« 時代閉塞的断章 《 白い花 》 秋山清 | トップページ |  昭和五年勢ぞろい新年特集号『 グロテスク 』と黒石《 人肉料理 》 »

2019年7月20日 (土)

 映画『 血と霊 』への仮構的アプローチ 《 1923 溝口健二『 血と霊 』 》佐伯勉

A1

 

 

 以前、四方田犬彦が《 大泉黒石と表現主義の見果てぬ夢 ――幻の溝口健二『 血と霊 』の挫折――》(月刊新潮 2015年9月号 )で言及した、映画《 血と霊 》のフイルムが現存しない故の当時のあれこれの記事・写真から再現してみようとするパルテノン多摩でのプロジェクト、その監修を務めた溝口の研究家らしい映画評論家・佐伯勉の1991年に著した《 1923 溝口健二『 血と霊 』 》。

 

 映画関係のシリーズ“ リュミエール叢書 ”の第11巻。
 タイトルから一冊全部、映画《 血と霊 》に言及したものかと決めつけていたら、その前史としての当時の演劇・映画界の状況の概括からはじまってて、映画《 血と霊 》の再現的アプローチは実質半分にも満たなかった。
 そもそもフィルムが当時、関東大震災で焼失し、そんな遠く平成・昭和・大正という三時代も前の事柄ゆえに、当時観た人達の情報も僅少・曖昧、残存する写真・評論の類に依拠するほかないのだからそんなものなんだろう。
 ただ、前史たる当時の映画・演劇界的事情を見ていると、黒石を中心とした例えば辻潤、そのかかわりとしての舞踊家・石井漠、あるいはむしろ《 浅草オペラ 》なんかの名なんかが出てきて、興味を惹かれた。
 
 
 「 この人( 辻潤 )も浅草で活躍した一人である。むしろ高田保( 浅草・新国劇の劇作家 )をリードする立場にあり、自分で原稿を書いたり、下手な芝居に出演したり、それなりの浅草では有名な存在であった。」
   
                                                                     《 ダダイズム 》石井立夫

 

 

 元々辻潤が演劇関係に係わっていたのは知ってはいた。
 けど、てっきりちょっと舞台に出てみるだけのお遊び程度と決めつけていたら、そんな浮薄な質のもじゃなくて、けっこうそれなりに演劇に入れあげていたのには驚いてしまった。そんな辻と、黒石、盟友なのか腐縁なのか。

 

 

 「 彼(=黒石)がまだ浅草の山平社時代に、公園でバットの屑を拾い歩いたり、草担ぎをやったり、一山百文のドラマを書いて五九郎に売りつけたりしていた時代からの知己で 」 ( 曾我廼家五九郎 : 浅草演劇の雄でもあり喜劇映画の売れっ子でもあったらしい。)

 

                                                           陀々羅行脚《 絶望の書 》辻潤                             
             
 そして自らも、

 

「 昔、尾上松之助の芝居を、一日百枚書いて十円貰って、ほんとうに、みっともないほどお辞儀をしていた時分 」

 

    《 刺笑の世界から 》大泉黒石

 

 大正末に黒石が、《 中央公論 》でセンセーショナルな作家デビューする以前に、尾上松之助や喜劇の曾我廼家五九郎の脚本を書いていたとはつい最近まで知らなかった。
 映画《 血と霊 》に至るまでの、とりわけ映画《 カリガリ博士 》以降、当時の一大現象だった“ 表現主義 ”をめぐるこの国における映画・演劇界はたまた舞踊界までの様々な試行錯誤ではあるが、唐突に黒石にそのお鉢が廻って来たという訳じゃない細い糸でのつながりってものが、むしろ了解できてしまう。

 

A4 

 

 大正の映画雑誌《 活動雑誌 》( 1923年九月号 ) の“ 映画物語《 血と霊 》”という6ページにわたる特集記事や当時の映画雑誌や新聞・雑誌の映画評、現存するスチール写真、あるいは関係者の記憶的断片を元にしての筆者・佐伯なりのイメージ的再現。

 

