« 列島無惨の淵源? | トップページ | 火星反転夜話 »

2018年7月28日 (土)

白人至上主義的ヒートアップ ? 

Photo
 
 ( 黒焼所は、和漢方薬としての動物の黒焼き製造薬房 。現在でもあるらしい。)

 列島トロピカル化してもう十年以上過ぎたけど、思ったほどには中々に40℃世界って訳にはならないようだ。
それでも、数日前の昼過ぎ外で温度を確かめてみたら、42℃くらいになっていた。これが普通になりはじめると恐らくクーラー全開で発電所がヒート・アップし厄介な状況に陥ってしまうだろうし、45℃以上になったらもうクーラーも効かなくなってしまいかねない。
 そんな地球の温暖化の真夏にあって、今夏も例年の如く中国・広西チワン族自治区玉林市で開かれた《 狗肉祭 》はじめ夏の風物詩ともいえるアジア各国の犬肉節、そのアンチたちの告発・難癖との応酬合戦も、一層白熱を帯びてきているようだ。
 ところが、欧米各国の動物愛護主義者達とその追従勢力たる韓国・中国・台湾・ベトナム・インドネシア等各国の白人至上主義者達の国際世論とやらをバックにしたシュプレヒコールもなんのその、むしろ犬肉食が増えているという。

 インドネシア、確かにバリ島には大きな野犬が通りにたむろし、夜に催されるバリ舞踊・ガムランの帰り道なんか結構怖い思いをすることもあった。時折、観光客なんかに噛みついたりして、狂犬病がらみで問題にもなっていたのを思い出すけど、そんなバリ島だけでも年に一万匹( 世界じゃ毎年二、三千万匹らしい )のそんな野犬も含めてだろう犬たちが屠殺され食肉として人々の胃袋に収まってしまうらしい。バリの有名な肉料理といえば、日本の焼き鳥同様に小さな串に刺して焼いたサテで、当方も、幾度かオープンの店で御相伴にあづかり、決して悪くはない庶民の味ってところで嫌いじゃない。そのサテの材料に、犬肉が流用されているという。ひょっとして当方も知らぬうちに舌鼓でもうっていたのかも知れない。 

 犬肉は何処の国でも大抵貧しい庶民の貴重なタンパク源で、インドネシアもしかり。
 ともかく安価で大きさも手ごろでなので面倒がかからないってのが、業者にとっても享受する顧客にとってもコスト・パフォーマンスも良い日常食ってところ。さすがに貧困層も若干経済レベルが上がって来たのか、肉類=犬肉に対する需要も増えてきてるという。
 勿論、経済的に発展した中国・韓国なんかでは、もはや牛・豚・鶏と同様の嗜好食に過ぎないのだろうけど、やっぱし土用のうなぎならぬ土用の犬肉=補身湯ポーシンタン(犬肉スープ)は、伝統食としての地位はゆるぎないようだ。韓国・中国は犬肉料理の歴史が長く種々様々な調理の仕方があるようで、犬酒ってものすらあるという。


 それらの国々じゃ犬だけにとどまらず、猫からネズミまでその食材的バリエーションは網羅されているのだけど、現在のところ犬だけに限定されて反対・排斥運動が展開されていて、先じゃネズミはともかく、猫肉食にも一大反対・排斥運動が拡がっていくのだろうか。勿論現在でも、猫肉食に反対する運動はあるがまだ微々たるもの。

 彼らの論理って、結局、自分達が食べないからって一点に尽きている。

 可哀そうとか、理不尽とか、鬼畜的所業だとかの修辞で飾られてはいるものの。
 欧米、とりわけ米英オーストラリア・ニュージーランドなんかの、要するにアングロ同盟国は、自国の牛や豚・鶏・羊の肉をさんざん押し付けてきた当事者でもあって、彼等の金看板“人道主義的動物愛護 ”って甚だ胡散臭い。
 つい最近インドで、牛を移送中のイスラム教徒が、見つけた村人達に襲われたというニュースがあった。インドの大半を占めるヒンドゥー教じゃ、牛は神様の乗物って訳で、聖地バナラシーの沐浴場あたりで牛に踏み殺されたりすると、もう最高の死・至福の極みとも言われているくらいで、そんな神がかりの牛を食用のため移送していたってことで、とりわけイスラム教徒がやっていたってことで余計事が大きくなってしまったのではあろうが。そんな聖なる存在=牛を、サァーどんどん喰えって、日毎大量屠殺し、送り付けてくるアングロ同盟国って、しかし、一体どんな国なんだろう。
 中国でも日本でも、戦後暫くぐらいまでは、牛は農家の大事な労働力で、家族同様大切にされてきていた。禅の十牛図なんかその証左でもあろう。そんな近しい牛を只喰うために屠ったり、食肉業者に売ったりするなんて、当時なら鬼畜的悪行と誹られたであろう。
 我が日本人達といえば、アングロ同盟国の傀儡・自民党権力が押し付けてきたそれもかなり汚染された牛( 豚・鶏 )三昧政策で、もはやすっかり骨の髄まで汚染牛的組成となってしまっている。


 年々取れ高が減少してきて絶滅危惧種の可能性すら取沙汰されている土用のうなぎも、この際、かつて江戸時代の初めころは冬になると競って犬肉に舌鼓をうっていた歳事に因み、土用の犬肉ってのもありかも知れない。何しろ、明治以降廃れてしまったとはいえ伝統の風物詩なのだから。

|

« 列島無惨の淵源? | トップページ | 火星反転夜話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事