« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月の3件の記事

2020年1月29日 (水)

ミレニアム( 2000年代記 )の造反有理 『 罪の手ざわり 』(原題: 天注定)

1_20200118124001

 

 ジャ・ジャンクー賈樟柯《 罪の手触り 》( 原題 : 天注定 ) を観た。
 2013年の作品という。
 随分と前の作品で、知ったのは比較的最近。
 《 山河ノスタルジア 原題 : 山河故人 》の二年前で、彼にしては珍しく暴力を前面にもってきた作品。
 “ 武侠片(映画) ”という。
 英語タイトルが“ a Touch of Sin ”なのは、武侠映画の雄=キン・フー胡金銓監督の“ a Touch of Zen : 侠女 ”(1971年)から来ているという。
 確かに、第三話で、賈樟柯映画の常連・趙涛( チャオ・タオ )に、“ 侠女 ”よろしく果物ナイフで一方的だけど血塗れの派手な立ち廻りをさせている。殺陣の一々に京劇風あるいは武侠映画風に“決め”のポーズが入って、リアルな血飛沫な演出の中のそれは一種コミカルな様相すら呈していた。
 彼女に血塗れに斬り殺される敵役が、同監督のデビュー作《 一瞬の夢 小武 》(1997年)の主人公=スリ役の王宏偉 ( ワン・ホンウェイ ) 。すっかり小肥りした中年体型になっていて、顔役的な腐敗した地方役人の役が板についていた。彼の些かコミカルな容貌と相俟って、惨劇のはずが一種京劇空間的にあるいは古装武侠片的に戯画化され、殺伐さから免れるという効果すら結果している。  
 
 
 村(山西省烏金山鎮)の共同所有のはずの炭鉱を、かつて同級生だった焦(ジャオ)老版=社長と村長等が結託して私物化し、一向に他の村民たちには一銭の配当金も未払いしてまで独占してきたことに、長年炭鉱で働いてきた大海(ダーハイ)は憤りを覚えていた。直情径行的に、事ある毎に村長やその取り巻き達にその旨告げ、中央に告訴するぞと息まいた。
 実際に郵便局に赴き中央宛ての告訴状を送ろうとしたものの、北京 中南海 中委(中央規律委員会) だけじゃ駄目だ、ちゃんとした住所を記してくれと女の服務員に突き返されてしまった。
大海、世事に疎かった。
 社長夫婦が自家用機で戻ってきたのを幸い、出迎えの列に並んで、焦社長に直談判し告訴を告げた。早速、焦社長の配下に袋叩きにあって入院する羽目に。その時も抜け目なく、焦社長の配下が病室に現れ、見舞金の札束をこれ見よがしに置いていった。
 自身の無力さと惨めさに大海は心底屈辱に打ち震えた。
包帯を巻いたまま自宅に戻る際、特設路上舞台で、京劇なのか、地域に昔から盛んだった晋劇なのか、ドンジャン、ドンジャンと《 水滸伝 》が演じられ、林冲が見えを切る。

 

 憤怒により剣を抜き
 高俅(こうきゅう)の手下を殺した
 幸いにも柴進殿が
 書状を呉れて
 梁山泊へ行ける

 

 その時代がかった科白に鼓舞されたかの如く、大海、猟銃を手に、村長や焦社長等を次々と射殺して廻った。
 彼にとって、梁山泊って何だったのだろうか。
 この映画はすべて元となる事件があって、この大海のは、2001年10月26日夜中、胡文海が、烏金山鎮大峪口村・村長はじめ村支部汚職関係者を告訴も果たせぬ故に、男女14人を殺害したという事件で、翌年早々1月下旬に銃殺刑に処された。
 もっとも実際は、文海一人じゃなくて、弟の胡清海、知人の劉海旺も加わった3人での犯行で、弟の清海は無期懲役、劉海旺は同日、文海と共に銃殺刑。
 中国のネット見ると、水滸伝・梁山泊の旗「替天行道」や「除汚官」なんてフレーズが並んでいて、些か英雄扱いする向きもあったらしい。確かに、中国じゃ、特に地方の役人の腐敗・悪行を、同じ地方権力じゃ意味をなさないので、わざわざ遠く北京の中央まで赴いて告訴するってのは映画にもなってるくらい。只、それを阻止しようと当該地や中央でも権力関係者が有形無形の圧力・画策をやらかして中々に困難な方途のようだ。 だから、映画中、大海が巌として受けつけようとしない郵便局の女服務員に、「お前もグルか !」 と怒鳴りつけたのは、あながち大海の無知的とち狂いって訳でもない。

 

 逮捕後、胡文海曰く、
     
 “ 我不是村霸,我殺的是村霸 ! ”
 ( 俺は村の顔役じゃない、俺が殺ったのが村の顔役輩だ ! )

 

 因みに、処刑された年に、中国のパンク・バンド《 盘古楽隊 》が《人民英雄胡文海》を作っている。

 

 

3_20200118124501

 

 

