« 旅先の現地本 | トップページ | ハリマオ(谷豊)は南進の輝ける南十字星か ? ( 1 ) »

2018年4月25日 (水)

青桐の陰の白壁の暗い家  黒石的生地

Nagasaki_b0

 ( カトリック教会、その名も八幡町教会。かつては歌舞伎館・八幡座が建っていた。) 


 銅座河の細工場から、鳳雲泰と彼の跡をつけていった牛島秀夫が、寺町を抜け、中川に差し掛かる手前に、「水車場の並木、聖堂」のコースと重なるかどうかはともかく、作者の黒石の生地といわれている《 八幡神社=宮地嶽神社 》がある。
 
 
 「 支那海の波が長崎港へ押し寄せて来る、英彦山がまともに見えるだろう、山麓の蛍茶屋から三つ目の橋際に芝居小屋があるだろう、その隣が八幡宮だ。鳥居をくぐると青桐の陰に白壁の暗い家がある。今でも無論あるはずだ。そこでお袋は俺を生んで直ぐ死んだ。」       『 人間開業 』大泉黒石全集 1 (緑書房)
 

Nagasaki_b9

 ( かつて黒石が生まれたといわれる宮地嶽神社=八幡神社。奥の鳥居が明治に立てられた有田焼製の鳥居。)


 
 路面電車の《 諏訪神社前 》と《 新大工町 》の真ん中あたりから南下し、中川を越えて百メートルぐらいの民家の密集した一角にその神社はあった。
 時節柄、この近辺の中川沿いにはずらり桜が咲き乱れ春の微風に桜花舞い、雰囲気は十分に盛り上がって、いざ黒石の生誕の地の神社の前に立ってみると、果たして、ネットで予め知っていた有田焼製の《 宮地嶽神社 》の鳥居の向こう、人影もまったくない境内の奥に拝殿が一つ真昼の陽光に白々と照らし出されているばかりの、すっかり白日夢世界。
 煤けた感じの拝殿の背後も車が停まっていて、普通あるべきはずの本殿の姿も見えない。何のことはない、最初何か変と思ったのは、道路に面した二つの鳥居と奥の拝殿以外、つまり境内がそまののコンクリート床の駐車場になっていたからだった。駐車場の只中に、ぽつんと、鳥居と拝殿だけが立っている妙な空間のせいであった。
 入口の二つの鳥居は前後しているが共に明治の刻印があり、拝殿両サイドに控えた狛犬は安政の産。


Nagasaki_b14

 ( 前の通りを右に行くと、かつての八幡座、現・カトリック教会の前を通って中川に出る。)


Nagasaki_b11_2

 ( 鳥居のすぐ隣には奥行の無い民家が連なっていて、確かに時代を経るにしたがってどんどん敷地・境内を浸蝕されてきたような神社ってよく見かけるけど、ここの場合、黒石が生まれた明治の頃に既に現在と同じくらいに間口が狭かったのだろうか。)

 確かに、青桐こそ影も形もなかったけど、石鳥居のすぐ片側隣に、もう民家の、それも玄関が迫っていて、黒石の生まれ育った家もそこら辺だったのだろう。
 神社の中に民家があるってのは余り聞かず、一体如何なるなりゆきで境内に民家が建つ成行きになったのだろうと怪訝に思っていたら、何のことはない、間近かに隣接していたのだった。あるいは、当時は神社の敷地内ってことだったのかも知れない。
 その民家の北側、つまり川側の隣が、現在こそカトリック系教会の敷地になってるが、昭和初期まで《 八幡座 》という芝居小屋が建っていたらしく、移動の余地はない。
 ひょっとして今は駐車場になっている方に建っていた可能性も捨てきれない。それだと青桐の立っていられる空間も確保されるのだけど、すると殆ど間口が鳥居分しかないいよいよ狭苦しい神社ってことになってしまう。ここも、明治維新の際の廃仏毀釈で、仏教寺院が廃されて八幡神社が残った由。だとすると、本来はもっと広かったはず。明治維新政府権力の仏閣を廃してまでの天皇=神道至上化政策も、それほど現実で゛は効力もなく、通りのふとした狭間の鳥居分だけの小祠堂並みに凋落してしまったという訳か。
 ともかく、当時は如何なる状況にあったか不明なので、所詮推測・推論の域を出ない。


Nagasaki_b12


Nagasaki_b13

 拝殿の石段に坐ってペット茶をちびりちびり飲みながら気づいたのは、拝殿の側の床は、コンクリートじゃなく石畳になっていることだった。コンクリの所は、以前は土剥き出しの地面か玉砂利だったのだろう。経営上の問題でか駐車場にする際にコンクリで覆ったのか。これもアベノミクス的産物って訳だろうか。
 それにしても、真昼の陽光に照らし出された《 宮地嶽神社 》とその周辺世界の、静謐とまではいかないけれど、静けさは、キリコの絵以上にシュールなものにちがいない。
 

Nagasaki_b15

 ( 一見普通の神社の拝殿然とした裏に廻ってみれば、本来あるべき本殿が消え、コンクリの駐車場的回廊って趣きに、かなり厳しい経済事情の諸々が妙にミニマニズム的に随分とすっきりした景観を呈させているってのが分かってきそう。

Nagasaki_b41

 ( 拝殿前の石段から望んだ景観。鳥居が随分と端っこに追いやられて感が強い。それが神社の面前で覚えた違和感だったのだろう。)

 けれど、黒石が生まれた頃はもっと喧騒に満ちバイタリティーに溢れていた界隈だったはず。
 と云うのも、黒石の生まれた家があったらしいこの八幡宮のすぐ隣が、現在こそカトリック系の教会の敷地になってすっかり長崎情緒然としているものの、黒石の頃は、彼が単に芝居小屋とだけ記している建物があった。それが実は長崎で一番古い文政11年(1828)創立の歌舞伎興行館で、終戦直後火災で消失するまで建っていたという。当然それに応じた店々も、周辺に立ち並んでたろうから、結構賑やかだったことは想像できる。
 長崎関係のブログを見ると、「 長崎で起きた史実を元に歌舞伎の題目となったものも多い。」( 長崎Webマガジン「ナガジン」)とあって、戦前、市川猿之助が《 長崎土産唐人話 》なんかを上演したという。
 そんな雰囲気の只中で黒石も子供の頃から育ち、ちょこちょこ観劇すらしていた可能性もあって、彼の作品の異国情緒性も、そんなところから培われていたのかも知れない。


Nagasaki_b28

|

« 旅先の現地本 | トップページ | ハリマオ(谷豊)は南進の輝ける南十字星か ? ( 1 ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事