«   1932年の夜逃げは水路をひっそりと 林家舗子 | トップページ | 強迫観念的譫妄  《 アンシンカブル 襲来 》 »

2019年3月24日 (日)

ボリウッド的愛国帰郷譚 デリー6 ( 2009年 )

 以前MVが気に入ってて頻くMVだけをyoutubeで視聴していたものだったインド( ボリウッド )映画《 Dehli 6 》、今回その同じyoutubeで漸く映画自体を見せてもらった。
 2009年制作ってことで改めて時間の経過に驚いた。
 もう十年も過ってる。
 当方の感覚じゃまだ数年前・・・
 “ masakali masakali~ mataakali mataakali~・・・ ”
 と、モーチット・チョーハンの唄うmasakaliの乗りのいい曲にあわせて、すらりとした美形女優ソナム・カプールが父親の飼っている純白のハト・マサッカリを頭にのっけて踊ったり、主人公ローシャン( アビシェーク・バッチャン )がインドの首都デリーの旧市街の路地を巡ってゆく《 masakali 》をはじめ、旧市街の大きなモスク、ジャーマー・マスジッドの中庭や回廊、否、その周辺にもびっしり溢れひしめいた信者たちが正座し一斉に礼拝する姿からはじまる敬虔さとやがて映画の中で展開されるヒンドゥーとのコミュナル( インド的な主にヒンドゥー=モスレムを中心とした宗教的紛争・軋轢 )な争闘的悲哀を孕んで朗朗とjaved Ali, とKailash Kherが唄い上げる《 Arziyan 》、オールド・デリーから突如ニューヨークのタイムズ・スクエア―に分け入って溶融した主人公の白昼夢的世界《 Dil Gira Dafatan 》、このタイムズ・スクエア―にオールド・デリー的世界が浸潤した場面はなかなか面白く、最初観た時は随分と大掛かりなニューヨーク・ロケをしたのかだと呆れたほどで、実際はデジタル画像処理によって作られた光景で、パソコン・ソフトでも使ったかのような画像処理シーンもあって遊び心満点。


 物語は、米国から死地として母国を選んだ母親と一緒にインドに帰国し、郷里のオールド・デリー=チャンドニー・チョークの久しく空家になっていた自宅に戻って来た主人公・ローシャン(アビシェーク・バッチャン)と、その界隈に昔から住んでいて母親・アンナプルナ( ワヒーダ・レフマン )と旧知の人々とその周辺人たちとの親愛・葛藤を経て、彼ローシャンも母親と一緒に旧市街の路地裏の住民となることを選択するに至るという愛国的帰郷譚ってところ。

 このアビシェーク・バッチャン主演の《 Dehli 6 》じゃ、住民のイスラム=ヒンドゥーの宗教的対立を媒介にして予定調和的宥和に落ち着いてしまうのだけど、ちょっと前の

《 Swades 》(2004年)じゃ、主人公モーハン( シャールーク・カーン )は米国のNASAに勤めていて、両親に先立たれていて唯一の肉親のような乳母が高齢で気にかかり、インドに戻って来て、彼女が学校教師の一人娘と住んでいるウッタル・プラデッシュ州の片田舎の村を訪ねそこに滞在している内、その時代から取り残されたような余りに旧弊な村の有様に、何とかせねば、と改革的方途に着手し、一旦米国に戻ったものの、村人たちの顔々が浮かび上がって来てやもたてもたまらず、NASAでの仕事を放りだし、チャランブール村に戻ってしまう同系列の愛国的帰郷譚だったけど、この作品の場合も、この

《 Dehli 6 》と同じA.R.ラフマンの名曲が情景を盛り上げることしきり。

 当時、確かインドじゃ、先進国に移住している成功したインド人たちの帰国的援助を国策的に求めるキャンペーンをしていたような記憶があるけど如何だったろう。

 《 Swades 》じゃ、貧困と無知という何とも前時代的な題目の克服という文部省推薦的な匂いすら漂ってきかねないきらいもあったものの、この首都・デリーの旧市街の物語《 Dehli 6 》は後半から展開されるヒンドゥー=モスレムのコミュナルな紛争の宥和ってことで多少の相違はある。

 それともう一つ、この映画の始めの方で、ローシャン母息子がチャンドニー・チョークの旧居に戻って来た際、近隣住民に歓迎され門を開けるシーンがあるけど、《 Chak De! India 》( 2007年 )じゃ、イスラム系のプロのクリケット選手だった主人公( シャールーク・カーン )が国際試合でパキスタン側に有利なプレイをしたという疑いをもたれ、世間・周辺住民から“ 売国奴 ! ”と罵られ、老いた母親と一緒に長年住み慣れた旧市街の家を後にする際の門を閉めるシーンが同じアングルだった。こっちは石持て追われる流れで、幾年か後、女子クリケット・チームを率いて紆余曲折を経ながらも優勝街道へ直走ってゆくのだけど、これも一種のコミュナルなニュアンスが漂い、“ 愛国統一戦線 ”的なスローガン、“ Chak De! India ”( 行け! インド )という訳だ。
 因みに、シャールーク自身も、本来は隣国パキスタン・ペシャワールの出身のイスラム系俳優だったのもあって、いやでもリアルな様相に。


 ローシャンの母親役のワヒーダ・レフマン、'50~'60年代に活躍した男優&監督のグル・ダッドと彼と結婚した当時の人気プレイバック・シンガーのギータ・ロイとの三角関係にあって、グル・ダッドは自殺し、幾年か後にギータも酒に溺れて死んでしまったという悲劇的結末で有名な、以前にも紹介したことのあるグル・ダッド主演・監督の《紙の花》Kaagaz Ke Phool(1959年)でもヒロインを演じ、以降もナンバーワン美人女優として第一線で活躍していたようだ。

 当時の美麗さの記憶しかないので、最初この映画で観た際も余りの変貌に、あのワヒーダ・レフマンとは思いもかけなかった。

  《 Dehli 6 》(2009年) 監督・ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ
( 制作・ショーマン・ピクチャー )
 追記 :  ココログ=ニフティーのリニューアルとやら、3月20日でもう大丈夫って配信してたけど、4日過っても不具合のまま。
    この記事に画像つけようにも小さすぎて使いものにならず断念。以前にもこんなリニューアル的不具合の滞留状態があって、まともな  
    状態に戻るのにけっこう時間がかかった記憶がある。そもそもこの記事も、こんなに早くアップする予定はなかったのだけど・・・
               

|

«   1932年の夜逃げは水路をひっそりと 林家舗子 | トップページ | 強迫観念的譫妄  《 アンシンカブル 襲来 》 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事