして人口の割にはかなり広域な下関の只中に立ってで、何を思うのだろう。
 彼の盟友なのか利権でのみ繋がっているのか知らないが、麻生の如く、このアベノミクスの最中にあって、( あれだけ安部・麻生自民党が餌をバラ撒いたにもかかわらず )、利得にありつけず四苦八苦し続けている企業・産業の無能さ・不能さを指弾し罵る口汚く罵るのであろうか。


6


 
 以前そう思い、再び冬の気配の、一瞬とぎれた青空のひろがったある日、もはや旧い部類にはいるデジカメを手に、仕舞屋風の町並み沿いに、トボトボとほっつき歩いていると、さえない大通りからちょっと入った一角に、忘れられた様に昭和の香りの残ったくすんだ佇まいの通りが連なっていた。この決して小さくはない町の、まだあっちこっちに見られる光景でもあった。表札には貴船町とあった。恐らくこの国じゅうに見られる一般名詞的な地名だろう。当然その名を冠した神社もあった。むしろ神社がらみでの地名というのが筋なんだろうが。と、更に奥に分け入ってゆくと・・・・そこには文字通りの廃墟というべき状態の朽ち尽くした廃残が一区画も連なっていた。思わず時代の境目の曖昧な境界世界にでも踏み入ってしまったのかと錯覚を覚えかねないくらいのおどろおどろしさが漂っていた。この町は、戦争末期、殆どが空襲で焼けてしまったはずなのだが、どうもこの一角のもはや残滓でしかなくなった廃墟を眺めていると、それ以前の、昭和初期かひょっとするとそれ以前の佇まいすらが垣間見えるようであった。


5


 確かに、剥き出しになった障子の裏張りを、しつように見据えてみると、ひょっとして終戦直後って可能性も否定できないが、やっぱりどうも戦後のものとは思えない符丁がすっかり色褪せながらもそれを証しているようだった。つまり、空襲に焼け残った一角。それが戦後どのくらい過ってか、何らかの、異郷人には知る由もない理由で遺棄されうち捨てられてしまったのだろう。
 人影も絶え、ネコの姿すらないまったく忘れ去られたような一角。
 奥まった場所故に再開発もままならぬまま抛棄されてきたのだろう。
 固着剤でも塗布し、そのままの姿で保存しておきたいような、時代の怪しくもあり曖昧 朦朧とゆらいだ光と影。

8


|

2014年12月13日 (土)

ダライ・ラマ的ゆらぎ

Dalai_lama_13_2

  ( ダライ・ラマ 13世 )

 ひょんなことから春秋社の出している無料の小冊子《 春秋 》11月号を手にすることになった。
 大手の出版社が毎月書店の無料出版物コーナーに配布している種類のもので、以前は稀に面白い物があって、有料の雑誌なんかよりよっぽど気が利いてると小さな活字に見入ったものだったけど、最近はさっぱり目にすることもなくなっていた。
 春秋社は、文藝春秋社とは全然別個の出版社で、戦前から思想・宗教関係の出版を主に扱ってきてて、かつては古本屋の棚によく見かけた茶色に朽ちた《 世界大思想全集 》なんかで僕も見知っていた。ちょっと前に紹介した死刑囚・古田大次郎の《 死の懺悔 》もここが手がけていた。

 “ 特集・ダライ・ラマ法王と日本 ”ってことで些か興味をもってページを繰ってみた。 確かにダライ・ラマ頻繁に来日してる。けどダライ・ラマと日本って、せいぜいオーム真理教=尊師・麻原彰晃との関係ぐらいしか頭に浮かばない。
 が、現在の第十四世ダライ・ラマの一つ前の第十三世とは、つまり戦前、浄土真宗大谷派宗主・大谷光瑞や多田等観、青木文教等が、大国の利害と思惑に翻弄され変転著しいチベット事情の最中、それなりにパイプを保ち、相互に行き来があったという。彼の死とともに途絶えてしまったらしい。


 現在の第十四世は、日本国内( 世界中の )の様々ないわゆる要職にある人々と対話・会談をしつづけているようだ。それはそれで、チベット亡命政府という特殊な位置故に分からないでもないが、たとえば、米大統領( パパ )ブッシュと一緒に映った写真なんかを流布させるってのはちょっと勘弁して欲しい。インド在住のチベット系の店の壁なんかに恭しく飾られたりしていて思わず自分の目を疑ってしまった。あれじゃ、CIA=WACL(世界反共連盟)のおぞましい脈絡をこれ見よがしに明示するようなものだ。
 ベトナム戦争の頃、米国=ゴ・ジンジェム南ベトナム政府の圧政・弾圧に抗議した同じ仏教僧のベトナム人僧侶たちの焼身自殺をどんな眼差しで見遣っていたのか猜疑の念が鬱勃とあたまをもたげてしまう。
 これだけでも第十四世の周りにはロクなのが居ないってことだけは分かってしまう。下手するとダライ・ラマの取り巻きって、英米権力の傀儡ばかりで構成されているのじゃないかとさえ思えてしまう。最初はそうでなくても、長い年月がそれを可能にしてしまう。


Dalai_lama_14_a_2

( ダライ・ラマ 14世 )


