« 艶陽天 CHAO CAFE | トップページ | 大正・昭和モノクロ的青春残酷物語 : 放浪記(1962年) »

2016年4月28日 (木)

旅先で買った本 an Historical Guide to Afghanistan

Afgan1

 アフガニスタン、二十数年前も、現在も、基本的に状況は変わってなくて、相も変わらず多くの難民達が、隣国のパキスタンやイラン、あるいはもっと遠隔の地で、うんざりしながら何時果てるとも知れぬ権力闘争の終焉するのをじっと待ち続けている。
 
 ちょうど米英(主導)がサダム・フセインのイラクに侵攻した第一次湾岸戦争の頃、パキスタンは北西辺境州の州都・ペシヤワールの、まだ存在していた《カイバル・ホテル》にぼくは滞在していて、サダル・バザールのロータリーにサダム・フセインの顔を印刷した反米ポスターがずらり貼り巡らされているのを見て、てっきりパキスタンは米国一辺倒と思い込んでいたので驚いてしまった。政府・権力は米英支持のポーズはとりつつも、イスラム勢力にとってはやっぱりイラク=イスラム教国攻撃を容認する訳にはいかないのだろう。
 規模は小さかったものの、《カイバル・ホテル》前のサダル通りを旧市街に向かって、サダム支持=反米のデモ隊も示威行進をしていたのが印象的だった。


Afgan3


 これがアフガンとなると、もっとあれこれ様々な勢力・要因が混沌・錯綜してしまって、容易に解決の途が見出せないまま、少なくとも“ソ連のアフガン侵攻”からしても、もう数十年が過ってしまった。ソ連軍撤退後も組んずほぐれつの暗闘死闘を繰り返したマスード、ヘクマチアール、ドスタムたち。
 英国・ソ連・米国が、アフガニスタンを己が版図に組み入れようと画策・侵略してきたのがアフガン近代史。強大な敵国を相手に最後まで頑強に抵抗をし続けてきた不屈性。それが故にの、今度は底なしの内部的鬱屈と抗争。
 アフガニスタン高地に春が訪れるのは一体何時のことだろう。


Afgan4

 この本、米国女性が書いたアフガニスタンのガイドブック《an Historical Guide to Afghanistan》(1970年)の第2版(1977年)を買ったのは、2回目か、3回目のペシャワール滞在の時だったろうか。
 以前は見なかった新しく引っ越してきたアフガン書店の、余り人気のない店内で見つけた。他の今ひとつ脆弱な造本の本が多い中、些か古めかしさを禁じ得なかったもののしっかりした造作で、奥付を確かめてみると、何と日本製とあった。
 
 “ Printed by JAGRA,LTD.,Tokyo : Japan ”

 観光局や博物館の気付の刊行物扱いなので、しっかりとした印刷技術と何らかのオフィシャルな成りゆきで、わざわざ日本の印刷関連団体による印刷・造本となったのだろう。   
 著者の1927年インド生まれの米国人・ナンシー・デュプリー、今だ健在のようで、カブール大学のアフガニスタン・センターの理事を務めているらしい。
 ブログ見ると、1962年に外交官の妻として初めてアフガンを訪れ、数年後、アフガンを再訪した際、高名な考古学者ルイス・デュプリーと遭遇し恋いに陥って、前夫と別れ、一緒になってから、本格的にアフガニスタンの文化や歴史を実地で学ぶようになり、幾冊ものアフガンに関する著作を出版することになったようだ。内戦中は、ペシャワールで難民関係の仕事に就いていたらしい。
 カバーに著者ナンシーの写真がついてるが、ウィキペディアに掲載されている写真は随分と歳を喰っていて、年齢を計算してみたら90歳近かった。心底アフガンに憑かれたのだろう。僕等より一世代前の、まだアフガンにすんなりと入れていた時代の甲斐大策なんかその典型。僕等の世代の旅行者にもアフガン好きは多かったし、あれこれアフガン行を謀らんでもいた。

 当時、そのアフガンのガイド・ブックがなかった。
 《 ロンリー・プラネット 》のアフガン編が出たのは大部後で、しかしながら、このナンシー・デュプリーのガイドブック、あくまで文化・歴史(考古学)を基準にしたガイドブックで、各地の特産物の紹介はあるけど、旅行者の欲しがるアコモデションズ(宿泊・食事)なんかの記述はない。それでも、遺構の図版や庶民・景観のカラー写真を含めて500頁近い力作で、アフガンの地図を拡げながら、アフガン各地の文化や歴史的考古学的な四方山を一つ一つ辿ってゆくには恰好の一冊。(僕の場合、英語辞典も必帯だけど)


Afgan2


|

« 艶陽天 CHAO CAFE | トップページ | 大正・昭和モノクロ的青春残酷物語 : 放浪記(1962年) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事