« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の4件の記事

2015年9月27日 (日)

恨(ハン)的転生 大泉黒石《 不死身 》

Kokuseki_1 

 二年前に出版された大泉黒石の短編集《 黄夫人の手 》(河出書房新社)の中の一編《 不死身 》。珍しく朝鮮・平壌を舞台にした怪奇物。怪奇といっても、当時はともかく、現在からみれば、かなり怪奇性は薄まってるものの、黒石らしさは相変わらず。

 
 明治・大正・昭和とロシアをはじめ欧州・東アジアを彷徨してきた黒石、当然、植民地時代の朝鮮にも足跡を残したのだろうが、平壌(ピョンヤン)随一と謳われた風光明媚な景勝地・牡丹台の麓、青白く光る大同江を間近に見下ろす釈宗寺境内の墓地、そこの黒い喪服を纏った李桂花なる香華売りの女の数奇な物語。

 
 「 ・・・今からざっと四百年ばかり前に、妓生(キーセン)の中に李桂花という美人がありました。その妓生は、この世の中には無数の悪霊が住んでおって、人間に対して恐ろしい憎悪の心を抱いて、隙があれば、人間を斃そうと狙っているというような信仰を持っていたのです。或る時、彼女は王城の甍にその悪霊が蝗(いなご)のように集まって口々に呪文をとなえていたと云う話をしたのです。ところが、どうでしょう。翌月例の太閤秀吉の朝鮮征伐があったのです。その恐ろしい災いを速かに取除こうと云うので、彼女はその悪魔に祈りますと、悪魔はたちまち彼女の前に姿を現して俺は鬼神教の本尊だ。汝の祈りは聞き届けてやるが、汝は鬼神教の信徒になるのだと云って消えたそうです。間もなく戦いは済みましたが、李桂花は或る事からこの鬼神教の本尊に祟られて、永遠に死ぬことが出来なくなったのだそうです。だから、今でも釈宗寺にお出になりますと、李桂花が、まだ生き永らえて、墓地の香華を売っています。・・・ 」


 果たして、その伝説中の、しかもその伝でいけば秀吉の侵略的災難から朝鮮を救った救国英雄ってことにもなるその元妓生・李桂花は、墓地で香華を売っていた。
 その悪魔=鬼神教の本尊ってのが他でもない、イスラムの神アッラーってところが、興味深い。この短編がいつ頃書かれたものか定かでないけど、戦前のまだイスラムが日本で馴染みのない宗教だった時代、アラビア自体が月の砂漠のラクダに乗った王子様や妖魔アラジン、シンド・バッドの奇想天外な冒険といった遥か西方の異郷だった頃故に、アラビアン・ナイト風におどろおどろしい見知らぬ異貌の神として造作したのだろう。

 しかし、朝鮮とイスラムってこの取り合わせ、当時の日本人にとっては如何な風にイメージされたのか。
 朝鮮半島は大陸の端っこということで、大陸の様々な文物の帰着点でもあり、そこから更に海を渡って日本列島に流れ着くのだけど、中国には、もろ“回族”というイスラム化した民族も居て西方の民族と混淆して金髪や碧眼の者も珍しくない。それは総じて中国でも西方寄りに分布した人々であって、逆の東端の朝鮮半島では如何だったのだろう。十世紀前後に一応朝鮮に伝わってはいたらしいけど、定着したって話余り聞かない。


 そもそも黒石のこの悪魔・鬼神教の記述、かなり紛らわしい。
 悪霊がいつの間にか別の名詞=悪魔になっていて、明らかに明瞭に書き分けていながら、
 「 彼女はその悪魔に祈りますと 」
 と、悪霊と悪魔を同一物であるかのように記述している。
 しかし、用心深く考えれば、これって両者はあくまで別物という最後の一皮を残した実に曖昧な表現で、対官憲用に設えられた韜晦的布石と受け取れなくもない。
 当時は、むしろ大正七年の《 三・一 》朝鮮独立運動以来、キリスト教勢力が強かったはずで、そんなキリスト教をイスラム教にすり替えながら、更に本来の意味での悪魔的誘惑・攻撃の排除・克服を唱うキリスト教=イスラム教の側面的教義を前面にもってきて、矛盾撞着したアマルガム(合金)で、いよいよ曖昧模糊とした摩訶不思議な世界・・・隠喩世界の仮構ってことになる。
 当然、当時、朝鮮の独立運動に直接触れるような記述、事件当時の大正ならまだしも、関東大震災後の昭和に入ってからだと、権力・軍部の統制・弾圧も次第に強くなっていて、発禁・伏字三昧を忌避しての予じめの曖昧・韜晦は不可避的所作ってことはあり得たろう。
 

 まだ朝鮮が日本の植民地支配下にあった時代で、“ 自由と独立 ”を高らかに宣言した《 三・一 》を、それ自体として書くよりも、日本の朝鮮侵略の象徴=秀吉の“ 朝鮮征伐 ”に端を発した因果応報的輪廻転生を巡る怪異譚として韜晦してみせたのだろう。例えば救国独立運動に挺身した果てに獄死した梨花学堂(ミッション系)女学生・柳寛順をはじめとする運動家・参加者の慚愧と、李桂花の慟哭が、重複(オーバーラップ)し渾然一体となって、更なる奥深い“恨”の坩堝にゆらぎ続ける。


2

 

 「悪霊が蝗のように集まって口々に呪文をとなえ」=エクソシストの無数の蝗が飛び交うシーンを想い起こさせ旧約聖書的世界のムード十分だけど、そもそも李桂花は何故に不死身、永遠に死ぬことが出来なくなってしまったのか。
 悪魔=鬼神教の本尊が、李桂花の祈願=秀吉(日本)軍の侵略的災厄の除去を、秀吉軍の撤退という形で成就した見返りに、自身の宗教=イスラムの信徒となることを求めたので、彼女も肯ってイスラム教徒となったのだったが、彼女のその後ののっぴきならぬ経緯で、“ 自死 ”してしまう。キリスト・イスラムじゃ自死・自殺は御法度。その禁を破ったために、罰として永遠に死ぬことの出来ぬ不死身な存在となってしまう。
 では、何故に、李桂花は自死する羽目に陥ってしまったのか。
 
 秀吉軍が平壌を侵攻してきた際、平壌王室付の将軍・金応瑞が敗走し、代々その金将軍の下級官史だった鄭申もその後に追従しようとするのを妻だった李桂花が止め、平壌に隠れ住むことに。やがて秀吉軍が朝鮮から退き、新しく平壌の王朝が立てられたものの、以前の王朝の臣下たちは取りたてられず、財産らしきものも持たなかった鄭申はやむなく労役・雑役で糊口を凌ぐ他なく、ついに苛酷な労働に耐え得れず一子・鄭文を残して逝ってしまう。
 
 貧窮の底で、はて李桂花、一体全体どうしたものか、と煩悶した。
 今更、以前の売れっ娘だった妓生の頃の華やかさから一転のみすぼらしさを散々嘲笑われてきた妓生仲間たちの郭(ところ)に戻るにはプライドが許さなかった。いつか見返してやると反撥していたのが、一人息子の鄭文を何とか士大夫(両斑 リャンバン)=官僚にすることでその復讐心を成就することを決意し、当時は女は普通の仕事に就けなかったため、男に身をやつし、一人息子の鄭文をすら騙して文字通り父親・鄭申に成り代わり、自身に鞭打って労役に従事し続けた。さすがに労役だけじゃ到底鄭文を士大夫の考試を受けさせるには覚束ないことを悟ったのか、隠れてかつての束間の妓生の仕事に就くようになり、その甲斐あってか、とうとう十八歳で、鄭文は考試に主席で合格してしまう。
 十六年の艱難辛苦の果てやっと念願叶った次の刹那、李桂花の本当の受苦呻吟はそこから始まった。
 早速、孝行息子の鄭文が彼女に請うた。

              
 「お父さん! 私にお母さんの骸を納めた寺を教えて下さい! 彼女が亡くなられてからまだ二十年たちませんから霊魂は体にとどまっている筈です。私は彼女に一目立身した姿を見せたいと思います・・・」


 万事休す!

 間違っても今更、実は自分が母親の李桂花で、寺の墓地の棺に納められている亡骸こそ父親の鄭申なんだとは言い出せなかった。問題は、当時朝鮮では死ぬと二十年間は棺の中に納められたまま墓地の土の上に安置され続け、それからようやく土の中に葬られる風習だった。棺の蓋を取ると一目でばれてしまう。
 結局、父親・鄭申として家出し行方をくらまし、李桂花として棺の中に自身が入るって狗肉の策を彼女は選んだ。棺の中で自らの舌を噛み切っての自死。彼女にしてみたら、まさか鄭文がこんなに若年で考試に合格するとは夢にも思わず、二十年過ったら骸は土の中に埋められ一切は闇の中を決め込もうとの胸算用、正に青天の霹靂。

 そこに件の長衣・ターバンのアッラーの使いが現れた。

 
「 我はアラーの使いである。汝は我子を欺いて神の最も忌み給う自殺をしたのだ。汝は汝が神の国に住む女の最初の自殺者だ。その報いは汝の霊魂と肉体に返った。汝は最早永遠に死ぬことの出来ぬ女になったのだ。」


それからというもの、李桂花は、百歳になると、自死を謀った三十三歳に戻ってしまうという永遠に死すことのない閉ざされた輪廻の環の中を巡り続けているという。
 鄭文も死に同じ墓地に埋葬され、その孫もやがて死に、墓地の中は代々の子孫の棺や土饅頭でずらり占められていた。
 自分の肉親に先立たれるほど悲しいものはないと、香華売り・李桂花は悲嘆にくれるばかり。

 荒削りじゃあるけど、けっこううまい筋立ての、救国妓生奇譚だと思う。

|

2015年9月22日 (火)

お気に入りの一枚 (2) バルーチの少年たち

P2

 イランからパキスタン側に国境を抜けたクイタフタン。
 周囲は砂漠。
 40℃以上、下手すると50℃ちかくなる熱砂を、えんえん突っ走ってクエッタまで行くバスをえらく待つ羽目になった。
 正確には覚えてないが、恐らく、雨で鉄路が流されるかして不通になったためだろう。砂漠の雨は容易に土石流になるらしい。
 尤も、大部待ったということは、灼熱を避け、陽の落ちた夜の砂漠を走り抜ける夜行便。深夜の砂漠を、ひょっとしてバルーチの遊牧民キャラバンを遠く眺めるチャンスにも巡りあえるかも知れない・・・けど、実際はかなりバウンドや砂埃でかなりハードという話も聞いていた。
 体調が今イチだったせいもあって、カスタムを出て直ぐの、これといって何がある訳でもない砂漠のど真ん中の集落での長時間のバス待ちはしんどかった。
 熱砂と陽光にゆでられ、ともかく陽陰を求めて、二、三軒しかない小さな売店を行ったり来たりして時間を潰す他なかった。丁度中国人旅行者のグループが自分たちのミニバスか何かでやって来ていて暑さをものともせずに皆カメラ片手にほっつき廻っていた。その元気な一団を尻目に、粗末な造りの店の陽陰で、もっぱら清涼飲料をチビチビ出来るだけ長持ちするように飲みながらベンチに長居を決め込んでいた。
 腹の調子が悪かったのだけど、余りに空腹だとまずいと、棚に並んでいたサクランボの缶詰を一缶買って、一個一個ゆっくりと十分に咀嚼しながら胃の腑に送った。スラリとした店の黒髭のバルーチのオーナーとポツリ、ポツリと駄弁りながら、結局大きめ缶一缶全部平らげてしまった。それで下痢するってこともなく、身体の方が求めていたのだろうバウンドするバスでの深夜行も平気で居られた。ぼくの人生の中で、その時ほど、一つの缶詰を時間かけて喰ったことはなかった。

 その内、近所のバルーチの少年たちが現れ、店のベンチで居座りを決め込んでいるぼくに気づき、あれこれ片言の英語で話しかけてきた。その内の一人がくわえタバコを慣れた感じで燻らせてるのが印象的。その少年が、英国のオールド“ アニマルズ ”のボーカル=エリック・バートンにちょっと似た感じで、さながらこのバルーチスターン砂漠の中の雑貨屋は“ 朝日の当たる家 ”って赴きが気に入った次第の一枚。


|

2015年9月12日 (土)

お気に入りの一枚 《 ダッラのアフガン人 》

P1


 前世紀九十年代初頭、パキスタンは北西辺境州( 2010年に、カイバル・パクトゥンクワ州に変名 )の州都・ペシャワールの郊外にある小さな銃の町・ダッラを訪れた。
 この写真の時は二回目で、泊まっていた《 カイバル・ホテル 》の連中とG・T・Sバスに乗って行った。この地域は所謂トライバル・テリトリー。パキスタンの公権力の力が容易に及ばないパシュトン族(パターン人)自治区ってことで、銃器だけじゃなく、これはダッラじゃないが麻薬なんかも店舗の棚に普通に並べているのを見かけたことがあり、一同唖然としてしまったこともある。その分、危険をともなう場合もあるようだ。

 国境を越えれば向こうはアフガニスタン。
 パシュトンは国境を挟んだ向こう側にも住んでいて、元々は一緒だったのを英国が勝手に線引きしてしまったために分かれたに過ぎず、行き来は殆ど自在のようで、写真の彼らも、国境を越えてやって来たアフガン・パシュトンたち。
 何しろ面構えが好い。
 皆そろいも揃って一癖ありそうな男ばかり。
 でも気はいい連中のようで、右端の黒ブルゾンのオヤジがリーダーっぽく、カメラを向けると胸を張ってみせた。彼らも銃を買いに来たのだろう。尤も、この頃はまだソ連軍がアフガンに駐留していた頃で、イスラム解放勢力・ムジャヒディンが政府軍・ソ連軍を相手に戦っていて、ダッラはそもそもが近代的な工場で大量生産されるものとは相違して、小さな工房のマニファクチャー的生産。徒弟制なのか小さな少年も油まみれになって鉄ヤスリをかけてたりしていた。だから、欧米の最新式の銃なんて殆ど無縁の、ソ連・中国なんかの自動小銃カラシニコフやごっつい作りの拳銃トカレフのコピーばかりが店頭に並んでいた。
 勿論店によっては機関銃やロケット・ランチャー、バズーカすら外人客に試射を勧めたりしてたけど、弾丸がバカ高。そして外人客とみれば、シヤープペンに見間違えるペンシル・ガンを買わせようとする。一応弾丸も装填されていて、殺傷能力もあるのだろうが、中には興味本位と護身用に買う物好きもいたらしい。大抵のバックパッカーはわざわざトラブルの元を金を出してまで入手しようとはしない。


 カラシニコフは実弾一発3ルピー、拳銃の方が一発6ルピーと割高。
 世間的常識とは逆。恐らく少年がぼくらが試射し飛び跳ねて地面に転がったカラシニコフの薬莢を必ず捜し持って帰っていたので、何度も使い廻しているのだろう。
 ぼくもカラシニコフとベレッタ風をそれぞれ十発づつ撃ってみた。
 さすがに自動小銃のカラシニコフは反動が大きかったけど、拳銃ベレッタの方は、店員が途中でマガジン弾倉を交換し、「 ブラッシュ!」とか言ってて何のことか分からず引金をひくと、一発づつのはずが続けて二発目も発射し、「 やばい!暴発・・・」と、瞬間、以前ダッラで英国人青年が拳銃暴発で自分の手首を吹っ飛ばしたって話を思い出し、思わず焦ってしまったら、更に続けて弾が飛んでいった。
 結局難なくすんだけど、傍で若い店員がニヤニヤ、びっくりしたボクの顔をみて笑っていた。
 引金を一回ひくと何発か続けて弾丸が飛び出す連発機能を加えたカスタム銃だったのだ。実用的には意味をなさないのは言をまたないが、職人の遊び心的産物って奴なのか。知らなかったぼくは本当に肝を冷してしまった。


 それでも、貧乏旅行者には、安価で、国内では先ず撃つことのできぬ銃を実体験できる、それもムジャヒディンや世界のゲリラが使用している自動小銃カラシニコフが撃てる、結構評判の良いミニ観光スポット、ダッラではあった。

|

2015年9月 2日 (水)

サンジェルマン伯爵からの招待状 《 明かされた秘密 》  ゴット゛フリー・レイ・キング

Photo

   サンジェルマン伯爵


 このゴット゛フリー・レイ・キングというのはペンネームで、本名はガイ・ウォーレン・バラード。1878年カンサス生まれの米国人で、1930年、標高四千メートル級のネーティブ・アメリカンの聖山カリフォルニア州シャスタ山(火山)でサン・ジェルマンと遭遇(本書によればむしろ邂逅)したのを機縁にやがて1934年妻エドナと共に《 I AM 》運動なる神智学的な宗教教団を設立ってことになっている。

 このサン・ジェルマン(伯爵)なる人物、十八世紀英国生まれの音楽家で、後フランスに渡り、錬金術にも長けた社交界の花形だったようだ。中々ミステリアスな存在で、寿命数百年の不死伝説すら漂わせた神話的人物らしく、現在でも神智学・ニューエイジ的宗教世界では、“第七光線”の大師=マスターとして“生きて”いるという。
 そんな時空を超越した神話的人物と遭遇し、更に秘教的伝授まで受けた次第が、説法的口吻で綴られたのがこの《 明かされた秘密 》 なる書である。
 

 このG・R・キングなる神秘主義者、ぼくはこの本で初めて知ったのだけど、この本は、グルジエフの《 注目すべき人々 》やパドマサンバヴァの生涯を綴った《 ペマカタン 》の如く、記された字句通り解釈するのではない、その奥に隠された意味を探り出し読み解く式の寓話的産物なのだろうか?
 
 何しろ、何万年あるいはそれ以上も前から転生=生まれ変わってきた超能力的導師サン・ジェルマンと一緒に時空を越えて過去の文明世界を駆け巡ってゆくのだから。
 どころか、1930年12月31日深夜ロイヤル・ティトンの静修地に集まった百五人の前に金星からの招待客が現れ、施設内にある宇宙の鏡に、金星の風景が映し出されたり、金星での教育システムや人類の想像をはるかに超える様々な発明品や機器を紹介し、更に、当時からその後七十年間( つまり、二十世紀末まで)に起きる地球の激変の様子までもが映し出される。
 このニュアンスからすると、どうもこれは、寓意でも寓話でもなく、象徴ですらなく、字句通りに解すべき伝道の書ってところのようだ。

 『 神以外に至高の存在はない。キリスト以外に永遠と真理はなく、光以外に真実はない。これら三つは《 一なるもの 》だ。その他はどれも闇に過ぎぬ。覚えておくがよい。覆い隠し、人間を惑わし、つまずかせるのは闇である。』

 
 『 神は世界を完璧なものに創造し、子どもたちにも自分と同じ力を授けられた。本来、人間も完璧なものを創造し維持できる。神の支配を地上で表現していかれるはずなのだ。人間は父なる神の似姿に創られたのだから。そうならないのは、一人ひとりが自分に授けられた神の権限を正しく使って自分を統治していないからだ。』


 『 地球に不幸を創造したのは汝らだ。汝らさえ自由意志に基づき、思考と感情を使って好き勝手に創造しなければ、不和や貧困、逸脱は、この地上に存在しえなかったはずだ。』


 この三つの、神と人間というより、専ら神自身の本質に関する言及って、ユダヤ=キリスト的絶対的一神教の基本的特徴で、属性として万物の創造を前面に押し出してくる。
 神が“ 世界を完璧なもの ”として創造した、と高らかに謳(うた)い挙げながらも、さっそくすぐその後で、過誤・失敗も災禍・凶悪も、すべて人間が勝手にやらかした事として断じ、けんもホロロに取りつくしまもない。
 “世界の完璧な創造”ってことを、独断的に絶対的なものとして截然と宣言した割には、余りにも恣意的に過ぎて、ぼくみたいな所謂“ 日教組教育( そんなものが現実に存在したとはどう考えても思えないのだけど末法的日本の流行言葉のようなので使わさせて貰うのだけど ) ”を受けた者としては、“論理の破綻” あるいは “すり替え” 以外の何ものでもなく、結局なんだかんだと、例えば“愛”なんかを勿体ぶって高く掲げてみせても、その論理と本質って昨今のイスラム国家=ISと大差ない胡散臭く且つ場合によっては悪辣・陰惨極まりない存在としてしか思えない。
 次の説話なんて好個の例。


 『 地球上に生きる人類は、しばしば無知や限界からイエスその他のアセンデッド・マスターたちについて、あれこれ批判しては裁きたがる。この種の行為はすでに常態化しているが、批判や裁きによって放たれた力は送り主に戻るだけ。そして、自分で作り出した限界や苦悩に強く縛られることになる。自身の努力で人間的な限界から解き放たれたアセンデッド・マスターたちは、眩い光を注ぐ存在になっているので、不和をもたらす人間の思考が彼らに及ぶことはない。これは人間によって生み出された破壊的な思考や感情が、それらを創造した者に跳ね返り、さらに自分自身をがんじがらめにすることを意味する。』


 基本、“ 神の実在”を自ら証し、問や批判に真摯に応えねばならないにもかかわらず、そんな素振りすら見せることもせず、専ら自ら証す能力がないのを隠してなのか棚にあげてなのか更にはひょっとして漸く苦労して手中にした秘密の真実を守銭奴の如く出し惜しみ、他の人々に無料で披瀝するのが堪えられないからなのか、質問者・批判者を貶め、どころか“ 因果応報 ”的な論理の衣の下に報復的な暴力性をすら顕わにしている。
 万物創世神=ヤハウエが、一体何が癇に障ったのか知らないけど、“ノアの大洪水”での人類・動植物殲滅や“ソドムとゴモラ”での都市住民殲滅をやらかした(らしい)その思想と論理あるいはDNAの継承者としての証ってことなのか。だったら、彼らは、既存の伝統的一神教と何ら変わることもない横並びの、それも落ち穂拾い的な単なる新興宗教(者)に過ぎない。
 

  『 民衆を統制する地位に上り詰めるひと握りの人間は、自分は彼らに何が貢献できるか、一人ひとりに最大限の奉仕をするにはどうすればいいかを知るために、十分な知性を身につけておくべきだ。』
 
 
 “ 貢献 ”、“ 奉仕 ”ってものがむしろ恐ろしい響きをもってきかねない。
 “ 聖(賢)人支配 ”って、畢竟(ひっきょう)、全体主義的独裁国家の別名に過ぎないのだから。彼らの文脈の上での《 シャンバラ 》は願いさげだ。ジョージ・オーウェルの《 1984年 》もびっくりの、真っ白いディストピアってところだろう。それこそ、老子の“ 限りなく支配しない支配 ”の方こそを願いたいものだ。
 白色ディストピアの好個の例として、確かに一読の価値はある。 
 


 
            《 明かされた秘密 》 ゴット゛フリー・レイ・キング
                訳=八重樫克彦・由貴子 (ナチュラル・スピリット)


 

   

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »