« 蒼空に映える白亜の渤海クルーズ『 中華・泰山号 』 | トップページ | 幻の楼蘭王国の秘宝 『 沙漠の古都 』国枝史郎 »

2019年8月24日 (土)

夜来香の女  大泉黒石『 淡水艶女傳 』

1_20190806180601  

 ( 口絵 )

  黒石の短編《 淡水艶女傳 (二) 》が昭和六年発行の『 グロテスク 』八月号に載っていた。当方の持っているこの号は背表紙と背の部分が破損していて古書店で補修している朽ちかけ版。他の『 グロテスク 』二冊は新年特別号で、この八月号を最初見た時、あれっ、小版になっちまったの?、と驚いてしまった。実際は版の体裁は変わってないもののページ数が半分に減って随分と小さく見えてしまったに過ぎなかった。
 奥付に普通号50銭 新年特集号1円とあるので、こっちが普段のページ数=厚さってことになるのか、と決めつけようしたら、【 編集後記 】に「八月号は諸君の頭を大いに暑中休養して貰うために、ウンと、思い切って薄っぺらなものにしました。」とあった。他の号は定かでないけど、この八月号だけなんだろうか?
 因みに、同じ編集後記に、「毎年のことですが、山の、海の遭難者の報を耳にします、いたましい限りです。グロの愛読者諸君も海に山にお出かけのことゝ思いますが、危険なところはアブナイ所と極まって居りますから・・・」とあって、戦前も変わらなかった夏の庶民的風俗。

 

 

 昭和六年といえば、前年にインドでガンジーが反英非暴力抗議運動を開始、国内じゃ共産党員全国一斉検挙、そして秋には台湾で現地民が日本統治権力に対して武装蜂起した《霧社(むしゃ)事件》の記憶もまだ生々しい時節。それでも、昭和12年の日支事変(日中戦争)勃発=皇民化政策実施はもっと先で、それなりの余裕がまだまだあったのだろう。
 そんな台湾の首府・台北から、現在では電車で40分の台湾海峡に面した淡水という港町を舞台にした短編。
 スペイン・オランダの旧植民地でもあって当時の建物も残っている長崎にも似た国際色豊かな港町・淡水。そもそも淡水とは台湾北部の富士山より高い大覇尖山に源を発する大漢渓と新店渓が合してできた河の名であって、首府・台北を貫き、河口の淡水港・台湾海峡に注ぎ出ている。当時、日本から一山当てようと多数押しかけ開いた料亭・娼館で繁盛していたという。
 
 「 港口の灯台光のもとを往来する船の灯の明滅。汽笛の響き。漕ぐ櫓の音や鴎の羽ばたきに遣る瀬無き覇旅(たび)の情を誘われる彼・・・楼上に酒をくむ洋画家見月深太郎である。楼房(へや)を籠めて妖しく烟(けぶ)り薫ずるは女の髪にさしかざしたる夜来香の花。」

 

2_20190806180801

 

 夜来香の花を髪に挿した婀娜女の魅力と細やかな情愛に惹きつけられ、つい長居を決め込み、ちょっとのつもりが、気付くともう夜の十時。三時間も居座っていたことになる。明朝早く船で退たねばならず、未練を断ち切って部屋を出ようとすると、女はあれこれと思いとどまらせようとする。
 “花ならば崩れこぼれるばかりの瑤々たる嬌姿”
 とある。
 酒精にほんのりと頬を染めて、立ち上がろうとする彼の体にまとわりついて放そうとしない。
“わづかに汗ばんだ彼女の肌からいきれたつ女の匂い”
 やがてその支那料理店・青亀楼の女将・お波が現れ、娘の礼儀知らずを咎めては見せはするが、結局女将の勧めもあってそこに泊まる仕儀になってしまう。
 火山・大屯山の麓の北投温泉や五星山の麓の草山温泉の案内まで話が弾む。
 そして、場面は、翌朝・・・
 
 「 淡水長崎間航路の汽船が黒煙を海波になびかし、台湾北端石門庄の沖合を通過するころ、彼・・・見月深太郎は富貴角灯台の後にそびゆる大屯山の雄姿を眺めながら、船の甲板のベンチの上で前夜から今朝までの思い出に耽ってゐた青亀楼の女将・・・彼女は酒食の勘定を取ろうとしないので、彼は志しとして若干の礼をしたのである。」

 

 

 そもそも青亀楼とは、日本から渡って来た女将・お波が中国人貿易商と一緒になり、死に別れてこの淡水で十数年前に開いた店で、同じ中国人貿易豪商、その実は阿片の密貿易の大親分たる中国南部、厦門に本宅のある汕頭(スワトウ)の三龍漢(サンルンハン)が頻繁に利用していて、その三龍漢がその女将の妹・香代子に惚込み妾にしようと手下の太吉( 女将の弟、つまり香代子とは兄妹 )を使って執拗にくどかせる。
 ところが、香代子の方は、ともかく三龍漢を毛嫌いしてて、太吉が幾ら凄もうと取りつくしまもなく、しまいには太吉、実の姉の女将にすら怒鳴られる始末。
 その辺の事情を、洋画家は、夜来香の女に酒の肴に聞かされていた。
 おまけに、彼等密貿易商って、元々は皆まじめな貿易商だったってことまで教えられ、中国政府の舶来品、特に贅沢品の関税の大幅な引き上げ政策によってさっぱり商売あがったりで、やむなく違法な、しかし、当時の植民地香港を基点に、ややこしい政治的間隙をついて楽々と不当な利益を獲る方途へと走ってしまったという。
 

 

 実はかの青亀楼の女将はその洋画家の知人からの推薦状を貰っていて、その故の厚遇かと洋画家は推量してみたりして、早朝の船上のベンチに坐ったまま、そっと夜来香の女が彼のポケットにしのばせてきたハンカチーフを取り出してみた。
 と、ひろげたハンカチーフに紅い絹糸で結ばれた三筋の毛髪が、そして隅に彼女の名が刺繍されていた。
 なんと、彼女こそ噂の女将の妹・香代子だったのだ。

 

 当時の中国の虚々実々な情勢をネックに、南国の夜のふと漂ってくる夜来香の如くの一抹の艶話ってところ。今一だけど、黒石らしい小品。

 

3_20190806180901

|

« 蒼空に映える白亜の渤海クルーズ『 中華・泰山号 』 | トップページ | 幻の楼蘭王国の秘宝 『 沙漠の古都 』国枝史郎 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事