そもそも黒石はあくまで原作者で、それもこの映画のためにホフマンの《 スキュデリー嬢 》を基にした翻案物。監督の溝口健二が脚色し、《 カリガリ博士 》での意表を突いた不安神経症的な怪異な表現主義派的舞台装置を美術の亀原嘉明・久保一雄・渡辺造酒らが担当し、撮影が青島順一郎。
 制作は、1923年6月~7月。大正12年8月15日葵館で試写。9月1日関東大震災。

 

 

 写真(スチール)は全部で17枚。
 映画とタイアップした黒石の短編小説集《 血と霊 》大正12年(春秋社)の巻頭にもない、ネットでもあまり見たことのない写真が結構あって驚いた。映画関係者だけあって、あっちこっちから掻き集めてきたんだろう。
 “ 映画物語《 血と霊 》”は、映画の流れを簡単に活字化したもののようだけど、その現物が提示されているわけでもなく、佐伯の提示する断片を見るしかない。
 18片のシーンによって構成され、流れ的には黒石の小説と大差ない。
 けど、佐伯は不満をこぼす。

 

 

 「 映画物語を読む限り原作にあった鳳雲泰の内面の分裂の苦悩など何も感じられない。」

 

  「 映画《 血と霊 》の重点が鳳雲泰の内面描写には無かったと結論づけていいのかも知れない。」

 

 A3  

 

 

 その上で、当時の批評の一つ、《 キネマ旬報 》の批評に触れる。

 

 

  「 むしろ内田岐三彦が『 物語の筋は不思議な殺人事件を中心とした大変面白いもので』( 《 キネマ旬報 》1923年12月1日号『 主要映画批評 』)と書いているように、映画の物語面での面白さは、怪奇的な殺人をめぐる秘密を解き明かしてゆく謎解きの面白さにあったと言えよう。」

 

 

 という“ 怪奇探偵物 ”としての評価。
 総じて期待された“ (国産)表現主義派映画 ”という肝心の面じゃ余り芳しくなかったようだ。当時の異口同音な映画雑誌や新聞の評論やコメントが並べられている。監督・溝口の脚色の拙さと、そもそも出演俳優たちやスタッフ自身が“ 表現主義 ”をまず理解していない点がやり玉にあげられている。
 でも、外来のニュー・ウェーブなんてどの時代でも大差はない。
 その時点でどんなものを創りあげれたかってところが肝心なのだし、未消化であったとしても、種々様々な違和・錯誤があってもその有機的連関・総体のダイナミズムが、やっぱし面白いはず。
 文部省・教科書的な正誤表的価値判断は余り意味を持たない。
 尤も、原作者・黒石自身も、“失敗作”と断じ、何よりも表現主義に対する理解の無さを嘆じつつ、舞台装置にはそれなりの評価をしていたようだし、次作の、《 絨毯商人 》で挽回を期してもいたようだ。
 
 制作側のアプローチの端的な例が次の髪結の回想であろうか。

 

 

  「 昔表現派とでもいうのでしょうか。/ 故人溝口監督が《 血と霊 》という映画を作りました。監督さんの注文が『 おびえた頭 』『 恐怖の頭 』という具合には困りはてました。絵にでも描いてくれるならともかく、言葉だけの注文ですから話のほかです。結局雀の巣のような頭を作ったことを覚えております。」
      
                                               ( 結髪を担当した亀田(伊奈)もとの回想《 髪と女優 》伊奈もと )

 

 

 大泉黒石+溝口健二=映画《 血と霊 》の実像に迫れると思っていたのだけど、何たって関東大震災の直前に作られたせいで、まともに上映すら行われることもなくフィルムが失われてしまったという状況からしたら、まあ、そんなものかも知れない。
 既に大泉黒石の原作を読み、それに関する二、三の論考まで読んでいる者としては、特に目新しい何かがあった訳でもないものの、未見の幾点かの映画スチールが映画の空間的イメージの雰囲気を大体了解させてくれた。

 

 

 

                           1923 溝口健二《 血と霊 》佐伯勉 ( 筑摩書房 ) 1991年

|

« 時代閉塞的断章 《 白い花 》 秋山清 | トップページ |  昭和五年勢ぞろい新年特集号『 グロテスク 』と黒石《 人肉料理 》 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事