« アメージング・タイランド  旅先のポストカード 2 | トップページ | 旅先のポストカード ( パキスタン ) Ⅱ »

2020年6月27日 (土)

旅先のポストカード ( パキスタン )

Pakistan-a1

 

 いつ頃買ったのか定かじゃないけど、パキスタンで購入したものばかり。
 写真の感じからしても、タイのポストカードなんかと較べようもない二昔前の雰囲気で、それがまたキッチュなレトロ感を醸し出している。
 冒頭の十代前半とおぼしき娘が紅い結婚衣装らしきものをまとっているのは、先だって紹介したパキスタン映画《 DUKHTAR 》( 娘よ!)の一場面を彷彿とさせる。
 少女だからこそ観光用の絵ハガキにその容貌をくっきりと載せられたのかも知れない。ある程度歳がいくと、もう許されないのかも知れない。尤も、北方の山岳地帯のフンザの絵ハガキには成人二人の女性が微笑んでいる写真があって、確かに、働くフンザの女性は下界のパキスタンよりも大らかで、顔を隠したりはせず、むしろ外人旅行者にも好意的だった。《 フンザ・イン 》のオーナー=ハイダル・べグ氏によると、パキスタン権力の徴税史と警察がフンザの村にやってきたのもそんなに昔の事じゃないようだし、そんなに町の連中ほどには原理主義的じやないってことも関係あるんだろう。因みに、フンザはスンニ派より圧倒的にシーア派が多いらしい。
 

Pakistan-a2

 

 二枚目のは、当時パキスタンのあっちこっちで見かけたポピュラーな絵ハガキ。
 前列の娘たちは顔を出しているけど、後列の成人女性はみんな頭からスッポリ被るブルカをまとっている。ところが、裏側に、印刷所なのか発行場所はカラチとなってるものの、上部に“ エアポート通り ギルギット パキスタン ”とも記されていて、ギルギット・バルティスタン州の州都ギルギットの女性たちってことなんだろうか。
 知らなかったけど、 2013年にギルギットで外人旅行者9人がタリバンに襲われ殺害された事件があったらしい。
 そういえば、当方がギルギットに2回目の滞在をした'90年代の前半だったか、ある日本人旅行者が、郊外に赴いた際、遠くからライフルで狙われたと言ったことがあった。丁度選挙かなんかの時期で、狙うというより威嚇射撃のようだったらしいけど、さすがにもうその時期は過ぎていたのか、その後当方も同じルートを辿ることになり、内心ビクつきながらも、致し方なく郊外の他に人影もない広々とした田園地帯の長い路をリュック担いでとぼとぼ歩いていったけど、遠くの家屋や物陰から銃声のすることはなかった。
 パキスタンの場合、最大都市・カラチやトライバル・テリトリーでの外人拉致は有名であったけど、まさかのんびりした高原・山岳地帯のギルギットでそんな事件があるとは・・・そういえば、フンザ・カリマバードで、ギルギットから下界はもう堕落しているという言葉を聞いたことがあったけれど。
 因みに、カリマバードの《 フンザ・イン 》、現在の《 ハイダー・イン 》Haider Innは、ネット見ると小奇麗なコンクリート三階建てになってて、ドミトリーが600ルピー(420円)という。当方が滞在した頃は20!ルピーだったのが。
 通りのカフェやレストランも今風。背後のウルタル氷河をバックにピザ屋の看板も煌々と耀いている。そんな時節に、ゼロ・ポイント下で長年苦闘してきたかのハイダル・ベグ爺も他界( 2018年 )したらしい。一つの時代の終焉ってことなのだろう。

 

Pakistan-a3

 

 上の二枚はカラチでの印刷らしいけど、次のムジャヒディンの二枚は記されてなく不明。
 只、タイトルだけが英語とアラビックで表記されているだけ。
 青いショールの十代中頃の“ 若いムジャヒディン ”と年配の“ ベテラン・ムジャヒディン ”。
 これは恐らくパキスタンというより、アフガニスタンの絵ハガキなのだろうか。
 そういえば、かつてペシャワールの《 カイバル・ホテル 》の老スタッフの息子が、インド=パキスタン、イスラム=ヒンディーの間で長年揉めてきたカシミールの解放のために戦うんだと言ってたのを思い出した。ギルギットとカシミールは南北に隣合わせの地理関係。

 

Pakistan-a4

|

« アメージング・タイランド  旅先のポストカード 2 | トップページ | 旅先のポストカード ( パキスタン ) Ⅱ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事