« 我が内なる源郷的記号 《 餃子ロード 》 甲斐大策 | トップページ | 湾岸戦争的悪夢  ヒッチャー (2007年) »

2015年2月26日 (木)

最後の萬龍  2015  ( 門司港 )

8

 雨のはずがどんより曇ったままひょっとして晴れるのでは、と淡い期待をすら覚えさせる天候に、久しぶりに萬龍に行ってみた。
 人通りもまばらな細い路地の片側にひっそりといかにも昭和の中国料理館って趣きの二階建て《 萬龍 》が佇み、半円形のショーウィンドーの中に色褪せた模造品が並んでいた。と、ガラスに一枚の貼紙が・・・
 

 『 閉店・移転のお知らせ 』


 と、大きな文字で記てあった。
 まじ !?
 三月吉日に、すぐ近くの新しい店舗に移転するという。
 ためしに角を曲がって確かめてみると、何しろほとんど人気のない通りなのですぐにそれらしい真新しい建物が目に入った。
 看板は出てない。
 ガラス戸から一番奥にカウンターが覗けていた。できた料理を出す所なのか、ラーメン屋の定番のそこで客が食べるためのカウンターなのかは分からない。勿論普通のテーブル席もある。
 広さは普通のラーメン屋のそれだ。( 二階席があるかどうか未詳 )
 意匠は今風。
 貼紙だと、店名は《 龍 》。
 正確には、《 中華 龍 》らしい。


9


 

 《 萬龍 》に戻り、些か急な階段を昇ってフロアーに入ると、昼前にもかかわらず窓側に並んだ四角いテーブルは既に埋まっていた。そこが一番気に入った場所だったけど、しかたなく中央に二つある大きな円卓に坐る。中国料理屋の定番テーブルだ。椅子がそれぞれ六脚。さすがに色褪せてるが背もたれのビニール・レザーの幅が厚い。
 壁のあっちこっちに中国風の絵額が飾ってあってほどよい風情。
 ぼくとしてはもっと凝ったのが好きなのだが、地元客はそんなものを求めに来るのじゃないようだ。
 この店は、このテーブル席フロアーとは別個に更に奥に座敷部屋がある。料理屋風の座敷だったけど、依然一度だけ入った際は、時代を経た仄暗い雰囲気に、普通の料理屋のそれにはまずありえない種類の感興を覚え気にすっかり入ってしまった。もっとも、その後小奇麗に改装されてしまったような話も聞いたけど、定かじゃない。


10

 ( 急な階段を昇りきるとガラス戸がある。入って左側に座敷部屋の上口がある。反対の右側が窓側で四角い四人掛けテーブルが五つ並んでいる。路地を隔てた向かい側の元料亭らしき小さな和式建物が覗ける。一応エアコンはあるけど、天井が高いのもあってかそれじゃ間に合わないようで、石油ストーブを二つ焚いている。)


 幾らもしない内にフロアーは客でいっぱいになってしまった。
 ここがやがて閉まってしまうのを聞きつけてやってきているのだろうか。
 地元客と観光客の年配者ばかり。
 観光客らしいおばさん組が、気の利いたセット・ランチを期待してたらしいのが、ラーメンとミニ・チャーハンなんて素朴なものばかりに戸惑っていた。小姐( ウェートレス )たちも皆年配者ばかり。建物の老朽化とともに家族・一族も皆相応に歳をくってきたためもあるのだろう。すると、新店舗《 龍 》には若い世代が入るってことになるのだろうか。


3

 ( フロアーの右側に会計カウンターだあり、その後ろは給湯設備と下の厨房とつながった注文品用のか小さなエレベーターが備わっている。もっとも、見てると老小姐たちは階段を使って料理を運んでくる。中央の壁の背後がトイレになっていて、正に昭和のトイレの芳香。飾っている額絵が中国情緒をかきたてているけど、もう少し調度が欲しいところだけど、もはやなくなってしまうのじゃ・・・)

 レトロな門司港の象徴・代名詞のような存在だった《 萬龍 》、旅行写真家・藤原新也にも推薦されていた中華料理屋《 萬龍 》、その藤原新也がも一つ推していた中華麺館《 朋友 》が建物の老朽化のためにとっくにレトロ枠から外れ、今また《 萬龍 》が老朽化( 恐らく両方の意味で )故に廃店を余儀なくされてしまって、門司港にはもはや、役人どもがデッチあげた第三セクター的構築物しか、“ レトロ ”と名のつくものは存在しなくなってしまった。
 世の栄枯盛衰とは言うけれど、正に自民党半世紀支配の賜物、アベノミクス的惨澹の論理的帰結ってところだろう。

0

 ( 路地の突き当りに戦前からの社用族御用達料亭「三宜楼」がそびえている。手前の角の「いろは寿司」はとっくに廃業し、一階だけミニ・レストランが借りているものの早晩老朽化が進行し「朋友」と同じ運命を辿りそう。もっとも、それ以前にわが「萬龍」は「朋友」同様崩してしまうのだろうか。だとするとその後跡地に何が立つのだろう。元の「朋友」の建物はレンタルだったらしいけど、「萬龍」は・・・。そこを左に折れて数件目に件の「中華 龍」が準備中。)

|

« 我が内なる源郷的記号 《 餃子ロード 》 甲斐大策 | トップページ | 湾岸戦争的悪夢  ヒッチャー (2007年) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事