« タイ中世の業(カルマ)的因果応報譚 《 クンチャーン、クン・ペーン 》 | トップページ | 小倉=長州・企救郡百姓(農民)一揆 ノート (1) »

2016年1月24日 (日)

藤原新也=指原莉乃  《 SWITCH 》 2月号

 


 藤原新也・原作の映画《 渋谷 》(2009年)にAKB48の大島優子が出演(脇役)していたのは知っていたけど、今月発売の《 SWITCH 》の表紙に、新也の撮った同じAKBグループのHKT48の指原莉乃の写真が掲げられていた。

 彼の代表作《 東京漂流 》の新たなバージョンともいうべき《 新東京漂流 》の一環らしい。所謂、眼力(めじから)のあるリアルな指原の表情ではあるが、
 
 『 窓のカーテンを開けるといつも見ていた街が無くなっていて、荒れ果てた風景が遠くまで続いてた』
 
 ・・・つまり、《 9・11 》~《 3・11 》によって脳裏に刻印された“ 世界の崩壊の瞬間 ”のゆらぎ的蒼貌ってことのようだ。

 
 《 藤原新也 新東京漂流─若者のすべて 》と銘打ったフォト・ストーリーの中の巻頭の一枚で、指原当人もツィッターで本来は本文のページ写真の一枚に過ぎなかったのが撮影後急遽表紙を飾ることになった旨報告してたように、新也自身が気に入ったのだろう。
 その巻頭写真の一頁前の《 プロローグ 5分後の世界 》で、その指原の理由をこう述べている。


 「 今は個人ではなく群が顔となる時代だと思う・・・やはり尽きるところ時代を開拓したAKB48でしょ。そのセンターである指原莉乃を撮るということです。」

 「 ぼくはAKB48はその群成する人々の時代の危機回避のシェルターだと思ってる。二〇〇一年の9・11から・・・・・・世界は五分後にはとつぜん何が起こるかわからない時代になったし、それと同時進行的に若者の生活環境もむちゃくちゃ苛酷になっている。避難場所が必要なんだね。」

 
 そして、ガンコ親爺・新也すらも、ご多分に漏れず、指原のところを、
 “ きれいに撮ってあげたいという親心を誘う子ですね。”
 と正直に吐露している。
 むむっ、指原の思う壺ではないか。
 AKBのある種の人気娘は握手会なんかで手練手管を弄するらしいけど、指原の場合、トラウマを内に抱えた傷ついた乙女的オーラを漂わせるだけでむしろファン・オタクたちの方から歩み寄ってくる仕儀のようで、指原自身彼女の在籍しているHKT48の人気今イチなメンバーたちに“ 手を差しのばしたくなるような ”オーラの得策を説いてもいるようだ。
 アキバのAKB劇場での10周年記念のコンサートの終わった後の、前田敦子と大島優子の元センターの二人が並んだショットもある。こっちは普通に微笑ポーズ。


 「 リビングの窓の外に広がる
  荒れ果てた風景から
  君たちの時代ははじまった。」
 
 から始まる写真群の後に綴られた《 ドキュメント 荒野の窓 》だけど、確かに、開け放たれた窓の向こうにくすみ朽ち果てた廃墟が連なってたりする昨今の国内地方の定番光景ではあるが、それ以上に《 9・11 》から特に米国・ハリウッド映画で顕著に見られるようになった風景でもある。
 ニユーヨーク・ツインタワー崩壊ってそれまでの米国支配的秩序の象徴の崩落ってイメージを世界に刷りこませたかも知れないけど、そもそもベトナム戦争の頃から、何時そんな事態が派生したとしても不思議ではなかった、むしろ半世紀近く殆ど何も起こらなかったのが奇蹟に近かった。ベトナム人たちの心のおおらかさを証すばかり。
 あれでもし、ペンタゴンの将軍たちが企んだように(ベトナムに)核兵器でも使用していたら、もっと早く《 9・11 》的事態が招来されていたのかも知れなかった。そんな十分に考えられる論理的帰結=惨禍であっても、ペンタゴンにとっては、米国市民二千万人ぐらいの死は想定内の予め組み込み済みの一連の悪辣らしい、と何処かで読んだか観たかの記憶がある。
 つまり、蛙の面にションベン、何のこっちゃいって寸法らしい。
 その上での、昨今の国際テロ騒ぎって訳だ。
 
 終わりの方に、指原が監督したHKT48の映画の番宣もどきのミニ・インタビューがあって、ロジヤー・ムーア張りの指原の四方山話まで掲載されている。

|

« タイ中世の業(カルマ)的因果応報譚 《 クンチャーン、クン・ペーン 》 | トップページ | 小倉=長州・企救郡百姓(農民)一揆 ノート (1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事