« ブラフマーの聖地 プシュカル ( 旅先のパンフレット ) | トップページ | 関門相克史・後日譚 《 門司港の英国領事館 》 »

2017年2月18日 (土)

中国武侠映画的覚書

1


 以前、図書館の払い下げコーナーで、中国武侠映画の雄=キン・フー(胡金銓)監督の《 侠女 》の女主人公の絵の横に“ キン・フーからツイ・ハークまで 武侠片は死んだのか? ”という月並みだけどちょっと気になる見出しに釣られて遂い貰ってしまった中国雑誌《 三聯・生活周刊 》(2012年1月)を久し振りに取り出してみた。
 この雑誌は、ルーツは戦前まで溯る総合雑誌のようで、恐らく前年末の12月に中国全土で封切りになったばかりのツイ・ハーク(徐克)監督・ジェット・リー主演の3D武侠(古装)映画《 龍門飛甲 》(邦題:ドラゴンゲート空飛ぶ剣と幻の秘宝)に合わせた企画なのだろう。筆者はワン・カイとなっていて、この記事の後に続けて《 武侠映画の二つの世界 》(武侠電影的両個世界)をキン・フーとツイ・ハークを中心に展開した一文も掲載している。
 《 龍門飛甲 》は以前に紹介したことがあるがツイ・ハークとジェット・リーのコンビってこともあってキン・フー、ツイ・ハークの師弟二代にわたる《龍門客桟》シリーズの新たな3D巨片化って趣きで、正に面目躍如、結構面白く観させてもらった。


 ワン・カイによると、60、70年代に始まった中国武侠映画の新しい波の中心に立って活躍してきた監督・張徹が当時を振り返って、やはり第一人者はキン・フー、二位が彼張徹自身、三位は楚原とランキングをしたらしい。キン・フー以外の二者については未知だけど、ネットで調べたら結構活躍していたようだ。
 でも、当時、第一人者の、あの黒澤明ですらが一目置いていたキン・フーでさえも、後にカンヌ映画祭で受賞した《 侠女 》の撮影終了の後、映画会社がそれまでも会社の意向を無視して中々コンスタントに映画を作ろうとせず、制作費ばかりそれも多額の浪費を決め込むキン・フーに愛想を尽かしてか、カンヌでの受賞をすら怪しみ、もはや彼の好き勝手にはさせなくなっていて、結局キン・フー、カンヌ映画祭には、借金して渡航費を作って赴いた挙句での受賞だったらしい。

 そもそもキン・フーって、作家・老舎と明史の研究、世界中の図書館巡りが趣味で、仲間との酒宴も併せて、一端映画撮影に入ってしまうと断念せざるを得ないのが堪えられなくて、中々映画を撮ろうとしなかったという。何か人生をえらく損するような強迫観念に囚われるのだろう。それはしかし、映画会社にとっては、国際的に有名ではあっても、金と時間ばかり喰う寡作監督って、実に厄介な存在なのだろう。
 《 侠女 》の撮影には九ヶ月の時間と一万人以上の人員動因、広大な古い建物群のセット、更にその上、明史に詳しいぶん時代考証に拘り、当時の衣裳になんかにも素材から拘ったりで予算もどんどんかさんでいったらしい。そんな彼の行き方故に、しまいには彼の映画に出資してくれる企業を捜すのも大変になっていたのも意に介すことなく、己がスタイルを変えることもなく、人物や寺廟等をあたかも一幅の山水画の如く描こうとして湯水のように予算を使いまくり、確かに芸術性は高かろうが観客との間の乖離は拡がるばかり。やっとついてくれた出資者たちをも煩わせ不快にすることしきりだったようだ。これは頻くある作家(性)と採算(性)の問題で、洋の東西を問わない。


A


 以下、要約すると、米国帰りのツイ・ハークと一緒に《 笑傲江湖 》(1990年)を制作した際も、相も変わらず完全主義的な作品本位主義的志向に走り、香港の映画会社との契約期間をとっくに過ぎても衣裳なんかに拘りまくったりで埒があかず、とうとうツイ・ハークが交替し、彼の兄弟たちとあっちこっちから金をかき集めて予算を作り、一月で完成させてしまった。
 尤も、そのツイ・ハークもキン・フーに負けず劣らずの浪費家で、《 新蜀山剣侠 》じゃ、仙女たちが飛翔するシーンのワイヤー・ワーク撮影のために、わざわざ香港の武術監督を呼び集めたりしたようだ。彼の作風は、キン・フーのリアリズムと真逆な、けれん味たっぷりな奇想天外な空想的リアリズムといったところ。
 ツイ・ハークの初期の頃は、西洋科学と幻想映画の結合を企図していたものの、次第に西洋的なものとの結合に違和感を覚えるようになったのか、東洋的な方途に傾き始め、ジェット・リー主演《 黄飛鴻 》シリーズでは一昔前の中国の勇壮なシーンを作ってみせた。
 ワン・カイは、その背景に、ツイ・ハークの西方文化に対抗しようとする観念・思想を指摘する。勿論、例えば、彼の(2012年当時の)最新作《 竜門飛鴻 》じゃ、新しい映像(世界)を創出するために、最新のテクノロジーを用いたりもしている。


 中国の武侠映画の本質は、復讐の快感=怒りのカタルシスだという説もあるけど、確かに最近のブルース・リーの師匠ってことで有名な詠春拳達人=葉問《イップ・マン》シリーズなんかそのいい例だろう。最後には、イップ・マンが理不尽な外人をやっつけるって寸法だ。しかしこれじゃ何としてもレベルが低く、“侠”とは言い難い。
 武侠映画の歴史において、真正の英雄として人物造形されたものは数が知れていて、秀作を多く作ってきたキン・フーでさえ例外ではない。彼の人物造形した高僧も人心を感化できたとは言えず、安易な御都合主義のレッテルを貼られても致し方ないだろう。


C


 最後に、
 「一つの映画には一つの武侠の夢がある」
 これが宣伝のための単なるキャッチ・コピーであったとしても、あるいは真実の核心をついたものであったとしても、ともあれ、中国独自のこの武侠片というジャンルは、これからも生き延びてゆくのだろう、と期待を込めて結んでいる。

 この最後の言葉の前に、米国・ハリウッド映画が70年代の武侠映画を分析研究して作られた、名前は知っているものの未見のアニメ映画《カンフー・パンダ》の世界的成功に触れた後、では中国武侠映画の方はといえば、粗製濫造の旧態依然、すっかり行き詰まって前方にあるのは隘路ばかりって危機感を吐露してはいるのだけど、結局、“武侠映画は死んだのか”(武侠片已死?)ってセンセーショナルなタイトルにしては、案の定、月並みなものでしかなかったのは残念。
 中国映画なんて映画館で観れるのは希有な、わが南西辺境州じゃ、いわんや武侠映画なんてレンタル・ビデオで観るしかない。尤も、昨今は有難いことに、youtubeや中国のネットでそれなりには観れなくもないけど、字幕が基本、中国語か英語って制約があるのが玉に瑕。
 王家衛の《 グランド・マスター 》(2013年)の脚本を担当し、自らメガホンを取った《 倭寇的踪跡 》(2011年)の原作者でもある作家の徐浩峰の、《 箭士柳白猿 》(2012年)が中々面白そうで観てみたいのだけど、中国ネットあれこれ捜してみたものの予告編やらの部分的なものばかり。箭士とは弓士のことらしく、時代も民国初頭ってことで、いよいよ廃れてゆく武術としての弓ってところが良い。前作でも倭寇の残滓とも謂える倭刀が興味深かったし、独特のリアリズムも魅力的だった。


D


|

« ブラフマーの聖地 プシュカル ( 旅先のパンフレット ) | トップページ | 関門相克史・後日譚 《 門司港の英国領事館 》 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事