« 深夜の北京路的哀愁  昆明( 2001年11月 ) | トップページ | 11月のパパイヤ( 2018 ) »

2018年10月29日 (月)

長崎港 枯れ木も山の賑わいの平成末的異聞

Nagasaki_port_3
  

 十六世紀後半、それまで海外貿易の拠点だった平戸(松浦藩)から、ポルトガルと日本側の商人たちのトラブル、それに武士までが加わって殺傷騒動にまで発展したため撤退し、南隣の大村藩主・大村純忠がその後を受け、横瀬浦(平戸と長崎の中間の入江)に開港した。が、他藩に焼き討ちに会ったため、現在の長崎・出島に移ることになったという。
 横瀬浦なる地名今回初めて知ったけど、横瀬浦焼き討ちの騒動の顛末なんて正に戦国時代といわんばかりの欺き裏切りの織りなす業火の転輪図さながら。その後の、切支丹弾圧模様なんかを合わせて観ると、大泉黒石の短編、たとえば《 血と霊 》のおどろおどろしい紅血の世界の縁因を辿れてしまいそう。


Nagasaki_port_2

 ( フェリー・ターミナルのチケット売り場のフロア。停泊している大型クルーズ《 處女星號 》からの客も居るのか混んでいた。島民用のフェリーは勿論、世界文化遺産がらみの五島クルーズを各社が出しているようだけど、長崎県に付属しているはずの壱岐・対馬の便が見当たらなかった。博多港からフェリーや高速船が出ているのは知っているが。)

Nagasaki_port_1


Nagasaki_port4


 長崎市には現在、国際港なるものは二つあるらしい。
 以前は上海=長崎の定期航路があって、当方も( 十何年も前 )上海からの帰路、その定期便を使おうとしたら、直前に停止になってしまい定番の鑑真号( ひょっとして蘇州号だったか )に乗る羽目になってしまったけど、どうもそれっきりのようで、現在、国際定期便航路はないようだ。
 それでも、門司港同様、大型の国際クルーズ船が、松が枝国際ターミナルと少し下った郊外のコンテナ基地でもあるらしい小ヶ倉柳国際ターミナルに入ってくるみたいで、当方が訪れた時も、長崎駅近くの長崎港から、その松が枝国際ターミナルに停泊している白亜の大型クルーズ客船の姿が望めていた。


Nagasaki_port5


Nagasaki_port7


 路面電車の大波止( おおはと )駅で降りてすぐのところに長崎港の岸壁があり、右手にフェリー・ターミナルの如何にも風の建物が佇んでいた。
 その日は、何かの催事でもあるのか桟橋の一つに大きな黒い帆船が一艘泊っていて眼を惹いたけど、人影はなかった。岸壁の下にいくつもの魚群(ハゼのようだった)の影が覗け、大きな魚も悠々と泳いでいて、大きな魚が小さな魚をくわえる光景まで見させられ、総じて関門近辺の魚よりも一回り大ぶり。
 ネット見ると比較的最近参入した業者もいるみたいだけど、港の桟橋に何艘も水中翼船風の高速船や客船が連なっているのが、何よりも目を見張った。
 門司港や下関港と相違して、路線も多く、本格的な正にドメスティック・ターミナルで、当方が訪れたのが日曜というのもあってか、決して狭くはないターミナルが、折からの五島の世界文化遺産がらみの観光客や地元住民客でごった返していた。( 軍艦島行きのクルーズって何社もが競合しているようで、ここから少し離れた場所に専用発着場もある。 )
 確かに、関門港程には凋落の影は窺えなかった。 


Nagasaki_port6

 ( 松が枝国際ターミナルの第二ターミナル入口。クルーズ船が停泊する際は基本閉館となり一般客は入れず、それ以外の日は市民たちが活用しているようだ。)


Nagasaki_port8


 埋立て地の広場で何かイベントでもやっているようで家族連れを含めた人群の間を岸壁沿いにどんどん南下してゆくと、白亜の大型クルーズ船の停泊した松が枝国際ターミナルに着いてしまった。
 船尾に《 Virgo 處女星號 》とあった。
 クルーズ船が着く日はここの国際ターミナルは閉館になるようで、岸壁に並んで立っているターミナルの上が展望回廊になっていて、一人ゆっくりと白塗りの船体を眺めながら歩いて行った。船首あたりに、如何にも中国風の飛仙ならぬ人魚、否、麦穂( スピカ )を手にした“ おとめ座 ”の女神が描かれているのが淡い異国情緒を醸し出していたが、後部の船体に何と“ Genting 雲頂世界 ”と記されていて、すぐにカンボジアは首都・プノンペンにある時を境に急に見るようになったそのネームの記されたバスやタイからマレーシアに向かう時にも長距離バス・ターミナルで目にしたネームを思い出した。
 マレーシアのギャンブル王・王国泰の会社、スタークルーズのクルーズ船だった。

Nagasaki_port9


Nagasaki_port10


 処女星号=13階建の75000トンで、935室を備え、1,870名の乗客を乗せる香港拠点のスタークルーズ( 麗星郵輪 )のクルーズ船で、他にも何艘も所有しそれぞれのエリアで就航しているという。短期のクルーズ船で、今回は五泊六日の天津発、博多経由らしい。
 会社は違うが、乗客四千人というロイヤル・カリビアン・インターナショナル(マイアミ)の“ クァンタム・オブ・ザ・シーズ ”も、どっちかの国際ターミナルに、その16万トン、348メートルの巨影を聳えさせたという。


《 血と霊 》の冒頭、長崎育ちの黒石は、長崎の港と海の光景を異国情緒風味を醸し出していたけれど、確かに高台のグラバー通りあたりからの眺望はミレニアム=平成末的にくすんではいるもののまだまだ想像力を駆使すれば異国の微かな芳香ぐらいは感得できそうだ。


Nagasaki_port11


 ( 松が枝国際ターミナルの通りを隔てた真ん前に、現在は記念館になった旧[ 香港上海銀行長崎支店 ]が燻すんだまま佇んでいて、この辺りが嘗ての目抜きだったことを窺わせる。左奥にチャンポン元祖といわれる中国餐庁・四海楼が大きく聳え、右側にはカステラの本場長崎ということであっちこっちに聞き覚えのあるカステラ屋の本店が散在している中の一つらしいのがひっそりと佇んでいる。)


Nagasaki_port12


 ( グラバー通りから下方に拡がる景観を望む。造船ドックのクレーンが如何にも港湾都市然とした趣きを呈している。黒石が住んでいた明治・大正の頃とは随分と変貌してしまっていようが、昨今のトロピカル化で眩しいぐらいの自然の照り返りで、少しは南国情緒は取り戻せているってことはあるのだろうか。長崎湾を左に進み西にどんどん海原を突っ切ってゆくと、百キロ先の五島列島に到る。)

|

« 深夜の北京路的哀愁  昆明( 2001年11月 ) | トップページ | 11月のパパイヤ( 2018 ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事