« ジャイサルメールの酔華 《 旅先の一枚 》5 | トップページ | ジャララバードへの道 »

2019年11月 9日 (土)

廃都アンコル・・・路傍的残影

Anchor-1

 

 95年、97年の2回シェムリ・アフ゜(=アンコール・ワット)を訪れた。
 12世紀、アンコール王朝時代に国王ジャヤーヴァルマン7世によって創建されたという。最初は仏教寺院として、後ヒンドゥー教寺院に改修されたらしく、両方の混淆というところだろう。隣国タイやインドネシアなど東南アジア一帯にヒンドゥー教の影響・痕跡がみられるのも興味深い。

 アンコール・ワット前のチェック・ポストでチケット3日分=40ドル(95年、97年とも同額 : 現在は62ドル) 一応訪れる毎にチェック・ポストで切り取る3枚つづりの副券があるはずなのだが、副券のない日付の記されたチケットを渡された。確認とると問題ないとのことだった。当時、噂に聞いていた汚職の類なのだろう。
この頃は、まだポル・ポト勢力が残存してて、団体客にはM16かカラシニコフを肩にかけた兵士が一人護衛に就いていた。

Anchor-2

 

Anchor-3

 

Anchor-5

 

Anchor-6

 

 95年は9月に訪れ、雨季らしく、雨が多かった。一雨降るとたちまちシェムリ・アプの町は元々土を踏み固めただけの赤土道路がまだ多くたちまち褐色の泥沼と化し、アスファルト道路も整備ができてなくてデコボコで冠水状態になってしまう。夜も総じて暗いところが多かった。
 尤も、前夜の雨で早朝のタ・プロムなんか地面やガジュマル等の樹葉も適度に湿気を帯び、団体客も来てないこともあって雰囲気は最高だった。
 周辺住民の子供達が手を変え品を変え出没し外人客とみるとくっ付いてきて、ともかく“ドル”をくすね取ろうとする。皆それなりに家業の一員ってところなんだろうけど、大人のそれと違って愛らしくて憎めない。
 97年は5月で、雨は少なかったが熱かった。それでも、昨今の日本の夏と同程度の30℃台。
 早朝訪れると、やはり観光客も微少で、ガジュマルの大木や他の高木からハラハラと緑の葉が舞落ち、地面に堆積し褐色に変色した枯葉の上に重なってゆく様や響き渡ってくる鳥のさえずりに、しみじみ静謐さを感得できたりする何ものにも代えがたいひと時であった。

 

Anchor-4

 

Anchor-11

 

Anchor-8

 

Anchor-9

 

Anchor-10

 

Anchor-7

 

 個人的には、アンコールワットより、タ・プロム等の所謂アンコール・トムの方が ジャングルの中の遺跡って雰囲気がだんとつに素晴らしく気に入っている。( 当時、発見されたばかりのアンコール王朝初期の頃に建てられたバンティアイ・スレイも評判が良かったが、未踏のまま。)
 けど、最近は如何なんだろう。下手するとすっかり小奇麗に整備された"公園"の中ってものにされていかねない一抹の危惧に、ネットをチェックしてみると、さすがにタ・プロムのガジュマル=自然とアンコール文明(=人間)との溶融的産物として基本そのままの状態をキープしているようだ。

 

Anchor-17

 

Anchor-15

 

Anchor-14

 

Anchor-16

 

Anchor-13

 

Anchor-12

 

Anchor-18

|

« ジャイサルメールの酔華 《 旅先の一枚 》5 | トップページ | ジャララバードへの道 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事