 先だっての北京オリンピックの際のダライ・ラマの北京オリンピック支持発言と一部の亡命チベット人たちの北京オリンピック・ボイコット活動の乖離、ひょっとしてあるいは表裏二段構えの作戦だった可能性は今は置くとして、ダライ・ラマの相対的影響力の低下が指摘されて久しい。
 頑として譲ろうとしない中国政府の態度と老いた亡命チベット人たちの帰国願望故なのかチベツト独立からチベットの“ 自治権 ”要求への方針転換に、若者や強硬論派が怒っての強行だったのだろう。只、問題は、その強行派・過激派に欧米あるいは別の国の力がおよびあるいは操っているっているのではという猜疑と懸念だ。眼前の中国だけが敵って訳じゃない。それはチベットがこの百年近く蒙ってきたものだし、彼等自身が一番よく知っているはずのもの。否、それは当の中国自身もそうだったはず。


 それにしても、第十四世ダライ・ラマ、自分の老い先を危惧しての断行なのか、数年前にダライ・ラマの絶対性の基盤だった祭政一致を崩し、政治的権能を放棄し、宗教的権威としてのみのダライ・ラマ制を継続してゆくことを選択したのにつづき、今度はダライ・ラマ制の根幹たる伝統的な後継者選び《 輪廻転生制度 》を廃止する方向に向かった。ブログ・ニュースの僅かな記事から推測すると、中国政府の政策に対する思惑も感じられなくもないけれど、そんな状況対応的な泡沫策とするには余りに根本的に過ぎる。かつて《 シャンバラ 》すら方便的なモノといわんばかりだったダライ・ラマからすれば、二十一世紀にもなって、火星探査すら現実のものとなってる御時世に、“ 生まれ変わり ”捜しはいよいよ白々しいものになってしまって、ここいらで五世紀にもわたる旧き良き時代にピリオドをうつ英断を下したのだろう。けど、これは最終的な決定なのだろうか。もう一人の、中国側ともいわれるパンチェン・ラマは如何するのだろう。唯物論者たる中国共産党の側が依然として“ 輪廻転生・生まれ変わり ”制を堅持するのだろうか。チベット人民の宗教的伝統の維持の口実の下に。


|

2014年12月 6日 (土)

流行のココナッツ・ウォーター

Cocowat_2

  MALEEやKING ISLAND以外にもかなり沢山出ている。

 最近隣町のあるエスニック関係の店で暇つぶしにあれこれ所狭しとならべられた商品を物色していたら、紙パック( 330ミリ・リットル )の“ ココナッツ・ウォーター ”なるものを見つけた。
 缶入りのココナッツ・ジュースは国外でもそれを輸入した国内でも飲んだことがあったが、一様にバカ甘で到底飲めたものじゃなかった。缶コーヒー並にめいっぱい砂糖や他の成分が入れてあった。そんな従来のココナッツ・ジュースとは違う、混ぜ物なしの100パーセントのココナッツ・ジュース製品をウォーターと謳っているらしい。

 低カロリーで電解質やカリウムを多く含んだダイエット健康食的な方途での人気らしく、もう、数年前から静かなブームになってたとはまったく知らなかった。米国でのシェアーだんとつの“ VITA COCO ”なんて、あのマドンナすらがそれを気に入ったのか出資までしてるようだ。ぼくもその時偶然見つけた“ MALEE ”のココナッツ・ウォーターを二つほど買って家の冷蔵庫で冷やしてから飲んでみた。本物のココナッツ・ジュースと大差ないあの独特の味覚で、値段が少々高めなのが玉にキズだけど、従来のベタ甘のジュースと較べたら雲泥の差。
 ごく最近飲んだ“ KING ISLAND ”も同じタイ産のココナッツらしいけど、“ MALEE ”と味が微妙に違う。こっちの方が若干青臭ささが強い感じだ。東南アジアのタイやカンボジアで飲んだ生のココナッツは、“ MALEE ”の方が近いように思える。

 生ココナッツを初めて飲んだのは何処でだったかもう忘れてしまったけど、冷やしてない生温い奴で、青臭さばかりが鼻について到底飲めたもんじゃなかった。けど、バンコクのサイアムのフード・コートなんかで辛めのグリーン・カレーやレッド・カレーなんかと一緒に、冷えた大きな青いココナッツのジュースは量も多く新鮮でけっこううまい。激辛カレーでピリピリした舌を冷やすにはもってこいの代物だった。カンボジアでも、路上や店舗の大きなクーラーの中で氷で冷やしたココナッツも同様。カンボジアじゃ、普通の現地人たちがちょっと喉を潤わせるために立ち寄って飲むぐらいだから安く、ナタで片手で持ったココナッツの頂点のあたりをコン、コンと叩きわって、ストローを挿して出してくれる。やっぱり、生ココナッツ・ジュースは冷やしたものに限る。好みで、更に飲んだ後、殻を割ってくれ、スプーンで内側の半透明の果肉をこそいで食べることもできた。

 以前、インドネシアのボルブドール( 遺跡 )の宿“Lotus”の近くの原っぱに椰子の木が植わっていて、その前を通った時、椰子の木から降りてきたオヤジさんが何人かの青年に何かを飲ませている光景に出遭ったことがある。
 何なんだろうと傍に寄っていくと、竹の容器の中に入っていた濁った半透明の液体をプラスチックのコップですくって飲ませていたのだけど、ぼくも250R( インドネシア・ルピア )払って試してみた。少し甘く、ココナッツ・ジュースと味は殆ど同じだけど、ドロッとしていた。樹液だった。
 椰子の木のてっぺんに昇り、葉の生えている枝に少しキズを作り、そこにペットボトルの飲み口をカットしたものや竹筒をあてがって漏出してきた樹液を溜め込んだもの。因みに、そのオヤジさん、後で分かったことだけど、泊まっていた宿のオーナーだった。椰子に慣れた現地人ならではの楽しみ方なのだろう。

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »