« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の3件の記事

2015年10月31日 (土)

擬制としての希望 『 ストーカー 』(1979年)

Stalter1
  


 最新のリマスター版ってことで、11インチのノートパソコンで観た映像は、何やら仄暗い覗き穴の向こうの異世界的観覧って趣きで、時間の長さをそれほど感じさせなかった。

暗いセピアに沈んだモノトーン世界・・・それはリアルタイムな現実世界。
 一歩、立入禁止地域《ゾーン》に踏み入ると、たちまち淡い色彩のしかし死に絶えたような静謐な世界。
 実に端的な図式。

 原因不明の突発的惨事によってすべての住民が死傷あるいは退避して無人の封鎖エリアと化し、深いヴェールに包まれたままの《 ゾーン 》。
 出入口を固めた警察も、侵入を試みる者には容赦なく銃弾を雨あられと降り注ぐが、決して《 ゾーン 》の中に入ってまで追って来くることはしない。
 どういう訳か皆“春”に発生したスリーマイル島・チェルノブイリ・フクシマ原発事件を想起させる禍々しさ・・・けれど、出入口で監視している警官たちが放射能や細菌から身を守る防護服を纏ってないのからすると、どうもそんな災害ではないのかも知れないいよいよ訝しく不可解な封鎖と破壊の爪痕を残した廃墟群。
 やはり、巨大な隕石かUFOでも墜落して生じた惨事の結果なのか。
 それでも大きな高圧線に使うような碍子(がいし)風の装置を載せた貨物車両だけはその封鎖エリア=《 ゾーン 》を出入りしているようだ。
 一切の生物が死に絶えたような廃墟世界・・・当時の流行でいえば正に世紀末的終末論世界。


 1984年にイタリアに亡命したA・タルコフスキーのソ連(ロシア)での最後の作品という。
 ペレストロイカ(改革)以前の作品で、まだまだソ連共産党による全体主義的支配が色濃かった時代の産物で、 《幸せが叶う》部屋=《ゾーン》というフレーズが嫌でも政治的プロパガンダ的ニュアンス、意味を帯びてしまう。
 いみじくも、約束を破って再び禁断の地《ゾーン》に客を連れて行く違法なガイドの仕事に赴こうとするストーカーに日々の生活に疲れたような妻の罵りに対してストーカーが零してみせる。

 「俺にとっては何処でも牢獄だ。」

 正に、ソビエト共和国=世界が、牢獄的世界=モノトーンな由縁。
 突如降って湧いたような恐るべき禁断の地=《ゾーン》の何処かに、いつの頃からか、幸せが得られる、夢が叶う部屋があるという噂が広まり始めた。
 それは正に、現実体制に疲弊し病みあるいは呻吟し切った人々にとっての“希望”。
 
 ストーカーに案内されて違法エリア《ゾーン》に入ってゆく二人。
 作家と科学者(物理学教授)。
 二人とも知識人(インテリゲンチャ)として、不正規労働者・自由労働者・ルンペンプロレタリアートとも謂うべきストーカーに対比する存在なのだろうが、この物理学者、この《ゾーン》の魔法の小部屋を人々をたぶらかす“まやかし”、結局は悪用されるだけとして指弾し、隠し持ってきた高性能爆弾で木っ端微塵に破壊しようとする。結局は二人に阻止され思い留まるけど、破壊力20キロトン(長崎に落とされた原爆並)というから小型原子爆弾ってところか。

Stalker3


「 《ゾーン》は罠のシステムなんです。
はまれば死にます。
無人のときはともあれ
人が入ってくると活動をはじめます。
旧い罠が消えて新し罠がうまれ
安全だったところも危険に
単純にみえた道筋も混乱に転じてゆく
それが《ゾーン》です。
じつはわたしたちの精神状態の反映です 」


 
 《ゾーン》の秘密をストーカーが語ってみせたフレーズだけど、タルコフスキーの前々作《 惑星ソラリス 》(1972年)で、惑星ソラリスの海が、接近・侵入しようとする人間に対してその人間の内面を反映し物質化する機能を備えていたのと相似していて興味深い。


 原作のストルガツキー兄弟のSF小説《 路傍のピクニック 》(1972年)じゃ、タイトル通り、宇宙人一行が、宇宙の旅の途次、ふと地球に立ち寄って束の間のピクニックに興じそして去っていったに過ぎないその遺留的痕跡=《ゾーン》といったニュアンスらしく、彼等が留まった場所のあっちこっちに残していった物品を、当局と宇宙人が張り巡らした“罠”の危険を顧みずに《ゾーン》に侵入し持ち出して高値で売りさばいて生業としている者達のことをストーカーと呼んだという。
 映像的には絶妙な効果をあげていた《ゾーン》のあちこちの水溜まりや溝底で、意味ありげに鈍く金属色に煌めいていた廃墟の元住人達が使っていたかのような用具って、実は生活の痕跡と同時にそんな意味合いも含んだ重層的なものだった。
 

 《 ストーカー 》 

監督     アンドレイ・タルコフスキー
原作・脚本 アルカージー・ストルガツキー&ボリス・ストルガツキー
音楽     エドゥアルド・アルテミエフ
撮影     アレクサンドル・クニャジンスキー
制作     モス・フィルム(1979年) ソ連

|

2015年10月24日 (土)

吾が邪悪の地 《 聖愚者の物語 》 甲斐大策 

Sarahang 


 比較的最近、新聞の三面記事に載っててびっくりさせられてしまったアフガン主義者・甲斐大策。出火という災難だったのだけど、本人は無事、アトリエは全焼ってことだった。その後も、元気にあっちこっちに出没してるらしく、その内、新作小説も読めるのかも知れない。その彼の、2003年の短編集。 
 

 アフガン国境と隣接したパキスタン北西辺境州の州都そしてまたガンダーラ文化の中心地でもあった古都ペシャワール。
 ペシャワール鉄道駅を挟んで旧市街と対峙するように位置した英国植民地以来の新市街。旧市街から伸びたサダル通りにはグリーン・ホテルやGPO(中央郵便局)、新聞社なんかが軒を連ね、バックパッカーの溜り場として有名だったカイバル・ホテルの裏側あたりからサダル・バザールの小さな界隈が拡がっていた。サダル通りの比較的大きなアフガン・カーペットやハンディークラフト・ショップと相違して、小さなアフガン・ショップばかり。
 大抵がアフガン戦争による難民で、かつてはソ連軍侵攻とその後の内部紛争によって、更に現在まで至る米軍・アルカイダ=タリバンのこれ見よがしな相克戦によって出国を余儀なくされた人々が異郷で生活の糧を獲るためのなけなしの生業といったところなんだろう。カブールにあった書店すらが引っ越してきていた。


 そんなサダル・バザールの一角で、祖父と共に、小さなアフガン・カーペット屋を営んでいたヤワーズィ。やがて祖父が亡くなり、結局二十年近く異郷の地ペシャワールで過ごした。 将来に明るい展望がいよいよ望むべくもなくなってしまったからか、あるいは長年の念願だった“ 帰郷 ”なのか・・・ヤワーズィは、国境を越え、郷里カブールのショロ・バザールへと戻ってきた。
 長い騒乱・戦争で破壊され尽くしたかつてカブール一の賑わいをみせていたショロ・バザール。しんしんと冷え始めた夜半、以前自分たち家族が住んでいた家のあったと覚しき跡地に一人坐し、すつぽりツァーダル(薄手の携帯用毛布あるいは肩掛け)に全身を包んだまま、ラジカセから流れる十二歳の時界隈の結婚式で見て以来聴き続けてきた国民的人気歌手サラハングの《 ジャネ・ハラーバタム 》にじっと耳を傾けた。
 清濁混淆した汚泥の濁流・・・人間世界を凝縮したものとして自身の生まれ育ったショロ・バザールを唱ったこの曲に身をゆだねている内、かつてのショロ・バザールの隣人達の顔々が次から次へと熱い息吹をもって浮かびあがってくる。
 一筋、頬を涙が伝い落ちてゆく。
 既に冷たくなりつつあったヤワーズィの最後の陶然とした熱い一瞬だったのか、あるいは歩き疲れた果ての束の間の微睡み夢うつつ。

 やがて、一人の老人が驢馬を引きながらやってきた。
 地面に坐したまま身じろぎもしない男に気がつき、身に纏ったツァーダルから流れてくるサラハングの《 ジャネ・ハラーバタム 》に、ふと、老人は悟ったかのように呟く。


 「・・・もしかしてあんた、ヤワーズィじゃないか、・・・おい!」


 正に、英国・ソ連・米国によって連綿と蹂躙されてきたアフガンの近代史。 
 こんなショート短編が四十数篇。
  《ペシャワール会》の会報に十数年間連載してきたショート短編作品集らしい。
 同じく会報に掲載されてきたらしい表紙絵やイラストも一部載せられている。イスラム風のこだわりをみせた装幀も、正に甲斐大策ワールド。
  
 
    
     《 聖愚者の物語 》 甲斐大策 (石風社)2003年


|

2015年10月10日 (土)

大正末的青春的焦躁  シュトルム・ウント・ドランクッ

1

 端的にいえば、以前、詩人・秋山清と同郷・隣人且つ縁戚のアナキズム運動家・詩人として紹介した中浜鉄=ギロチン社の同志・仲間たちの、大正末的青春群像劇。
 捜せばそれなりにあるのだろうけれど、この明治・大正の頃の自由主義的・社会主義的な運動家たちの世界を扱った映画って、ぼくは吉田喜重・監督作品《 エロス+虐殺 》( 1970年 )ぐらいしか観たことがない。他にも二、三あるらしいけど。

 《 エロス+虐殺 》は、タイトル通り、明治末の冬の時代から関東大震災までの束の間の大正デモクラシーといわれた時代におけるエロス・タナトス的展開ってところで、どちらかといえばシリアスな作りだったのに比して、如何にも風の舞台装置とステレオ・タイプな軽いノリって作風で、これはしかし、震災のドサクサに虐殺された朝鮮人・中国人・社会主義者、なかんずく中浜鉄が敬愛していたアナーキスト・大杉栄とその妻伊藤野枝、たまたま居合わせた甥の五歳の少年・橘宗一の報復を目しての一連の彼らの行動が、何とも稚拙きわまりない結果となってしまっていたお粗末さ故に、シリアスに作ろうとすればするほど、滑稽じみてきかねない。それ故の、ユーモラス(ぼく的には全然ユーモラスに感じられなかった)な軽調的展開って訳だったのだろうか。
 ギロチン社の青年たちって、余りに牧歌的。
 それもまた良し、というますます加速してゆく閉塞的時代の只中で、性急さばかりが一人歩きしていった孤立無援な諦念にも似たニヒリズム。

 それにしても、大杉たちを殺害した甘粕大尉を演じていた老爺が、あがた魚夫だったとは・・・


   《 シュトルム・ウント・ドランクッ 》2015年作品   
         監督・山田勇男

                         


|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »