« 旅先のミュージック・テープ Ⅰ | トップページ | 旅先のミュージック・テープ Ⅱ »

2020年3月30日 (月)

 コロナ禍+インフルエンザ

Corona1 

 

 

 
 もともとその初発からいかがわしかった今度のコロナ・ウイルス禍(COVID-19)、世界蔓延のパンデミックにまで発展している。
 昨春、トランプ政権が突如、中国の華為技術(ファーウェイ)を排除する方途に出、アングロ同盟諸国が一斉に同調して見せた見え透いたパフォーマンスに、躍進する中国勢にまともに太刀打ちできなくなってしまった欧米先進国( かつての白人優越意識の象徴のようなこの歴史的概念もさすがに通用しなくなってきている )のなりふりかまわぬ小児病的退行に鼻白んでしまったものだが、アングロ同盟の精華のように言われるエシュロンですら単なる陽動作戦的な見せかけだけの疑似餌に過ぎない本格‘1984’的システムの展開の前には、ファーウェイ電子部品の中に何か仕込んだなんて因縁つけは、百歩譲ってそんな事実があったとしても、噴飯もの。

 

 

 その直後の夏、カナダの国立微生物学研究所(NML)に籍を置いていた高名中国人(学者)研究員たちが逮捕されたとか首になったとかいうニュースが如何にもいわくあり気に流された。そのトランプたちアングロ同盟の中国勢力追い落としキャンペーンの一環かと今度は何を謀んでるのだろうと怪しんでいたら、くだんの中国・武漢でのいわゆるコロナ・ウイルス禍の発生であった。
 カナダの国立微生物学研究所の中で実際は何があったのか不詳のまま、お決まりキャンベーン的プロパガンダの世界的喧伝が際限なく続くばかり。高名中国人(学者)研究員はまだNMLに籍を置いているとか、中国・武漢の中国科学院武漢病毒研究所に違法に持ち出されたと騒がれたウイルスは、NML認可の下での事柄とか、生物兵器という説も普通に軍事的な生物兵器としてはそもそも体をなしていない使い物にもならぬ代物という話も後日出て来始めた。
 この手のプロパガンダに参与していた中には、在米の中国(あるいは中国共産党権力)に敵対する亡命中国人勢力の姿もあったりしていて、何とも胡散臭い限り。当然彼らは革命派でも開放派でもない何か腹に一物持った、米( あるいはアングロ同盟 )権力の傀儡と化した存在なのだろうから。

 

Corona1_20200330160601

 

 
 コロナ騒ぎで、不可解でしょうがないのが、いわゆる普通のインフルエンザの方の被害状況との比較で、日本国内のインフルエンザ例年死者3000人以上。(超過死亡概念だと、一万人らしい)  因みに、今年の死者数はネット捜しても、米国の数字は大抵のサイト・ブログで表示されているにもかかわらず自国の死者数だけは何故か昨年どまりで、杳として明示されず不詳。
 今現在の日本のコロナ・ウイルスの感染者は1600人以上で、これは昨年一月のインフルエンザ死者数とほぼ同数。インフルエンザは冬期に流行るので一月がピークだったのだが、これに比してコロナ・ウイルス死者は発生からの数ヶ月で52人。

 

 これからどのくらい増えてゆくのか定かでないものの、不可解なのが、インフルエンザ大国たる米国からの入国。
 米国の場合は、そもそも国民皆保険すら選挙民たち(主に、共和党支持者たちってことになるのだろうか)の憎悪の対象らしく、国民皆が平等に幸せになるってこと自体が心底堪えられない心性( アメリカン・ドリームとは正にその上に乗っかった所詮米国資本主義的イデオロギーであり、そのプロパガンダに過ぎない )の持主の多い国柄を反映して、医療制度も心底いびつな代物らしく、マイケル・ムーアの《 シッコ 》でその一端が描かれたりしていた。
 つまり、日本的常識じゃ測れない異常な医療制度ってこと。
 あげく、自国のコロナ禍に対する損害賠償を中国に求めようと国際機関に訴えるというなりふり構わぬ戦争仕掛けなきゃ成り立たなくなっている米国資本主義の凋落の一途さ加減も底なしのようだ。

 

 要は、到底まっとうな国情じゃないってことだろう。

 

 米国の昨秋~今年2月のインフルエンザ感染者2600万以上で、死亡者は1万4000~3万人。
 2年前なんか5万~6万人以上の死者が出ていたようだ。
 にもかかわらず、日本自民党政府が米国人あるいは米国からの入国を制限したという話きいたことがない。
 昨日になってからか、やっと米国からの入国の全面禁止を自民党権力が宣言したようだけど、それはあくまで米国の中国をも超えたコロナ禍的蔓延に対してであって、今季既に一万数千人以上の死者を出しているインフルエンザ禍に対してじゃないようだ。 
 他の国にはとっくに制限・禁止政策を採っていながら。
 おまけに、在日米軍に対してどうしているのだろう。
 連中こそ、世界中を行き来している、自民党およびトランプ権力の伝によると、正に媒介者だろう。もう、駄々漏り。
 幾ら米国が自民党権力=ニッポンの宗主国だからって、あまりにサーバント根性剥き出し過ぎじゃなかろうか。 

 

それにしても、令和って年号、最初から禍々しさが透けて見えていたものだったが、こうも早々とは、思いの外底なしのようで、一体如何なる謀みを含ませたのだろうか等と、にわか陰陽師宜しくつい勘繰ってしまいたくなる今日この頃。

 

|

« 旅先のミュージック・テープ Ⅰ | トップページ | 旅先のミュージック・テープ Ⅱ »