 この映画、一応四部構成ではあるけれど、オムニバスではなく、それぞれが何処かで繋がっている連環画( 中国の伝統的漫画形式 )ならぬ連環電影的四部構成。
 第三話の冒頭で不倫相手の小玉( 趙涛 )と縺れ話をしていた男・佑良が、第四話での広州・東莞の製縫工場の責任者の男だったとは、ネットで知った・・・ちょっと地味過ぎて全然気がつかなかった。
 順序は前後するが、第三話の小玉の場合は、湖北省の宜昌の風俗サウナの受付嬢として働いている時に、これも地元の腐敗役人が彼女にマッサージしろと執拗に絡んできて札束で散々小玉を叩き続け、終いには堪忍袋の緒を切ってしまった小玉、ドラゴン怒りの鉄拳ならぬ女侠の怒りの刃(果物ナイフ)を炸裂させる。役人、血塗れに転がり落ちてしまう。返り血に塗れながら小玉、フラフラと外に彷徨い出、自ら警察に通報。
 
 実際の事件は、2009年5月、湖北省巴東県野三関鎮のホテル“雄風”付属のサウナ“梦幻城”での同地方の役人達と従業員・鄧玉嬌の間で起こった。映画じゃ小肥り役人一人だけだったけど、実際は役人複数殺傷。
 事件後、世論は彼女に同情的で、“当代烈女”、“東方烈女”、“民族女英雄”等と讃え、逆に死傷した悪徳役人( 汚官 )達の方を非難した。結局、罪は問われず、精神病院に強制入院させられた後、釈放された。市政府やら官憲が色々と旧態依然な歪曲・捏造を策謀したようで、かなり世論も彼女の救援に盛り上がったらしい。
 
4_20200118124701 
 
 小玉の不倫の相手だった佑良が責任者の広東省のある縫製工場で、第四話の主人公・小輝(シャオホイ)が規則違反の業務中の私的会話で仲間の従業員に怪我をさせ、佑良は彼に怪我した従業員の補償をしろと威気高に叱責した。おとなしく気弱な小輝は抗議することもなくそこを逃げ出し、東莞市のもっと実入りの良い高級ナイトクラブでボーイで働くことに。
 そこのホステス蓮蓉と恋仲になるものの彼女には既に子供がいることが告げられ、ひこを辞め、友人の紹介で台湾系の世界的電子部品企業の工場で働くことになる。ところが、銀行に行くと残高がゼロになっていて、そんな時に限ってか、早速母親から送金の催促、あげく縫製工場で怪我した仲間が他の男達を連れ脅してくる始末。
 大海や周、小玉の如く、憤然と反撃することを放棄し、些かの煩悶の後、あっさりと高層宿舎から飛び降りて自殺してしまう。

 

 この台湾系の電子部品企業、実はアップルやデル、任天堂なんかに部品提供している世界的電子部品メーカー富士康で、映画でも制服につけるネームバッチにFの文字が覗けていた。労働環境の悪さで悪評芬々、昨今の日本でも喧しい従業員の自殺者がダントツに多いので悪名を中国中に轟かせ社会問題にまで発展したという。
 暴力衝動が内向してしまった典型として、彼を選んだのだろう。青・若年層に多い傾向ってのは聞いたことがある。

 

 最後になったが、この映画のプロローグで、バイクに乗って烏金山鎮の大海の村付近郊外の人影のない道路を通過中、突如現れたハンマーを持った地元の三人組の追剥に取り囲まれ、ところがいとも簡単に三人とも射殺してしまうシーンで印象的な重慶出身の強盗・周、映画では第二話の主人公。
 重慶の実家に戻るところから始まり、久しぶりに家族が集まるのだけど、周自身の妻と小さな息子だけが彼の拠りどころ。妻は出稼ぎ先かららしい、しかし、あっちこっちの遠方から大金だけが送られてくるのを怪しみ訝ってて、ふと彼のリュックの中を整理しようと一つ一つテーブルの上に並べ出した。と、黒光りした重いものが出てきた。何かと確かめてみると、果たして、オートマチック拳銃の実弾の詰まった弾倉(マガジン)であった。問い詰められた周、曖昧な説明しかせず、疑いが確信に変わり、暗澹としてしまう。もう金は要らないから、ここに居てくれと訴えても、

 

 「 こんなつまんない田舎になんて居れないよ ! 」

 

 と、にべもない。
 名目の出稼ぎに向かう直前、よりによって、重慶市内で犯行に及ぶ。
 大胆にも、銀行から出てきた夫婦連れに容赦なく銃弾を撃ち込み、嫁さんの抱えていたショルダーバッグを引ったくって逃げ去った。バスに乗り、目的地に着く途中で降りた。恐らく警察に足取りを掴まれないための彼なりの配慮なのだろう。
 

 

2_20200118124301

 

 
 この映画の主人公達、皆暴力の現れ方がそれぞれ異なっているけれど、この周の場合、いわば暴力行為の専業といってもいい強盗殺人犯で、他の主人公達と比べ異質。
 皆、血塗れの惨劇の根底にあるのは、つまるところ“造反有理”だろうし、とりわけ周の場合は、“ 復讐するは我にあり ”って訳に違いない。緒形拳・主演、今村昌平・監督の《 復讐するは我にあり 》( 1979年 )と通底する雰囲気がある。

 

 実在の周は、本名・周克華、公安に“ 蘇湘渝系列拳銃強盗殺人事件”、つまり蘇( 江蘇省 )、湘( 湖南省 )、渝( 重慶 )の広域拳銃強盗犯としてA級指名手配されていて、懸賞金総額が500万元( 日本円で8000万円 )にも及んだという。
 中国全土を股にかけた2004年~2012年までの8年に渡る拳銃強盗殺人事件で射殺した被害者数11人。負傷者多数。正に超弩級指名手配犯だった。
 映画でも描かれた陽光の下、重慶の人々が行き交う街角で、突如銀行から金の詰まったショルダーバッグを大事そうに抱えた夫婦を背後から狙い撃ちする大胆な手口の強盗殺人が、彼、周克華の最期の犯行となったのだけど、実際は、恐らくその直後だろう銀行( 映画じゃ重慶銀行だけど実際は中国銀行 )のガードマンが追いかけて来て周に腕を撃たれ、そこから逃げた15分後にも偶然出くわした鉄道私服警官を射殺してもいた。 銃の腕前はプロ級。頭部を狙い撃ちすることが多く“ 爆頭兄 ”( ヘッド・ショット )の渾名すら冠されていたという。
 只、実際の所、明らかになった事件だけの記録に過ぎず、本当の所はもっと犠牲者と事件は多い可能性もありそうだ。
 映画じゃ出てこなかったが、周には重慶に張貴英という若い美容師の愛人が居て、彼女の口座に強奪した金を振り込んだり、むしろ周と共謀した事件も何件かあったらしい。5年の刑期を了え、2017年に出獄している。
 ネットの写真見るとすらりとしたチャーミングな娘で、その上、彼女が元々癲癇を患っていたのもあってか、同情的な声もあったらしい。
 

 周克華の父親は文化大革命時代、地方に下放され、彼の下で育った周克華は貧しい少年時代を送っていたという。学校の成績はさして良くもなく、それでも読書だけは好きで、大人になってからも、酒・タバコ・ギャンブルはやらずとも読書の趣味だけは手離さず、探偵小説やなんかから犯行に関する様々な知識を得てもいたようで、無口で個性が強く、腹の据わった性向は母親ゆずりという。

 

 2012年8月10日9時頃、重慶市内の中国銀行前で強盗殺人事件を起こした周克華、数日同市内に潜伏していたのか、14日早朝、市内を歩いているのを発見され、追跡の私服警官2名と路地で遭遇、先ず周克華が発砲し、私服警官達が電柱の陰に隠れながら応戦した弾が周克華の頭部に命中しその場で死亡。
 警官と周克華の距離は数メートルだったともいわれ、そのあっけない死に、こめかみに被弾していることから自殺じゃないかとも、そもそも射殺されたのが周克華本人なのかとも世間に取沙汰されたようだ。あれこれ曖昧な部分が少なくなく、中国銀行前で強奪された現金も25万元~7万元までとはっきりしない。

 

 因みに、周克華の死亡現場での遺品も明らかになっていて、
 “五四”制式オートマチック拳銃( ソ連軍用トカレフのコピー : 7.62ミリ弾 ) 一丁。
 92式オートマチック拳銃( 9ミリ・パラベラム弾 ) 一丁。
 マガジン( 弾倉 ) × 3個。
 実弾62発。

 

 
 賈樟柯のこの映画、国内上映に拘って作ったらしいのだけど、やっぱし中国じゃ上映禁止になった。比較的最近の《 帰れない二人 》原題 : 江湖儿女 ( 2018年 ) は上映されそれなりにヒットしたらしいものの、全体主義的な方途から一向に抜け出る様子もない体制下にあっては、やはり、詩人・秋山清の言うところの「現実に語らせる」、つまり「存在の現実を描いて真実を語らせる」という方法に如(し)くはないのだろう。
 

 

|

2020年1月23日 (木)

令和二年の筐体

Owec-2

 

 

 

 久し振りに風も弱まりちょっとだけ青空が広がっていたので散歩ついでにレトロ海岸に寄ってみると、跳橋の少し先の岸壁辺に見慣れない筐体(きょうたい)が佇んでいた。
 群青色に塗られた、この海峡で時々見かける浚渫船の様にも思えたが、四個の屹立した船体風が風変わりで、珍しい形につい確かめに向かった。
 果たして、巨大な作業船の類で、余りにシンプルな造りは殆ど巨大な艀(はしけ)にしか見えなかった。進入禁止の官制金網塀( 10年前にはなかった何の必要性もない専らプロパガンダのための税金のドブ捨て、つまり自民党的排外主義的画策=トランプ式の先取りって奴だろう。それを証すように突如の民間施設建設予定の看板。 )が張り巡らされた直ぐ向こうに聳えたその船体に、恭しく“ 環境省 ”の御朱印が冠せられ、その斜め上に《 FLOAT RAISERはたあげ 》とあった。

 

 

 ネット見ると、環境省所有の船舶じゃなく、船体にも大きく表示されていた“ OWFC ”、つまり戸田建設と吉田組の両社が出資した合同会社“ オフショア・ウィンド・ファーム・コンストラクション ”が環境省の支援を受けて建造した、浮体式洋上風力発電所建設のためのいわゆる浜出船( 半潜水型スパッド台船 )らしい。
 艀と同様、タグ・ボートなんかに曳航して貰って航行するタイプ。
 スパッドとは、作業するために船体が動かないように、海底へ突き立てる支柱のようなもので、この《 はたあげ 》にも紅白に塗られた角柱( 40メートル )が計四脚備わっている。

 

 全長110メートル、幅43メートル、1万2300トン。

 

 ネット見て驚いたのは、この《 はたあげ 》、陸で作った浮体式洋上風力発電施設=ハイブリッド・スパー型浮体を、洋上の目的地まで運び、進水・浮上作業までするためのもので、その進水作業の際7メートルも海面下に潜水するという。
 以前は大型起重機船を使って作業していたのが、この半潜水型スパッド台船だと必要なく、作業効率が良くなるようだ。
 そもそもまだ出来て幾らも時間の過ってない洋上風力発電装置=ハイブリッド・スパー型浮体って、いわゆる風車式の風力発電装置で、それを沿海域に設置して、海底ケーブルを伝って目的地の変電施設→民家に送電するのだけど、既に長崎・五島列島の福江島沖5キロの洋上に実験的に設置していて、ゆくゆくは福江島全域をカバーできるように10基設置する予定とある。実稼働は来春という。
 
 この洋上風力発電施設、2000キロワット級の風車で、全長が172m( 海面上に浮いて見える部分の高さは96m ) 、上部が鋼製で海面下の下部がコンクリート製。三本のチェーンで海底に係留され、起き上り小法師式に洋上で傾いても元に戻るという。

 

 

Owec-1

 

 

 

 久し振りに風も弱まりちょっとだけ青空が広がっていたので散歩ついでにレトロ海岸に寄ってみると、跳橋の少し先の岸壁辺に見慣れない構築物らしきものが佇んでいた。
 群青色に塗られた、この海峡で時々見かける浚渫船の様にも思えたが、四個に分割された船体風のものが聳えていて、作業船の類なのは了解できたものの、珍しい形につい確かめに向かった。
 果たして、巨大な作業船の類で、余りにシンプルな造りは殆ど巨大な艀(はしけ)にしか見えなかった。進入禁止の金網塀( 10年前にはなかった何の必要性もない専らプロパガンダのための税金のドブ捨て、つまり自民党的排外主義的画策=トランプ式の先取りって奴だろう。それを証すように突如の民間施設建設予定の看板。 )が張り巡らされた直ぐ向こうに聳えたその船体に、恭しく“ 環境省 ”の御朱印が冠せられ、その斜め上に《 FLOAT RAISERはたあげ 》とあった。

 

 ネット見ると、環境省所有の船舶じゃなく、船体にも大きく表示されていた“ OWFC ”、つまり戸田建設と吉田組の両社が出資した合同会社“ オフショア・ウィンド・ファーム・コンストラクション ”が環境省の支援を受けて建造した、浮体式洋上風力発電所建設のためのいわゆる浜出船( 半潜水型スパッド台船 )らしい。
 艀と同様、タグ・ボートなんかに曳航して貰って航行するタイプ。
 スパッドとは、作業するために船体が動かないように、海底へ突き立てる支柱のようなもので、この《 はたあげ 》にも紅白に塗られた角柱( 40メートル )が計四脚備わっている。

 

 全長110メートル、幅43メートル、1万2300トン。

 

 ネット見て驚いたのは、この《 はたあげ 》、陸で作った浮体式洋上風力発電施設=ハイブリッド・スパー型浮体を、洋上の目的地まで運び、進水・浮上作業までするためのもので、その進水作業の際7メートルも海面下に潜水するという。
 以前は大型起重機船を使って作業していたのが、この半潜水型スパッド台船だと必要なく、作業効率が良くなるようだ。
 そもそもまだ出来て幾らも時間の過ってない洋上風力発電装置=ハイブリッド・スパー型浮体って、いわゆる風車式の風力発電装置で、それを沿海域に設置して、海底ケーブルを伝って目的地の変電施設→民家に送電するのだけど、既に長崎・五島列島の福江島沖5キロの洋上に実験的に設置していて、ゆくゆくは福江島全域をカバーできるように10基設置する予定とある。実稼働は来春という。
 
 この洋上風力発電施設、2000キロワット級の風車で、全長が172m( 海面上に浮いて見える部分の高さは96m ) 、上部が鋼製で海面下の下部がコンクリート製。三本のチェーンで海底に係留され、起き上り小法師式に洋上で傾いても元に戻るという。

 

 

 

 

 

 

 

|

2020年1月 7日 (火)

長崎異人少年不幸物語、あるいは明治・長崎怨恨譚 大泉黒石「代官屋敷」

16

 ( 春徳寺の背後の墓地。背後にはそもそも長崎のオリジンたる豪族・長崎小太郎の城の古址が佇んでいるという。 )

 

 この短編《 代官屋敷 》は、大正9年2月の《 中央公論 》の【 創作欄 】に掲載されたらしい。
 所謂芥川龍之介や佐藤春夫たちが黒石や村松梢風等大衆小説=【 説苑欄 】作家たちと自分たちの純文学=【 創作欄 】を同一に扱ったことでプライドを著しく傷つけられたと編集部に猛烈な抗議をした事件の因となった作品だったのだろうか。
 抒情的な黒石的少年期的憧憬ともいうべき作品で、僕は好きな作品だけど、純粋芸術と自負しているらしい芥川等からみれば許しがたいのか。あるいはもっとリアルに感情的な越境的越権としての不快感から発したものかも知れない。
 ( 翌年再び《 中央公論 》の【 創作欄 】に、由良君美に駄作と断じられた《 妾の番人 》、《 煙れる心臓 》が相次いで掲載されたようで、ひょっとしてこっちの方で芥川たちが激怒したのかも知れない。因みに由良はこの《 代官屋敷 》は傑作と評価している。恐らく生活優先でせっかくの編集者・樗陰の好意にもかかわらず書き飛ばしたに違いない。)
 純文学的エリートたちにとって、なかずく黒石の如く、長身で声も大きくついこの間まで喰わんがため牛の鮮血に塗れながらの屠殺業に従事していたそれもロシア人的異貌の持ち主であって、その上当時の文壇関係にはまだ僅少だったらしいロシア語に堪能ならば尚のこと、更に単なるベスト・セラーじゃなく一大ベスト・セラーの新進的寵児作家だった故に違和感とその嫉妬と侮蔑の反感はかなりのものであったのだろう。黒石的には、彼が長崎で生ま出てからというもの日常的について回った“あいの子”という差別的一切合切の延長線上に新たな災厄が一つ上増したに過ぎないのかも知れない。しかし、それじゃ余りに救いがなさ過ぎるが、つくづく黒石この国の閉鎖性・卑屈な権威拝跪に辟易したことだろう。

 

 

5_20200107102301

 ( 長崎駅前の路面電車駅。日曜祭日は観光客でびっしり混む。 )

 

 

2_20200107102601

 ( 混む時間を外すとけっこう空いている。)

 

 

3_20200107102701

 ( 料金は現在130円。ついこの間120円になったと思ってたら・・・けど何処まで乗っても一律料金。)

 

 

6_20200107102401

 ( かつての全国の路面電車車両が走っているらしい。)

 

 

 黒石の遠縁にあたる三輪子 ( 実際には、先で京都で結婚・駆け落ちをする幼馴染の美代子 ) の父親が蒸発し母親は東京に出稼ぎ行ってしまい黒石と盲目の祖母二人の家に預けられるところから物語は始まる。
 少年黒石九歳、三輪子七歳。
 長崎の何処を少年黒石たちの住処に舞台設定しているのか韜晦的傾向の強い黒石であってみれば曖昧模糊として不確かで、せいぜい少年黒石が毎朝渡って通学していたという石橋=阿弥陀橋が空間的ネックになるくらい。
 後で触れるが、タイトルの代官屋敷ではいよいよ曖昧朦朧としてくる。
 
 何代にも渡って権勢を欲しいままにしてきた長崎代官 ( 長崎奉行とは別組織 ) も明治維新以降すっかり凋落し、糊口をつなぐために就いた神官職、嫁も息子も青白い痩身にうらぶれていた。
 そんな荒廃した屋敷と隣合わせの黒石一家の間の石垣の真ん中に大きな一本の老楠が屋根の上まで枝を伸ばし、その葉叢の隙間から遠く長崎湾が覗けていた。
 ある日少年黒石が老楠の上に登って隣の草深い代官屋敷をしげしげと眺めていると、ふと古ぼけた井戸の囲いの上に白い紙包みが乗っかっているのが見えた。
 老楠の下で楠の実を拾っていた三輪子を呼んだ。
 

 

 「 三輪さん、ちょっとここへ登ってみないか。奇妙な物があるばい」

 

 

 二人は老楠の枝から一メートル位の石垣を乗り越えて、代官屋敷の庭に降り立った。雑草茂り蕗が一面伸び、広々とした庭の片隅の廃屋と見間違いかねない神官の小さな棲家がポツンと覗けていた。古井戸まで幾らもなかった。井桁の上に小さな捻じり紙が
乗っていた。
 

 

 「 紙の中を開けて見ようか」

 

 

 ためらう少年黒石を、後ろから三輪子が急かした。

 

 

 「 水神様、水神様。この包みの中を見せてくださいと言うて、---早く開けないと、人に見つかるがの」

 

 

 恐る恐る開けて見ると、果たして玩具の小猫のような菓子「 沖の石」と砂糖菓子の「 水仙花 」だった。

 

 

少年黒石は驚いてしまった。
あんな落魄の極みのような神官の、それも古井戸なんかに、そんな高価な菓子を供えていたからだ。
と、突然、罵声が響きわたり、神官の腕が伸びてきて少年黒石の腕を掴んだ。面食らって三輪子は逃げ去った。そのまま少年黒石は、ぐるりと門から自分の家の玄関まで引きづられていった。 
 

 

  「 異人の子 ! 貴様は町内で一番悪い子だ 」

 

 

 と罵られ、出てきた祖母の前に突き出された。

 

 

 「 おい、婆さん。俺が今朝上げたばかりの井戸のお供物を、お前の子が盗ったぞい。お前は盲目だから、自分の子が他所で、どげんな悪戯をしているか解るまいがの、此奴、とても一通りの下童じゃなか。」


 散々悪態をついて去って行った神官の後ろ姿を見送るように、祖母は拳を固めて打つまねをしながら棄き捨てた。

 

 

 「 恐ろしい人間もあるもんじゃな 」

 

  そして少年黒石に、お供え物の菓子を食べたのかどうか確認をとって、中身を見ただけの言質を得ると、紙屋町の福齋屋に同じものを買ってくるようにと十銭銀貨を渡し、憎々しげに続けた。

 

 「 着物の着せ方が可笑しいと言うて笑うし、汚れていると言うては笑うし、馬鹿馬鹿しか。誰が井戸のお供えを拾って食べるかのし。うるさい憎まれ口を利いて回るから、先祖代々の代官屋敷も潰れるぞい、ひがみ屋奴 !」

 

 
 十町ばかりの紙屋町・福齋屋( カステラで有名な福砂屋=船大工町だろう )へ行く途中には、いつも彼が通るとかならず走り寄って来て背後から石を投げつけてくる中学生やカツアゲする小僧がトグロを巻いていて、少年黒石は一目散に駈け抜けていった。
 祖母は買ってきたその菓子を隣家に持って行き、むっつりとして戻って来た。
 その夜、祖母の針仕事を手伝っていると、今まで姿の見えなかった三輪子がのっそり現れ、耳ざとい祖母に呼ばれた。

 

 

 「 お前は女子の癖に色々な悪戯をするのし。楠の木に登れと言うたのも、学校に時計を持って行けと言うたのも、お前じゃろがのし。お前が、何でも先に立って、して見せるけ」

 

 

 そして少年黒石の頬を思いっきりつねったように、三輪子が膝の上にきちんと揃えて乗せている両の手の片方を憎らしそうにつねった。逃げるように部屋を出てゆく三輪子を可哀そうに思った少年黒石に、祖母は尚も零した。

 

 

  「 今日は、お前が意地汚い真似をしたんで、顔から火の出るような目に逢って来たぞい。高木の奴、妾(わたし)に向かって、お前は娘を売ったんじゃろと言うた。畜生、あんな人間はなかろ。これから代官屋敷へ一歩でも踏み込んで見ろ。お前は家に入れないから。よう覚えて置くんぞ 」

 

 

 「 祖母の言った事が一々胸にこたえた。口惜しそうな祖母の顔を見ていると、いつの間にか、分別を忘れて直ぐさま復讐をしようと思った。」

 

 

 台所の縁の下から取り出した空のインキ壺に灯油を入れ、石垣を乗り越えて、闇の中を手探りしながら古井戸まで忍び寄り、井戸の中へインク壺を放り込んだ。家に逃げ帰ると、灯油の混じった井戸の水を飲んだ高木の苦しむ様が脳裏を巡り出した。いたたまれなくなった途端、はたと思い出した・・・あのインキ壺には確か栓をし、興奮してそのまま投げ込んでしまったのでは。失敗の慚愧の念よりむしろ安堵の念の方が勝って漸く緊張と不安の重圧から解き放たれたと思ったら、今度は一層いまいましさが募って来た。
 戸棚から包丁を一本取り出し、再びスタスタと石垣を越えて代官屋敷に忍び入った・・・庭にすくすく伸びていた一面の蕗の茎を、一本残らず、憑かれたように斬り落としていった。

 

10

 ( 黒石のルーツたる宮地嶽八幡神社。石鳥居の右側に、明治の頃、黒石の家が在ったという。現在も左側に民家が奥まで連なっている。)

 

 

8

 ( 八幡神社からすぐの西側。中島川の欄干が覗けている。川を越えて真っすぐ左側に数百メートル行くと件の長崎代官屋敷跡たる桜小学校がある。)

 

 

 そもそもこの《 代官屋敷 》、名前は実在の高木姓を使っていて、江戸中期頃から代々続いた長崎代官・高木作右衛門の子孫ってことだろうけど、明治維新で廃官となり、以前ネットで瞥見した時は政治家に転身したように記されていたと記憶している。黒石の頃だと明治も後期に入った頃だとするとそのも一つ後の代。
 おまけに、彼の出世作《 俺の自叙伝 》では、

 

 

 「幼稚園で俺の組に・・・高木という長崎代官の子と俺が・・・代官の子なんてものは弱いものだ。だから親爺が代官をやめさせられて、目薬を売ったり神主なんぞになるんだと思った。」

 

 

 と、同じクラスの腕白組としてその息子が登場している。
 もし、《 代官屋敷 》の、老楠の枝の上に坐って笛を吹いている高木の青白い痩身の息子が実在する者ならば、春徳寺下の幼稚園で黒石と同じクラスだった高木の息子かあるいは彼の兄弟ってことになる。《 代官屋敷 》の描き方だと、どうもそんなつい数年前までおなじ腕白同士だった親近的ニュアンスは感じられず、精々その兄ってところだろうか。
 勿論あくまで創作もの故、現実的断片を纏っていても所詮仮構的フィクションなのだから、余りその実在的整合性を問うても筋違いってものに違いない。けど、やはりその作品の底にあるものを視ようとするならば、確認ぐらいはしておいても罰はあたるまい。

 

 

 実在の長崎代官・高木家は代々作右衛門を名乗る十三代 (途中二、三の例外はあるようだ) 続いた代官の家柄だけど、明治維新後のことはネット捜しても殆ど情報がなく、凋落し荒廃した高木家とその屋敷の真偽の程は定かではない。
 只、現在この広大な地 (勝山町) は小学校になっていて、比較的最近、統廃合の結果としての新校舎建設の工事中に、かつての代官屋敷の頃やもっと前の秀吉時代のサント・ドミンゴ教会の遺構が発見された。
 このサント・ドミンゴ教会の土地を提供したのが、秀吉時代に端を発する長崎代官の初代・村山等安で、その代官・村山を秀吉に告発し死罪に追いやってその後釜に坐ったのが二代目代官・末次平蔵、その息子の二代目平蔵 (末次家は四代平蔵を名乗る) がトードス・オス・サントス教会跡に春徳寺を現・立山から移築という。

 

 

 この勝山町の桜町小学校、というより旧勝山小学校の前身・向明学校が明治六年、長崎県下で最初の小学校ということで“ 第一小学 ”の名を冠され建てられた。同じ敷地だったら、明治六年には代官屋敷は廃され、向明学校が建てられたということになる。尤も、長崎代官所は多くの人びとが出入りするかなり広大な敷地だったようで、この工事というより実際はその前の考古学的な事前調査の際、高木代官時代の井戸も発見され何と15基も備わっていたのが分かった。( 因みに、桜町小学校として新しく立て直される以前の勝山小学校って、校舎の直線廊下が百メートルもあったという。)
 この物語の中での黒石の描いた代官屋敷って、どうにもそんな広大な敷地って風ではない。それこそ普通の武家屋敷程度の雰囲気しか醸し出していない。帳尻合わせをするなら、大方は長崎で最初の小学校敷地に取られ、残った高木家家族だけが住んでいた敷地のみ残されたのかも知れない。

 

7_20200107102501

 ( 黒石が通っていたという桜馬場小学校=現桜馬場中学正門前の前の昭和風味の店舗のショー・ウインドウ)

 


 勿論実際に元とはいえ代官屋敷のような公的で広大な施設に隣り合わせて普通の民家が垣根越しに並んでいるってのは如何にも考えずらい。地図見ると、かつては一区画丸ごと占めていたのが容易に察せられる。日本で唯一の外国交易の特殊な長崎の特殊性を考えあわせれば尚更。
 只、明治維新以降事情は一変してしまい、小学校に大半の敷地を取られ、現在も学校北側に民家が隣接して並んでいるのから鑑みると、あながち丸ごと否定はできない。当然に、原爆後、既存の様々な様式が崩れてからのことかも知ないけれど、長崎でも珍しいくらいに平地部分らしく、垣根の上にまたがった老楠の枝伝いに垣根の上に降り隣家の庭に至るって構図は妥当なのだろうが、幾ら瓦葺き民家が大半 ( 長崎が他の街と違って昔から洋館等の比較的高い建物が海沿いに林立していた事を度外視しても ) だったろう明治中・後期といえども、垣根のちょっと上位で長崎湾の水面が望めたろうか。それなりに昇ってゆかないとあり得ない眺望ではなかろうか。
 僕的には、どうも物語の雰囲気としっくりしない。
 やっぱし長崎の大半がそうなように丘陵地・斜面に面した場所、僕的には春徳寺界隈。
 春徳寺の門前にも老楠が大きく枝を張っていて、そのすぐ下は石垣の崖。真下から民家が坂状に連なっていて、確かにそこからなら、葉叢の間から、遠く長崎湾の青い水面が覗けている。( 尤も、ちょっと石垣が屹立し過ぎてそこを伝って移動って訳には大人でも不可能。黒石の提示した空間設定とは大きく齟齬をきたしてしまうけど。)
 何よりも、この辺りは、美代子 (=三輪子) の実家のある場所でもあり、少年黒石が八幡神社の家から中島川=阿弥陀橋を渡って足繁く通った美代子と彼女を中心にした地元の遊び仲間の少年たち、例えば春徳寺住職の息子なんかとの少年期的記憶・憧憬の濃い場所に違いない・・・あくまで黒石の書いたものを基準にして考えた場合。
 こう考えてみると、やっぱし、黒石の脳裏に浮かんだ空間的記憶をあれこれ繋ぎ合わせて造形した空間世界ってとこだろうか。あるいは、他所の屋敷に移った後の数十年の頽落であったろうか。

 

13

 ( 春徳寺門前。かつてトードス・オス・サントス教会廃棄の後、二代目長崎代官・末次平蔵によって立山町にあったのを移転。)

 

 

12

 ( 春徳寺門前の石垣上の石塀と老楠。楠に昇らなくても長崎湾が望める。長崎には老楠が多い。向こうに覗けている白い建物が桜馬場中学=かつての桜馬場小学校 )

 

 

 それにしても何ゆえに黒石、幼なじみですらあったはずの高木少年の代官の末裔=神官である父親を、憎々し気な悪役に仕立てて、長崎異人少年不幸物語を作ったのだろう。
 一つの修辞として、演出として、少年黒石の不幸を際立たせるために、敢えて作り出したキャラクターなのか。
 それとも、実体験的な事件に根差したものなんだろうか。
 代官屋敷のある勝山町は、八幡神社境内の生地から西に五百メートルくらいの場所で、北東の同じくらいの距離に春徳寺があるけど、そもそも勝山町に黒石が住んでいたって寡聞にして聞いたことない。
 神官といえば、生地の八幡神社にも神主が居はしたものの、彼はけっこう黒石一家と付き合いがあったようで、《 俺の自叙伝 》で、幼時、黒石と遠縁の三輪子が許嫁の関係にあったのを、祖母の姉達が邪推したのを三輪子の母親が怒って破談にし、単身大阪( 自叙伝では東京 )に発ってしまったという秘話を京都・南禅寺で黒石に告白するエピソードでこう触れている。

 

 

 「 お前の祖母様の姉様と、八幡様の松西が、露西亜のお父様の財産が欲しいから、お三輪をあんたにやるんだと言ったから、妾は、そんな浅ましい女じゃない、この話は、こちらから打ち壊すと言って、間もなく大阪へ去って、以来杳然として消息をしなかったんだそうだ。」

 

 

 八幡様=八幡神社神主だろう松西。
 そんなプライベートな事柄にすら、黒石の家族・縁者と干渉できるような関係性からして、少年黒石・祖母に疎まれる筋合いもあり得ようもない。
 もし実際に代官(末裔)=高木と齟齬・軋轢が生じたのであったとすると、彼の子が黒石と同じ幼稚園の悪戯仲間ってところにそれを解く鍵があるのかも知れない。只、残念ながらてんで情報がなく、それ以上追及のしようがない。
 一体、長崎代官 ( の末裔 ) と黒石、如何なる軋轢的事態に陥ったのだろうか。
 

 

 長崎代官といえども維新以降は士族として一括され、明治も後期になると不平士族たちも淘汰・馴致され平民として様々な職業に就いていったようだ。百姓たちが嫌がった酪農業に進んだ士族も多かったようだし、神官職に就いた士族も少なくなかったようで彼等が国家神道を担う中核ともなったらしい。
 “サムライ商法”なんて言葉もさすがに姿を消していたろうが、凋落し没落していった士族の怨嗟・怨念はまだまだ列島のあちこちに残火の如く燻り続けていたろう。“四民平等”を謳い文句にした明治維新国家と国際都市・長崎を背景にした、そんな鬱々とした没落士族の表象としての代官・高木の、もう一つの対極としての“あいの子”=少年黒石との怨恨的相克という単純な図式が、しかし、黒石が意図したものであれ、そうでなかったものであれ、中々に面白く、悲壮が少年(世界)的フィルターを経ることによって悲哀物語となっている。

 

11

 ( 春徳寺~シーボルト記念館など名所案内と地図。)

 因みに、福齋屋とは、現・福砂屋( 当時も同じ屋号 )と思われる。
 「 沖の石 」と砂糖菓子の「 水仙花 」が、当時の福砂屋の店頭に並んでいたかどうかは定かでないけれど、「 沖の石 」って現在でも列島中の和菓子屋に色んなバリエーションがあるようだ。基本、海面にヒョコッと頭を現した岩をイメージしたものらしく、宮崎が発祥らしい「破れ饅頭」のように粒餡を薄皮で包んだ饅頭。所々粒餡が薄皮を破るように出っ張らせたりして、ごつごつした岩肌を表現しているみたい。岩より石の方が語感が好いから石ってことか。当時はともかく、現在はいづれも廉価。
砂糖菓子の「 水仙花 」の方は、そもそも実在する菓子名かどうかが先ず定かじゃないのもあって不詳。けど、長崎の砂糖菓子といえば、仏前供物で一般的な「口砂香」か祝物の「金花糖」、茶道の定番菓子「 有平糖 」ってところで、はて、代官屋敷の井戸端に供えられていたのは、あるいは黒石が想定したのはいづれであったろうか。

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »