« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の2件の記事

2019年4月27日 (土)

海峡的遊覧

Mj7

 

 先日、海峡沿いの道を歩いていると、ふと何処かで見た記憶のある大型船が青く映えた海面を滑るように走っていた。

 狭い海峡いっぱいに恐らく海流に乗っているらしいその大型客船の船体に「ピース・ボート」とあった。

 よく通りに募集のポスターが貼ってあるあれだ。

 豪華客船・飛鳥は時々見かけるけれど、このピース・ボートは初めて。

 デジカメをもっていなかったので写真に撮れなかったのが残念。

 

 国際航路らしい門司港のフェリー・ターミナルのカスタムはとうに廃墟と化しぺんぺん草すら玄関に生え始めて久しいけれど、

周辺の岸壁には、時折思い出したようにクルーズ船が停泊している。

 中でも昨年の六月前後、大型クルーズ船が停泊するフェリー・ターミナルと隣り合わせた岸壁から少し離れた岸壁に、見たこともない

変わった造りの小型クルーズ船を、実際はヨット(メガ・ヨットと呼ぶらしい)らしいけど、見つけたことがあった。

 ゛A vikini゛号、船尾に立てた旗がマーシャル諸島船籍を示していた。

 これこそ、ロシア富豪・A・メレンチェンコ氏の所有しているらしい全長118メートル、5959トンで、

ヘリ・ポートや潜水艇・モーターボートも備えているという。つまり個人所有のクルージング・ヨット。

 無機的なプラスチック風にテラッた独特のデザインは遠くからでも眼を惹く。

 ネット見ると列島中あっちこっちの港に出没しているようで、こんな大型の個人クルーザーって、

大型の豪華客船に負けず劣らぬの経済効果を寄港地近辺にもたらすという。

 暑熱日の下、白人の乗組員が一人のんびりと甲板を掃除していただけだったが。

 

Mj8

 

 そのちょっと後くらいに、今度はフェリー・ターミナル岸壁に、グレーの軍艦仕様の海自のヘリ空母「ひゅうが 181」が

大きな船体を横付けしていた。カスタム前にばかデカい海軍旗(旭日旗)をひるがえしたテントまで立てて関連グッズの即売会

って訳で、30人も遊漁客や乗組員を海の藻屑に葬って逮捕や起訴すらされることもなかった"なだしお事件"以降、

米軍と同様にこの国じゃ「治外法権」の殿堂入りした感のある海自=防衛庁、いよいよ大出を振って亡国一路を決め込んで

いるようだ。

 

Mj5

 

Mj6

 

Mj4

 

 13950トン、全長197メートルで、最大11機のヘリコプターを搭載でき、VLSなる垂直型ミサイル・システム

も備えているという。

 かつてはこの海峡は両側合わせての軍港でもあった。

 そのため、米軍にいやというほど、水雷や焼夷弾攻撃を受け、一面の焼け野が原と化し、

戦後もえんえんと掃海作業に勤しまねばならなくなってしまい、十全な港湾都市として活動できなかったようだ。

 

 更にその後だったか、フェリー・ターミナルの隣接岸壁の方に、ななめに艦砲のように聳えた煙突が特徴的な

中型の客船が停泊した。フランスのポナンPONANT社のヨット・クルーズ船で極地にも赴くエクスペディション・クルーズを

専門にしているロストラルL'AUSTRL号で、全長142メートルの10700トン。収容客数264人。

 日本郵船の飛鳥Ⅱが872人だから随分と小さめだけど、大型船じゃ入れないような小さな港も寄港できる小回りが利き、

フランス料理のフルコースも人気だという。いわば"通"のエクスペディション・クルーズ船ってとこだろう。

 

 

Mj1

 

Mj2

 

Mj3

|

2019年4月15日 (月)

強迫観念的譫妄  《 アンシンカブル 襲来 》

Unthinkable-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、“ 9・11”的不安神経症産物、米国映画《 テイク・シェルター 》(2011年)に触れたことがあった。
 日毎の異常気象的世界崩壊の悪夢が絶対的予兆として主人公の精神・現実世界を圧倒してゆくストーリーだったけど、その主人公の抑鬱的な強迫観念世界と現実との溶融した境界世界に比して、このスウェーデン映画《 アンシンカブル 襲来 》( 2018年 )は、もっと規模を大きくした主人公の父親の抑鬱的な強迫観念的譫妄世界といえよう。

 

 スウェーデン映画といえば、当方にとってはもう古典の部類に入ったベルイマンに尽きる。それでも、ベルイマン以降の様々なジャンルの作品、結構面白いものがあれこれ出てきて、他のデンマークやらも含めて北欧映画ブームの観すら呈している昨今ではある。
 物語の基本は昔ながらの“父と子”、親子の関係的相克。
 伴侶たる嫁とその一人息子に対する父親の日本とそう違いないようなギクシャクした関係的軋轢によって一層色濃く父親の精神世界に蜷局(とぐろ)を巻いていったスウェーデンの政治的社会的環境的産物としての“ ロシアの侵略 ”的譫妄。
 いわゆるイスラム原理主義勢力による侵略=テロわも併せての、きわめて今日的な政治的社会的強迫観念で、ロシアを他の国名に替えても成り立つ普遍性をもった冷戦以来、否、もっと戦前にまで遡る仮想敵国=排外主義的観念群。

 

Unthinkable2jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スウェーデンでは、2010年に首都のストックホルムの繁華街で、行動途中で誤自爆したらしい自爆テロ事件、2017年にも同じ繁華街で、盗難トラックでISIS( イスラム国 )と思われる人物が通行人を次々に撥ねて行ったテロ事件(この事件の際、国会議事堂や地下鉄が封鎖されたという。)が起きていて、隣国ノルウェーでも、2011年7月22日、首都のオスロ政府庁舎爆破事件とウトヤ島銃乱射事件が起き、とりわけウトヤ島銃乱射事件では69人も殺害されたのは記憶に新しい。

 

 最近、スウェーデン政府の民間緊急事態庁が、「もし、危機や戦争になったら(IF CRISIS OR WAR COMES)」という小冊子を全世帯に配布したという。
 例えば、侵略者に対する抵抗を弱めたり、無抵抗を呼び掛けたりするニュースは皆デマである、我々は最後まで抵抗し続けるんだ、という戦前、米国との開戦間際、日本軍が発した戦陣訓(その後、警察や民間人にもそれに準じた運動が拡まった )と相似な総力戦態勢的プロパガンダの類。
 2014年のロシアによるクリミア半島併合やウクライナへの軍事介入で、ロシアの領土拡張主義として危機感を募らせていたらしい。それでなくとも、元々、ロシアとスウェーデンは昔から互いに敵対的な関係にあったようで、フィンランドを舞台に武力衝突してこともあったという。
 そんなスウェーデンの社会的背景の下に、“俺が養ってやってるんだ ! ”と前時代的な感性・価値観から抜けきれない父親との抑鬱的な軋轢・相克に疲れ果て嫁も息子も離れていってしまう。スウェーデン=“進んだ社会福祉の国”ってイメージからすると、随分と違和感を覚えてしまう。そういう家父長的保守的な父親の、嘗てナチスの下に参集していった没落的中産階級という図式そのままに、仮想敵国的強迫観念=盲目的排外主義が更に一歩踏み込んでの譫妄的具象化=譫妄世界=現実。
 その変容した譫妄的現実世界に、彼の息子や周辺の人々が次々と巻き込まれてゆくのだけど、それが集団ヒステリー的に世界に蔓延しているのが現実の昨今的状況ってところなんだろう。
 《 テイク・シェルター 》が当時の時代の心象風景だったように、この《 アンシンカブル 襲来 》も2020年代を前にしての時代の心象風景なのだろう。
 
 
監督・ヴィクター・ダネル
脚本・ヴィクター・ダネル 、 クリストファー・ノルデンルート
2018年( スウェーデン )

 

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »