« 世の果ての不死の旅 《 アフリクテッド 》   | トップページ | 企救郡一揆的消息 長野・津田 »

2015年6月27日 (土)

 プノンペン=カンボジア ( 旅先のグッズ )

Pp_cam_5

 ( ソリアのフードコートの500リエルのクーポン券 )


 あれは2003年だったか、オープンしてまだ間もないカンボジアは首府・プノンペンのデパート《 ソリア 蘇利亜購物中心 》のフードコートで喰ったフルーツ・サラダあたりにあたったのか体調を崩し急遽バンコクに戻ったことがあった。医者の言によると細菌性か寄生虫。尻注射と抗生物質を貰ってなんとか回復したが、流行のデング熱やアメーバ赤痢なんかじゃなくて良かった。

 長距離バスの発着所の近くに突如聳えた小綺麗な、しかし、たいして大きくもないビルだったけど、その前に佇み初めてそこがオープンされたばかりの、恐らくポスト・ポルポト以降最初のカンボジアのデパートであるのを知った。
 エスカレーターが初めての人々ばかりで、キャー、キャー笑い声や悲鳴をあげながら乗っかる若い娘たを眺めているのが面白くて仕方なかった。中には、何かいかがわしいものでも見る様な怪訝な眼差しを向け、脇の階段に向かう娘もいた。フードコートも同様だけど、こっちは有料で満員という訳にはいかなかった。それでも、日本食の類まで揃っていた。当時はまだ最上階は工事中で、その下の階に《 BBバーガー 》なる地元のファースト・フード屋があった。味はまあそんなものだろう、というレベル。さすがにこっちは日曜日は知らないが、いつも閑散としていた。
 

 シアヌーク通りにある《 ラッキー・スーパー 》に併設された《 ラッキー・バーガー 》とプノンペンのファースフード屋の双璧ってところだろう。《 ラッキー・バーガー 》の方は大きな窓硝子越しに地元の新聞売り・物売りからバイクタクシーの運転手ストリート・チルドレン、ヒマをもて余した野次馬たちが、動物園の檻の中を好奇心剥き出しに覗き込むので、余り心臓の強くない僕なんざ食べ終わるとそそくさと正面の出入り口からじゃなく横のスーパーの方へ抜ける通用口の方から逃げるしかない。まともに正面から出た日にゃ、シャールーク・カーンかデ・カプリオでも現れ出たみたいにドッと一斉に駆け寄って来られてしまうからだった。でも、あれから十年近く過って事情も随分変わったろう。
 何故かマクドナルドは未だ上陸していないようだけど、同じ米国系の《 バーガー・キング 》はとっくに営業を始めてるらしい。いづれ大資本の外資系のファースト・フード屋が参入してくるんだろうけど、ここは何としても地元勢に頑張って欲しいものだ。勿論政治力や武力の奸策を用いてじゃなくて実力で。

 今年、イオンモールがオープン。上々の人気らしく、さっそく周辺のクメール系の店がその煽りを喰いはじめてる由。
 その上、マレーシアを中心にアジア中で展開しているデパート・パークソン、中国では相次いで閉店ラッシュということらしいけど、その内プノンペンに進出するという。いよいよ環境厳しくなってきたプノンペンのデパート事情だけど、《 ソリア・デパート 》、ポスト・ポルポト以降の第一号デパートとしての面目を何としても保って欲しいものだ。


Pp_cam_1

 ( プノンペンのメインストリート・シアヌーク通りにあるMTVのネームカード )


 当時プノンペンに限らずカンボジア中に店頭に大型のテレビを何台も並べてビデオを流して客を呼ぶビデオ・カフェの類が流行っていた。
 夜の帳が降りるとようやくポルポトの悪夢から醒めようやく町作りが始まったばかりといわんばかりの佇まいの広々とした街頭にずらり並べられた小さなテーブルに、大半が子供から大人までの男たちが坐り、それぞれに飲物をチビチビ啜りながら、前方に何台か並んだテレビに見入る光景があっちこっちで見られた。夜の社交の場ですらあったようだ。それぞれのテレビが皆別々のビデオや番組を流していて正に多重放送。かつての戦後の日本の一時期を風靡したらしい街頭テレビとは些か趣きを異にする。ポルポトたちに殲滅されてしまった映画が未だ十全に回復されていないこともあって、代用映画館でもあった。
 香港製の真っ黒い風貌の閻魔か鍾馗を彷彿とさせる裁量神のテレビ・シリーズが当時カンボジアで人気で、このビデオ屋でも流され現地民の子供から大人までが熱心に見入っていた。


 そんな庶民的なビデオ・カフェと一線を画した様に、首府プノンペンの中産階級相手の
個室のビデオ・カフェとでもいうべき店がシアヌーク通りに数軒あった。おそらくこの《 電影街視聴中心 MTV 》が最後まで残ってたように思えるが、大きなオーディオ・スピーカーや装置が完備し、低いテーブルにソファー、クッションまで備わった六畳から多人数用の大部屋までが並んでいて、ドリンクや軽食の類もオーダーできる。サービスの冷水も必要ないくらいに冷房が利きまくっていた。共用のトイレもカンボジアとは思えない小綺麗さ。
 ビデオといっても当時はビデオ・ディスクの走りの大き目のレーザー・ディスクがずらり揃っていて、その中から自分で選んでカウンターに持ってゆき、個室で視聴する方式。カウンターには受付嬢が何人か居て、レーザーディスクをセッティングしてくれたり、オーダーしたメニューを運んできてくれる。たしかにゆったりと外の暑熱と喧騒を遮断した映像世界に没入はできるのだけど、タイの映画館と同様やたら冷房が利き過ぎていて、氷の入った炭酸飲料水なんかとても飲む気にはなれない。ビールって手もあったけど、赤ら顔で真昼のプノンペンの通りをほっつき歩くってのはどうも。現在まだ存在してるとしたら、もうDVDかブルーレイになってるだろう。                    

|

« 世の果ての不死の旅 《 アフリクテッド 》   | トップページ | 企救郡一揆的消息 長野・津田 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事